弾む会話を目指すあなたにコミュニケーションのネタ帳

コミュステ

iphone7のバッテリー交換の目安を確認する方法と交換方法

   

iphone7のバッテリー交換はどのくらいを目安に行えばいいか知りたい人もいるのではないでしょうか。また、どのような状態になったら交換の目安なのか、分からない人もいるでしょう。

バッテリーが劣化した時は、充電してもバッテリーのもちが短くなり、使いたい時に使えないなどのトラブルが起きることがあります。

ここでは、iphoneのバッテリーが劣化した目安や交換の目安についてお伝えします。自分のiphoneの状態を確認して、バッテリーが交換時期かどうか判断してください。

また、交換するときはどのようにしたらいいのかについてもご紹介しますので、そちらも併せて参考にしてみてください。

スポンサーリンク

  この記事の関連記事

スポンサーリンク

iphone7のバッテリーが劣化したときの目安

スマホの普及が開始されてから、ユーザーの数も着実に増えています。
iphoneを使用している人を見かけることも、当たり前の光景になってきました。

ユーザーが多いからこそ悩んでいる人も多いと思いますが、使用しているiphone7の調子がなんとなく良くないように感じることありませんか。

もしかすると、その不調はバッテリーの劣化によるものかもしれません。
バッテリーが劣化したときに、iphone7はどのようになるのかを紹介していきましょう。

  • バッテリーが持たない
    この不調は感じる人が多いと思います。
    今までは一日の終わりに充電していたのに、同じように使っていても夜までバッテリーが持たなくて困っているという状況は、バッテリーの劣化が大いに考えられます
  • 勝手に電源が落ちる
    バッテリーの持ちは悪くなっているとは言え、バッテリー残量が残っている間は本来は使用することが出来ます。
    残量があるにも関わらず勝手に電源が落ちてしまうという症状が見られる場合は、劣化が進行している可能性があります。
  • 充電の回復が急激に早い、または遅い
    充電をしているときに、バッテリーの残量を確認してみて下さい。
    残量がみるみる増えていくのは、充電が早く終わって便利に感じますが、通常の状態ではありません。

反対になかなか残量が増えていかない状況も、正常とは言えません。

バッテリーが劣化して、充電を正常に回復させることが出来ない可能性があります。

iphoneのバッテリー交換の目安・充電回数について

iphone7だけではなく、携帯電話は使用していくうちにどうしてもバッテリーが劣化してしまいます。
形あるものが壊れたり、不調になることは仕方ありません。

iphone7に関して言うと、約500回充電をするとバッテリーが劣化していくとされています。
一日に1回充電すると考えると、1年4ヶ月~5ヶ月使用すると充電を500回したことになります。

わかりやすく一日1回という計算をしましたが、もちろんユーザーのよって使い方は違います。
一日に2回充電している人もいれば、二日に1回の充電でも問題ないという人もいます。

充電する回数に違いが出るのでバッテリーが劣化していく時期も違いますが、持ちが良くても2年を過ぎてくるとやはりバッテリーの不調を感じることが多くなるようです。

頻繁に充電を行い、一日に何度も充電を抜き差しするような使い方は、その分バッテリーの寿命を縮めることになります。
何度も抜き差しする使い方をしている人だと、1年未満で不調を感じることもあるでしょう。

iphone7のバッテリー交換の目安を設定で確認するには

なんとなくの感覚ではなく、バッテリーの交換の目安を数値として確認出来る方法があります。
iphone6以降のモデルから可能なので、もちろんiphone7でも確認することが出来ます。

その方法は、iphone本体の「設定」から確認することが出来ます。

  1. 設定のアプリを開きます。
  2. バッテリーという項目を選択します。
  3. バッテリーの状態という項目に進みます。

すると「最大容量」という項目があり、そこに数値プラス%で表示されています。
この数値こそがバッテリーを交換する目安となります。

新品のiphone7の容量を100%としたとき、現在のiphone7のバッテリーの状況はどのくらいかということがすぐにわかります。

使用して充電をしていくうちにこの数値は低くなっていきますが、問題なく使用していれば500回充電をしても80%は保たれるようになっているようです。

80%を下回る数値の場合は、バッテリーの交換を検討すべきでしょう。

iphoneやバッテリーに異変を感じた時はプロに確認してもらうと安心

ただ単にバッテリーの持ちが悪い程度なら、そこまで緊急性は感じませんが、劣化によってバッテリーが熱を持っている、バッテリーが膨張しているという状況も報告されています。

最悪の場合、iphoneから発火する恐れもあるので異変を感じたときには、やはりiphoneに詳しいプロに確認してもらうべきです。

iphoneを取り扱う修理店では、いつ購入したiphone7なのか、過去にバッテリーを交換したことがあるか、どのくらい充電されたバッテリーなのかなど、素人では判断出来ないことも調べてくれます。

必要に応じてバッテリー交換を勧めてくれたり、バッテリーだけの異常ではないなどの判断もしてくれます。

異変を感じたらそのままにせず、まずは修理店に相談してみましょう。

iphone7のバッテリー交換をする方法

実際にiphone7のバッテリーを交換する必要が出た場合、どのようにして交換が出来るのでしょうか。

徐々にショップでも対応出来るようになるとは思いますが、2019年2月現在ではAppleを通しての交換ということになります。

  • Apple正規サービスプロバイダ
  • Apple Store
  • Appleオンライン修理サービス

にて対応してもらえます。

自身でAppleに電話やネットで相談をしての対応となると、配送業者が自宅にiphoneを集荷に来てくれます。
バッテリーの交換が済むと、自宅にiphone7が届けられます。

ショップや修理店からだと、そこからiphoneへ配送してくれます。
交換が済んだiphoneもショップなどに届くようになるので、取りに行く必要があります。
ショップではiphoneが届くまで、代わりのスマホを貸してくれるので、一週間程度は代替機を使用することになります。
代替機はiphoneとは限らないので、使い方が変わる可能性を理解して下さい。

 - 未分類

ページ
上部へ