弾む会話を目指すあなたにコミュニケーションのネタ帳

コミュステ

車の修理代が高い理由とは?修理代を低くする方法を紹介します

      2019/03/02

車の修理代が高いときには、もう買い換えたほうがいいのかな?と迷ってしまいますよね。

長いこと乗っていると、修理する箇所がでてくるのが車です。なんとか、修理代を安くしたいけれどあまりにも安い修理代では逆に不安になってしまいます。

修理代金が高い理由や安くするためのヒントを紹介します。修理代はこれからどのくらい乗るかによっても高いのか安いのかを検討しましょう。

スポンサーリンク

  この記事の関連記事

スポンサーリンク

車の修理代が高いのはナゼ?理由は部品代

長い期間車に乗ると車のあちこち故障してしまいますよね。車が故障すると修理するためにディーラーや修理工場などに修理の依頼をしなければいけなくなります。車の修理見積もりを取る人も多くいます。見積書を見ると金額が高いと感じることありませんか?

車の修理代が高い理由を紹介します。

車の修理代が高い理由

ディーラー

修理をして後々クレームを言われるよりは、新品に交換しようと考えます。部品があっても勝手に組み上がるわけではないので、修理するメカニックの人件費が必要になります。それが作業工賃になり、店舗によって1時間あたりの単価が異なります。そのため料金も高くなります。

修理工場

修理出来る部分はできるだけ修理をして、料金がかからないようにします。

ディーラーの修理代の見積もりが高い理由として、作業工賃や部品代などがあるので見積もりの金額が高くなります。

車の修理代は高い…修理代の目安

車に乗っていると思わぬことが置きたりします。もし事故を起こしてしまったら車の修理代はどのくらいかかるのか心配になります。保険を使うことも出来ますが、保険を使うと割引率が低下したりします。そのため自分で修理代の支払いをするか、保険を使って修理するか迷う人も多くいます。

故障箇所にもよりますが、修理が簡単な部分と難しい部分があります。修理が難しい部分が故障していると通常よりも高い作業賃金が発生します。

事故を起こした時にエンジントラブルが置きてしまうと、部品交換だけではなくエンジン本体を取り替えることになります。国産車のエンジン本体の値段の目安は50万前後になります。しかし高級車や外車は国産よりも高くなります。

エンジンを交換する場合は、ディーラーや修理工場に車を預けることになります。店舗によって異なりますが2~5日、長い場合は2週間かかることもあります。

車の修理代が高いのはディーラー?しかしこれからのことを考えて修理先を決めましょう

車を修理に出す場合みなさんは何を基準に修理店を選んでいますか?ほとんどの人は車の修理をディーラー、車専門店、修理工場のいずれかに依頼することが多いです。

ディーラーで修理の依頼をすると修理代が高いという感じる人も多いですよね。ディーラーは車の販売がメインです。しかし購入後のアフターケアやメンテンナンス、修理の依頼も受け付けていることが多いです。大きなディーラーは、修理全般や板金作業をすることが出来る施設もあります。しかし小さな所は板金の作業を別の修理工場に依頼して作業することもあるので、ディーラーによっても修理の工程に違いが出てきます。

ディーラーに修理依頼をすると、パーツを交換する場合は、その車の純正製品を使います。そのため部品代が高くなります。

車に対する技術や知識や今後のことも考えるとディーラーに修理を依頼すると安心です。費用は高めですが、安心やサービスの良さを考えるとディーラーに依頼することをおすすめします。

車の修理代は高いからこそ調べることが大切

車を修理に出すと思っている以上の金額がかかってしまいます。出来るだけ車の修理代を安くしたいですよね。車の修理は高いので手間はかかりますが、調べて金額に納得してから修理の依頼をしましょう。

  • 見積もりを取る
    車の修理は業者によって異なり、料金によって違いも出てきます。そのため料金を安くしたい場合は見積もりを取ることが大切です。見積もりを出来るだけたくさん取り、納得の出来る金額で修理をするようにしましょう。
  • ディーラーに依頼
    ディーラーに修理を依頼すると修理代が高くなります。ディーラーは部品を交換する場合は新品にすることが多いです。又少しでも直した方がいい部分があるとそこの修理も勧めてきます。中古部品は取扱いしてしないので修理費用が高くなってしまうのです。
  • 解体屋さんに依頼
    外装などの破損の場合解体屋さんに依頼しましょう。タイミングがあえば、同じ車種の車体があり、運がよければその車体から綺麗な状態で部品を取り出すこともできます。そのため修理代が安くなります。

車の修理代が高いときは部品を中古に

車をぶつけてしまうと部品交換をしなければいけません。新品の部品に交換すると修理代が高くなってしまいます。そんな時は中古部品を見つけ交換すると部品代を安く抑えることができます。

ヘッドライトや、ドア、ボンネット、ラジエターなど中古部品はたくさんあります。そのため修理工場で見積もりを取った後に、どこの部品が必要なのか教えてもらい中古部品を見つけましょう。中古パーツを取り扱っているお店やインターネットなどがあります。

中古の部品は、誰かが一度使っているものになります。使用済みの車から部品を取り出したものになります。事故車や廃車になった車から使えそうな部品を取り出し販売しているのです。そのため修理代を安く済ませることができます。修理代は作業工賃と部品代で計算されるので、部品代が安くなると修理代も安くなるのです。

 - 未分類

ページ
上部へ