弾む会話を目指すあなたにコミュニケーションのネタ帳

コミュステ

ハムスターの砂場を手作り!便利アイテムやコツ、散らかし対策

      2019/03/25

ハムスターの砂場を手作りするならどんな物が使えるのでしょうか?ハムスターは砂遊びが大好きです。そんなハムスターのために砂場を用意してあげたいけど、専用のものを購入するとなると費用もかかるので、できればお得にそして使い勝手の良いものにしたいです。

そこで、ハムスターの砂場の手作りについて、身近なものや自宅にあるものを使って手作りすることや手作りの砂場部屋を作るコツ、砂の散らかしを防ぐための対策や砂浴びの必要性や頻度などお伝えしていきましょう。

これを参考にすれば、あなたのハムスターにピッタリな砂場を自分で作ることができるでしょう。砂場として代用できるアイテムはたくさんありますので、工夫をしてぜひ砂遊びさせてください。

スポンサーリンク

  この記事の関連記事

スポンサーリンク

ハムスターの砂場は身近なものを使って手作りできる

ハムスターの砂遊びは、絶対に必要なものとは言えませんが、毛についた汚れや脂分をきれいにするためには良い遊びの一つです。
かわいがっているハムスターに、砂遊びを楽しませてあげたいという方は、専用の砂遊び容器を購入するのも良いですが、100均などの身近な物を使って安く便利に手作りすることもできます。

砂場容器を購入する分の費用があったら、100均の容器で代用して、余った分を食料や他のグッズの購入費に回してあげることができます。

まずは、おすすめの100均グッズをいくつか紹介していきます。

砂場に使いやすい容器

「タッパー」は深めのものを用意すれば、砂の飛び散りも最小限に抑えることができ、掃除の手間が省けます。

「ガラス容器」は、見た目もおしゃれなので、置いておくだけでもかわいいですし、水洗いも簡単なので清潔を保てます。大きめのものを選びましょう。

夏の時期には、「虫かご」も100円で購入できます。ハムスター用なので小さいもので十分間に合いますが、プラスチックの蓋をかじってしまうこともあるので、砂遊びをさせている間はしっかり見守ってあげてください。

自宅にあるものでハムスターの砂場を手作りするのは簡単

ハムスターの砂場は、わざわざ専用の容器を購入しなくても、自宅にあるものを使って代用することができますよ。
自宅にあるものを使えば費用がかからないので、簡単に砂場を用意してあげることができます。

砂場に代用する容器は、「空き瓶」や「空き容器」

空き瓶は、ハムスターが十分に遊べるようにハムスターの体の4~5倍位の大きさのものが良いでしょう。
出入り口が狭すぎるものは、ハムスターが窮屈になるだけでなく、飼い主がハムスターを出し入れするのが大変なので使いやすいものを使ってください。
空き容器は、お得用の味のりやお菓子が入っていた容器も、砂場に代用できます。
大きさもちょうど良いですし、深さもあるので、砂が飛び散りにくいです。
ラベルなどは剥がして、マスキングテープやシールなどでかわいくリメイクしても良いですね。

この他にも、家庭にある空き箱や入れ物を使えば、プライスレスな砂場を作ることができます。
普段は捨ててしまう瓶や容器を、ぜひ活用してみてください。

ハムスターのための手作りの砂場部屋を作るコツ

手作りの砂場を作る時の注意点とコツについて紹介します。

用意した容器に穴を開ける時には、穴を開ける位置に注意しましょう。
穴は、ハムスターがスムーズに出入りできる高さに開けます。出入りでお腹が擦れてしまわないように、低い位置までくり抜いてください。
くり抜く際には、カッターやハサミなどを使用しますが、切り口でハムスターが怪我をしてしまわないように、必ずヤスリをかけましょう。

容器に入れる砂は、砂遊び用のものを用意

トイレ用の固まる砂とは間違えないように、注意してください。

砂は、定期的にとりかえます

毎日砂遊びをさせる場合は、週に1回くらいを目安にすると良いでしょう。
砂の中に食べ物などが入り込むと、劣化が早くなりますので、ケージとは分けて砂場を設置することをおすすめします。
晴れた日には、天日干しで殺菌をするのも良いですね。

砂場部屋は、ハムスター目線で作りましょう。
清潔な砂の中で、楽しく遊んで欲しいですね。

ハムスターの砂の散らかしを防ぐための対策

ハムスターに砂遊びを楽しませたいと思っても、飛び散る砂の掃除が大変で、あまりさせてあげられないという飼い主さんも多いのではないでしょうか。

ハムスターは砂を掘る習性がある

砂遊びで砂が飛び散るのはある程度覚悟しなければいけませんし、仕方のないことですが、砂場の作り方を工夫することで散らかるのを防止することもできます。

容器の大きさが小さすぎると、ハムスターが十分に中で活動できず、砂が余計に散らかってしまいます。容器は、ハムスターがある程度動き回れる大きさのものを用意しましょう。

容器に入れる砂の量を調整しましょう

砂が多いと積極的に砂遊びをするハムスターもいますし、少ない量でも楽しめるハムスターもいます。飼っているハムスターの様子を観察しながら、砂が多すぎると感じたときには少し減らしましょう。

容器は、安定性のあるものを使ってください。
容器がグラグラしていると、容器が傾いた時に砂がこぼれやすくなります。

屋根付きの砂場は、砂の飛び散りを防止するのに一番良い方法

瓶や空き容器を代用する場合には上部の蓋を閉めて使うと良いでしょう。
出入り口が多い容器は、砂が散らかりやすいです。そのため、出入り口は1つにして、砂の飛び散りを最小限に押さえましょう。

砂場をダンボールなど、一回り大きい箱の中に入れて砂遊びをさせるのも良い方法です。しかしこの場合は普段住んでいるケージとの環境変化にストレスを感じてしまうハムスターもいるので、様子を観察すること。嫌そうにしていたらやめましょう。

ハムスターを手作りの砂場で砂遊びさせてあげましょう

砂遊びは、ハムスターにとって必ず必要な遊びではありません。
しかし、体温調節が苦手なハムスターをお風呂に入れたり、触られるのが苦手なハムスターにブラッシングをしたりすることは難しいため、体を清潔に保つためには砂で遊んでもらうのが一番良い方法です。
そして何よりも、ハムスターは砂遊びが大好き!
そのため、砂遊びは積極的に取り入れてあげたい遊びなのです。

毎日の散歩の時間には、砂遊びを追加してあげるとよいでしょう

砂遊びの時間はハムスターの性格によって異なります。砂遊びをやめて容器から出てくるタイミングでケージに戻してあげると良いでしょう。

毎日の砂遊びが難しいという方は、2~3日に1回程度でもかまいません。
できる時に、ハムスターに砂遊びをさせてあげましょう。

 - 未分類

ページ
上部へ