弾む会話を目指すあなたにコミュニケーションのネタ帳

コミュステ

香川・徳島観光!おすすめスポットやグルメをご紹介

      2018/08/01

香川・徳島観光!おすすめスポットやグルメをご紹介

香川・徳島といった四国旅行。
旅行を計画していても、どの季節が一番ベストなのか、電車がいいのかレンタカーを借りた方が便利なのかなど、知りたいことがたくさん!観光スポットやグルメも気になります。

そこで今回は、香川・徳島観光について調べてみました。

「うどん県」とまで言われるほどうどんが盛んな香川。その理由についてもご紹介します!

スポンサーリンク

  この記事の関連記事

スポンサーリンク

香川・徳島を観光する場合は電車?それともレンタカーが便利?

旅行を計画している時に迷うのが移動手段ではありませんか?
知らない土地なので、交通事情がわからず計画を立てる時に迷ってしまいます。

結論からいうと、四国旅行にはレンタカーをおすすめします。

鉄道ファンのように「列車」が目的ではない限り、レンタカーの方が無難でしょう。

四国内は実はあまり交通機関の便が良くありません。

JR四国はほとんどが単線で本数が少なく、全線がローカル線のような感じです。
乗り換えも多いです。

実際に住んでいる方も「車がないと不便だ」といわれるほどです。なので、一般旅行客におすすめなのはレンタカーです。

香川・徳島、秋におすすめの観光スポット!

香川・徳島の秋のおすすめ「寒霞渓」

日本三大渓谷美、日本三大奇勝、日本百景などに選ばれいるほど観光名所で、小豆島屈指の紅葉の名所です。

この渓谷は約200万年かけて創り出された自然の造形美です。

春は新緑や、夏の葉の茂った深い青緑もすばらしいですが、秋は赤と黄色が彩る最も美しく鮮やかな時期です。

渓谷全体が燃えているような風景が見られます。

特におすすめなのはこの渓谷の谷間をぬけるロープウェイです。

渓谷と赤や黄色に色づいたカエデとのコラボレーションを空中から味わうので、スリルと絶景を楽しめる5分間になること間違いありません!

香川・徳島へ観光!季節ごとの楽しみ方とは

四国地方は海も山もあり観光名所もたくさんありますので、季節によって様々な楽しみ方をしていただけます。

春はもっとも気候が穏やかで観光しやすい季節です。
桜も満開になりますので、瀬戸内海ブルーとのコントラストはぜひ一度見ていただきたい光景です。

夏は気温がとても高くなるので、海水浴などを楽しむことが出来ます。
マリンスポーツなどもおすすめです。
高原にはキャンプを出来る場所もありますので、夏を満喫できること間違いありません。
秋は味覚の秋です。
四国には海も山もありますので、両方の幸を堪能することが出来ます。
もちろん紅葉狩りもおすすめです。

冬は普段とは違う雪景色の観光名所が一興です。
また、海の幸は引き締まり美味しい時期ですし、情緒あふれる温泉もたくさんありますので、身も心も胃袋もご満足いただけると思います。

また、四国には皆さんご存知のおとぎばなし、「浦島太郎伝説」もあります。

歴史も食べ物も観光名所も温泉まで揃っているので、たくさんの楽しみ方を探してみてください。

香川・徳島など四国を観光するならどの時期がベスト?

四国を観光するならどの時期が最も楽しめるのでしょうか?

「四国で何をしたいのか?」が一番のポイントになってくると思います。

四国は自然豊かで海の幸も山の幸も楽しむことが出来ます。

観光の目的が味覚!

美味しいものを食べて満足したい方は間違いなく秋がおすすめです。

ぶどうやりんごなどのフルーツ狩りといったアクティビティを楽しむこともできますし、自然の観光名所も多く、紅葉も楽しめますので、視覚でも楽しめます。
もちろんうどんもおいしいです。

美しい香川や徳島を堪能したい!

視覚的で選ぶなら春もおすすめです。

春は桜の季節です。

瀬戸内海の海と空のブルーと淡いロマンティックなピンクに染まった桜のコントラストはまさに絶景です。

桜は他にもたくさんも場所で楽しむことが出来ます。

他にもツツジの名所などもあり、春らしさを視覚と嗅覚で満喫できるのではないでしょうか?

夏の香川・徳島の過ごし方

海では海水浴やマリンアクティビティを楽しむことが出来ますし、高原ではキャンプも楽しめます。

ラフティングなどの川の遊びも楽しめます。

夏らしいアウトドア体験をたくさん出来るでしょう。

冬も観光におすすめの季節

暖かい季節とは違う雪化粧の山並みは想像よりもずっと美しく癒されることと思います。
冬の観光地を楽しだ後には、冷えた体を温泉で温めましょう。

冬には海の幸もより美味しくなります。身も心も癒されることでしょう。

香川観光といえばうどん!どうして香川はうどんが盛んなの?

香川といえば「うどんが美味しい!」イメージですよね?

なぜそんなにうどんが美味しいのか、気になりませんか?

香川県は温暖な天候で、晴れの日が多く気象災害は少ない地域ですが、雨もとても少ないのです。

四国山地と中国山地に挟まれているので、雨雲が入って来ずらい地形なのです。

雨が少ないので、ため池と呼ばれる雨水の貯水場所を県内に1万6千以上も設けているのです。
そうして溜めた水を使って稲作が行われてきました。
それと同時に二毛作として小麦などの栽培も始まり、収穫が盛んになっていったのです。
たくさん収穫できる小麦を美味しく食べる方法として「うどん」が香川全域に広まっていったのです。

他にも、小麦は「醤油」の原料にもなったり、瀬戸内海に面しているので、うどん作りに欠かせない「塩」を比較的容易に作ることが出来ました。

これらもうどんが広がった要因でしょう。

 - 旅行・スポット

ページ
上部へ