弾む会話を目指すあなたにコミュニケーションのネタ帳

コミュステ

シルバーチェーンの黒ずみを簡単に落とす方法をご紹介します

      2019/03/07

シルバーチェーンに黒ずみがついてしまうと、きれいに落とすことができるのか、それとも捨てなくてはいけないのか不安に思ってしまう人も多いでしょう。

しかし、簡単な方法で黒ずみを落とすことができるので、安心して下さい。

今回はシルバーチェーンに黒ずみがついてしまう理由と簡単に落とす方法について説明します。早速試してみて下さい。

また、黒ずみを再発させないための予防法についてもご紹介します。お手入れを欠かさないようにしましょう。

スポンサーリンク

  この記事の関連記事

スポンサーリンク

シルバーチェーンに黒ずみがついてしまう理由について

シルバーのアクセサリーは男女問わずに人気があります。シルバーアクセサリーをたくさん持っている人も多いですよね。久しぶりに指輪やネックレスをつけようと出してみると変色していることありますよね。又指輪をしたまま温泉に入ってしまった経験ありませんか?シルバーのアクセサリーをつけたまま温泉に入ってしまうと真っ黒になることもあります。

シルバーチェーンが黒ずんだり変色してしまう理由は空気中に微量に含まれる、硫化水素や亜硫酸ガスなどの微量毒素によって銀表面に硫化膜が出来てしまうからです。

硫化はサビとは異なります。サビは鉄などが水に濡れると赤茶色になります。サビは金属を侵食し劣化させます。一度サビると修復は難しいです。しかし硫化は金属表面に硫化膜が出来ているだけなので金属内部には侵食していないのです。そのため表面を磨くと元の輝きに戻ります。

シルバーアクセサリーは使用していても、使わずに放置しておいても黒ずみがついてしまうことがあります。身につけずに保管している方が早く黒く変色してしまうことが多いです。

シルバーチェーンの黒ずみを簡単に落とす方法を教えます

シルバーチェーンを身に着けていると黒ずんでしまうことがあります。黒ずみを簡単に落とす方法を紹介します。

用意する物はマグカップ、塩、アルミホイル、熱湯です。

  1. マグカップの底にアルミホイルを敷きます。そこにシルバーのアクセサリーを入れ大さじ1杯の塩を入れます。
  2. お湯を注ぎ軽くかき混ぜます。硫黄のような臭いがするのでしっかり換気を行うようにしましょう。
  3. 10分程度つけると黒ずみが綺麗に落ちます。アクセサリーの種類によっては数秒で落ちるものもあります。細かな部分は使い古しの歯ブラシで擦るとピカピカになります。

お湯を入れただけでは黒ずみが綺麗に落ちない場合は、煮る方法もあります。

  1. 鍋の底にアルミホイルを敷いて塩を入れます。
  2. 水を入れて沸騰させ、箸でアクセサリーを入れます。
  3. 黒ずみが取れたら鍋から出し拭き上げると黒ずみが綺麗に落ちます。

この方法はいぶし銀などのわざと黒ずんだ加工をしているシルバー製品の加工もピカピカにしてしまいます。その他にも表面にパーツが密着している場合は、熱湯により接着剤はなくなりパーツが取れてしまう可能性もありますので、煮て綺麗にする方法は避けるようにしましょう。

シルバーチェーンの黒ずみを落とした後には仕上げもしっかりと行いましょう

シルバーアクセサリーを久しぶりにつけようとしたら黒ずんでいることありませんか?シルバーアクセサリーに黒ずみが出来てしまうと、処分するしか方法がないと思いがちですが、ある物を使うとピカピカの状態になります。

そのある物とは歯磨き粉です。傷つきやすい石などが装飾してあるアクセサリーは傷がついてしまう可能性があるので使用しないようにしましょう。

シルバーチェーンを研磨する方法

  1. シルバーチェーンを水に濡らします。
  2. 歯磨き粉を手に取り、アクセサリーに塗布して指の腹で磨きます。
  3. 流水で歯磨き粉を流します。
  4. 黒ずみがひどい時は歯磨き粉で何度か磨きましょう。
  5. 布で綺麗に拭いて終了です。

シルバーチェーンの黒ずみは液体クリーナーで一気に落とすこともできます

シルバーチェーンはすぐに変色してしまうのでお手入れが面倒ですよね。でもシルバーアクセサリーの黒ずみはとても簡単にお手入れが出来ます。

シルバーアクセサリーの黒ずみは液体クリーナーでお手入れをします。液体の場合網目の間にも成分が行き渡るのでほんの数秒でとても綺麗に黒ずみが落ちます。

液体クリーナーを使用した場合、使用後はよく洗いましょう。そしてシルバー以外の物には使うことができません。石がついていたり、メッキの物にも使うことが出来ないので注意が必要です。

クリーナーの液が手などの皮膚についた場合は、すぐに水洗いをし液体を洗い流しましょう。ステンレスはシミになってしまいます。キッチンで使う場合は細心の注意が必要になります。

液体クリーナーを使用する場合はゴム手袋を着用することをおすすめします。

シルバーチェーンの黒ずみ再発を防ぐために

シルバーの硫化や塩化は日常のちょっとしたことでおきてしまいます。例えばシルバー製品をつけたままうっかり温泉に入ってしまったり、アクセサリーをつけている時に汗をかいてしまい、そのまま放置してしまったりすると黒ずみが発生してしまいます。

黒ずみが発生してしまうとお手入れが必要になります。お手入れすることでピカピカの状態に戻ります。黒ずみを綺麗にしたあとは保管の方法も大切になります。空気に出来るだけ触れさせないように保管することがポイントになります。そのためチャック付きの袋に入れ保管しましょう。袋に入れて空気を抜いてからチャックを締めると黒ずみの発生を防ぐことができます。

シルバーアクセサリーは使えば使うほど徐々に黒ずんでしまいます。毎日のちょっとしたひと手間で黒ずみを防ぎ、月に1度はしっかりとお手入れすると光沢を長く保つことができます。

 - 未分類

ページ
上部へ