弾む会話を目指すあなたにコミュニケーションのネタ帳

コミュステ

車のメンテナンスをディーラーに依頼する場合のメリットについて

      2019/03/03

車のメンテナンスをしようとする場合、ディーラーに頼んだ方が安心だと考える人も多いでしょう。

しかし、中古車でも受けてくれるのか、費用はどのくらいなのか気になる人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、中古車のメンテナンスをディーラーに依頼した場合の費用やメリットについて説明します。民間の整備工場よりも割高だと言われますが、そこにはきちんとして理由があることを理解しましょう。

また、車に長く乗るためには日頃のメンテナンスも大切です。そのチェックポイントもご紹介しますので、月に一度は自分で点検するようにしましょう。

スポンサーリンク

  この記事の関連記事

スポンサーリンク

ディーラーに車のメンテナンス依頼すると費用が高いと言われる理由について

車のメンテナンスや車検などの時期が近くなるとどこに依頼しようか悩む人も多いですよね。車の点検や修理で思い浮かべるのはディーラーです。ディーラーとは自動車メーカーの正規販売代理店のことです。

車のメンテナンスをする場合、ディーラー、民間の整備工場、カーショップなどがあります。ディーラーにメンテナンスの依頼をすると費用が高いと言われています。その理由はいくつかあります。

  • 正規販売店なので、そのメーカーのスペシャリストが揃っています。メーカーが独自に行う研修や技術情報の共有などもあり、基本工賃が高くなります。
  • 法令順守の姿勢が強く、自社で点検修理を行ったあともトラブルがおきないように、点検修理後の確認を二重三重に行っているため。
  • 品質維持や故障予防のために点検修理を行います。そのため予防交換する場合もあります。
  • 部品の交換は、基本的にはすべて新品の部品に交換する。

このような理由によってディーラーでメンテナンス依頼をすると費用が高いと言われることが多いのです。

中古車のメンテナンスもディーラーに依頼することができます

中古車を購入する人も増えてきています。中古車を購入するとどこで点検を受けることが出来るのか悩んでしまうこともあります。新古車やオークションで購入した中古車をメーカーのディーラーで点検や修理を依頼することができるのでしょうか。

中古車を購入した場合でも、メーカーは自社製品になるのでほとんどの場合ディーラーにメンテナンスを依頼することができます。しかしその中古車がとても古い型や、国内で正規に販売されていない車の場合は、ディーラーによっては断られることもあるので、前もって確認することをおすすめします。

中古車を安心して乗るためには、日々のメンテナンスと点検を行うことがポイントになります。

車のメンテナンスをディーラーに依頼した場合のメリット・デメリット

みなさんは愛車の点検をどこに依頼していますか?ディーラーに依頼している人もいれば、整備工場に依頼している人もいますよね。車のメンテナンスをディーラーに依頼した場合のメリット・デメリットについて紹介します。

メリットとして正規ディーラーにしか提供されない車のマニュアルや整備マニュアルがあります。そのため車検の定期検査項目以外の細かい部分も点検してもらうことができます。信頼性が高く質のいい整備を受けることがでます。コンピューター制御の車でも専用のテスターがあるのできちんと整備点検することができます。

土日、祝日も営業している所や代車の無料貸出も魅力の1つになります。又ディーラーでメンテナンスや車検を行うと保証がついています。保証期間中は無料で整備、点検を行ってくれます。

しかしデメリットもあります。パーツはリサイクル品は使用しないので、メーカーの純正パーツを使用します。そのため費用が高くなってしまいます。自社メーカー以外の車の知識が乏しいため整備工場のように幅広い車種に対応していません。

車のメンテナンスをディーラーに依頼した方が良い場合について

車の車検やメンテナンスをディーラーに依頼するか、整備工場に依頼するか悩んだ経験ありませんか?

メンテナンスで悩む理由として、費用の問題、車の状態、信用などがあります。車の状態が心配な時はディーラーに依頼することをおすすめします。

車の状態とは、車種や、普段の車の乗り方、走行距離、交換部品です。運転する人や使い方によって異なります。車を長く乗る場合はメンテナンスは大切です。車の状態が気になる場合はディーラーに依頼しましょう。ディーラーの場合専門性もあるので整備や点検を安心しておまかせすることができます。点検後のサービスも充実しているため、もしもの時も安心です。

日頃から自分で車のメンテナンスを行うようにしましょう

車に乗る機会が多いとメンテナンスもしっかり行わなければいけません。自分で出来る日常点検のポイントをいくつか紹介します。

日常点検といっても専用の機材や技術は必要ありません。簡単に出来ますので是非自分の車のメンテナンスを行いましょう。点検は月に1回行うことをおすすめします。

  • タイヤの点検
    タイヤに大きな亀裂や損傷がないか確認します。空気圧も確認しましょう。空気圧が低い状態で走行しているとバーストしてしまう可能性もありますので注意しましょう。タイヤの溝が1.6mm以下になっている場合はすぐにタイヤを新しい物と交換しましょう。
  • エンジンオイルの点検
    オイルレベルゲージが上限と下限の間になっているか、オイルの色が極端に汚れていないか確認します。汚れている場合はディーラーもしくはカーショップで交換してもらいましょう。
  • ラジエターの点検
    リザーブタンクの冷却水の液面が上限と下限の間になっているか、冷却水漏れがないか確認します。
  • バッテリーの点検
    バッテリー液量が上限と下限の間になっているか確認しましょう。

 - 未分類

ページ
上部へ