弾む会話を目指すあなたにコミュニケーションのネタ帳

コミュステ

ダンスの人気のジャンルと難易度をご紹介【ダンス初心者向け】

      2019/03/05

ダンスにはたくさんの種類があり、これからダンスを始めたいという場合には、どのジャンルのダンスを始めてみたいかわからないと、悩む方も多いと思います。

そこで、これからダンスを始める方のための、人気のダンスのジャンルや難易度についてご紹介します。

テレビや動画で見た憧れのダンサーのように踊りたいという方も多いでしょう。たくさんある種類の中から、自分に合うジャンルを見つけて下さい。

スポンサーリンク

  この記事の関連記事

スポンサーリンク

ヒップホップは難易度がそれほど高くなく人気のダンスジャンル

習い事の中でも、近年、人気が出てきたのがダンスではないでしょうか。中学生の体育でも、必修化されています。
テレビやインターネットの動画などでも、ダンスに触れる機会が増えて来ました。

あの人みたいにかっこよく踊りたい、あんなダンスを素敵に踊ってみたいなんて思うこともあるでしょう。しかし、折角ダンスに興味を持っても、いったいそのダンスが、何という種類なのか分からないという人も少なくないはずです。

実際、ダンスの種類は様々です。王道のダンスから、最近出来た新しいジャンルのものまで色々あります。難易度も様々です。

ダンスと言えば、ヒップホップというイメージの人もいるでしょう。ヒップホップは、ストリートダンスの中でも、最も代表的で人気のあるダンスと言えます。

ヒップホップは、アメリカで発祥したストリートダンスの一種です。一言でヒップホップはどんなダンスなのかと、定義付けするのは難しいところがあります、音を自由に表現できれば、何でも良いという型にはまらないダンスと言ってもよいかも知れません。

ヒップホップは、時代とともに、常に変化し続けています。新しい動きやスタイルが、生まれ続けていると行っても良いでしょう。たくさんのジャンルの要素が詰まっているため、それだけ形も自由であると言えるでしょう。

言葉にすれば、ヒップホップの音楽に乗って踊るダンスと言えます。ですから、難易度をそれほど考える必要もありません。そのことが人気のダンスのジャンルとなっている秘訣でしょう。

やや難易度の高いダンスジャンル、ハウスダンスの特徴

ハウスというダンスのジャンルもあります。カウントでリズムを細かく刻み、足技が印象的なクールな印象のダンスがハウスです。

ハウスは、ウエアーハウスというクラブのDJプレイから生まれました。そのクラブの名前から、ハウスと呼ばれるようになったと言われています。激しいビートで、スピード感が溢れたクールな動きが特徴です。
民族的な動きもありながらも、他のダンスよりも自由度が高い為、個性的なのも人気の秘密でしょう。

ハウスダンスは、ストリートダンスの一つです。早いステップが、ハウスの一番の特徴です。音に適した、足さばきがメインのダンスとして形になり、今のハウスダンスが出来上がったそうです。細かい曲のテンポ感とともに、それを自由に表現することが大切です。
初心者は、上半身と下半身のリズムの違いのせいで、難しいと感じることが多いかもしれません。しかし、覚えて踊れるようになれば、踊っている感覚がとても楽しいと感じやすいジャンルでもあります。

激しい動きというより、技術やリズム感が先に求められます。よって女性にも人気があります。やや難易度が高いものの、初心者にもオススメしたいダンスの一つでもあります。

男子に人気のダンスジャンル、ブレイクダンスは難易度高め

ダンスと言えば、ブレイクダンスをあげる人もいるでしょう。曲の間奏であるブレイク部分のフレーズを繋げていくブレイクビーツ似合わせて踊ったことが、ブレイクダンスの始まりと言われています。

ギャングが、紛争をまとめるために、銃撃戦の代わりに、ブレイクダンスバトルを行ったのが、発展のきっかけです。平和を目指すために生まれたと言っても良いでしょう。

相手を威嚇しながらも、触らずそして戦わないというのがルールです。挨拶と握手から始まるのも基本です。

ブレイクダンスは主に、エントリー(立った状態で踊る)、フットワーク(足をかがんだ姿勢で足を動かする)、パワームーブ(頭でまわる、上半身で跳ねたり回ったりする)、フリーズ(逆立ちで動きを固めて止める)の4つの要素から成り立っています。どの動きに重点を置くかは、ダンサーによって異なります。

技だけ出来ても、ダンスとしてかっこよく見せることはなかなか難しく、それだけで難易度が高くなります。男子に人気のあるブレイクダンスですが、ダンス人口の多いジャンルであることは確かです。

ジャズダンスは幅広い年代に人気

女性に人気のあるジャズダンスは、バレエの動きをベースとした、ジャズミュージックで踊るダンスです。振り付けは、バレエをのようなターンが多く、バレエの要素が多く取り入れられている点が特徴でしょう。

ジャズダンスは20世紀始めにアメリカで誕生し、当初はジャズミュージックで踊るものをジャズダンスと言っていました。今ではジャンルも広がり、色々な曲で踊られるようになってます。ポップスからロックまで、幅広いジャンルの音楽に合わせて、自由に踊るダンスとして発展しています。

ストリートのイメージより、ショーとしてのダンスというイメージが強いのも特徴です。形にとらわれず、音楽を聞いて、どのように感じ、どのように体で表現するのか、感受性がとても重要になります。

自分の好きなスタイルで踊れるダンスは、難易度はそれほど高くなく、幅広い年代に人気があり、楽しくダンスを踊りたい、体を動かして運動したいという人にはオススメです。

キュートでセクシーなK-POPは初心者でも始めやすい

K-POPはダンスのジャンルとは違います。もともとは、韓国の大衆歌謡音楽を指すので、ダンスの意味はありません。1980年代に日本の音楽であるJ-POPの影響で、K-POPと言う言葉が生まれたと言われています。

アイドルアーティストの活躍によって、そのダンスが注目され、今では、ダンスジャンルの一つとなっています。ダンススタイルではなく、K-POPの曲で踊るダンスと言って良いでしょう。決まった形はありません。基本的には、コリアンポップスがベースとなっています。

可愛くて綺麗、そんなアイドル要素たっぷりな振り付けが多いので、女性に人気があります。

斬新で新しい振り付けが多いK-POP。親しみやすい大衆音楽で踊るということもあり、他のストリートダンスと比べると、難易度はそれほど高くはありません。覚えやすい振り付けもたくさんあります。難しい振り付けがある一方、簡単な振り付けであるものも多く存在するため、初心者でも、始めやすいと言えるでしょう。

K-POPが好きだったり、アイドルっぽいダンスが好きというのであれば、K-POPを始めるのも良いかもしれません。

ダンスには、様々なジャンルがあります。勿論、同じジャンルでもインストラクターなどによって、踊る内容も変わって来ます。興味のあるダンスが見つかったら、動画などをみて、早速真似をしてみるのもよいかもしれません。

一体自分がどのジャンルに向いているのか、分からないという人もいるでしょう。そんな時は、とにかく好きなダンスを真似して踊って見ることです。。先生についてレッスンを受けてみても良いでしょう。しかし、基本となるところはどのダンスも同じです。しっかりと踊れるようになるには、数ヶ月程度かかります。まずは、好きなジャンルを踊って見ることから始めましょう。

 - 未分類

ページ
上部へ