弾む会話を目指すあなたにコミュニケーションのネタ帳

コミュステ

牛肉と玉ねぎの炒めのバリエーションは豊富!オススメレシピ

      2018/08/01

牛肉と玉ねぎの炒めのバリエーションは豊富!オススメレシピ

牛肉と玉ねぎを使った炒めものは、味の付け方によって全然違った仕上がりになります。
定番の味付けや、オイスターソース炒め、みんな大好き生姜焼き味、豆板醤を使ってご飯が進むピリ辛風に。

色んなバリエーションが楽しめるレシピを紹介します。

安いコマ肉を使うことで、値段も抑えることができますよ!

新玉ねぎは炒めることだ甘みがグンと増しますよ。

スポンサーリンク

  この記事の関連記事

スポンサーリンク

安い牛肉のコマ肉と玉ねぎを使った炒め物のレシピ

牛肉と玉ねぎの相性は、まさに相思相愛のばっちりな関係です!

玉ねぎを入れることで、お肉をやわらかくしてくれて、甘みも増すので、牛肉を使った料理には欠かせないですよね。

牛肉と玉ねぎを使った、おすすめのレシピをご紹介します。

牛赤身肉と玉ねぎのたれ炒めの材料(3~4人分)

  • 牛赤身肉…250g
  • 玉ねぎ…中1個
  • 砂糖(きび糖)…小さじ2
  • みりん…30g
  • しょうゆ…30g

牛赤身肉と玉ねぎのたれ炒めの作り方

  1. 牛こま肉の脂身を取り除いたものを250g用意します。
  2. 玉ねぎをスライスして、耐熱ボウルに入れラップをしてレンジで2分~3分加熱します。
  3. 牛肉をフライパンに入れて炒め、肉の色が変わったら玉ねぎと、調味料を入れてさらにいためます。
  4. 汁気がなくなったら完成です。
    コマ肉の脂身を先に省くことで、ヘルシーに仕上がります。
    味も濃い目なので、ご飯のおかずにもってこいです。

旬の新玉ねぎと牛肉のオイスター炒め

旬の新玉ねぎを使うと、より甘みが増すので、美味しいです。

オイスターソースを使った風味豊かなレシピをご紹介します。

玉ねぎと牛肉のオイスター炒め材料(3人分)

  • 牛こまぎれ肉…300g
  • 新玉ねぎ…小1個
  • レタス…6~8枚
    調味料A
  • オイスターソース…大さじ2
  • しょうゆ…小さじ2
  • 砂糖…小さじ2
  • 料理酒…小さじ2
  • おろしたしょうが…小さじ1

玉ねぎと牛肉のオイスター炒めの作り方

  1. 玉ねぎは、くし型に切っておきます。レタスはおおきめに手でちぎります。
  2. 牛肉をボウルにいれ、下味として、しょうゆ、料理酒、ごま油、片栗粉をそれぞれ小さじ1を加えて、混ぜ合わせます。
  3. フライパンにサラダ油を入れて熱したら、1と2を加えて炒めます。
    肉の色が変わったところで、用意していた調味料Aを加えて、軽く炒めます。
    全体が混ざったところで、ちぎったレタスを加えてさっと炒めたら、完成です。

みんな大好き生姜焼き!牛肉と玉ねぎを炒めて

生姜のよい香りは、食欲を誘いますよね。

牛肉と玉ねぎを使った生姜焼きレシピをご紹介します。

牛肉と玉ねぎの生姜焼きの材料(4人分)

  • 牛バラ肉…250g
  • 玉ねぎ…1/2個
  • しょうがのすりおろし…小さじ2
  • ごま油…小さじ2
  • 白いりごま…少々
    調味料A
  • しょうゆ…大さじ2
  • みりん…大さじ2
  • 鶏がらスープの素…小さじ1/2

牛肉と玉ねぎの生姜焼きの作り方

  1. 牛肉は食べやすいよう一口大に切り、玉ねぎは薄切りにスライスします。
  2. フライパンを熱し、ごま油を入れます。1と、しょうがを入れて炒め、肉の色が変わったところで調味料Aを加えて、混ぜながらさらに炒めます。
  3. 器に盛り付け、ゴマをふったら完成です。
    とても簡単にできて、ご飯もすすむおかずです。
    お弁当に入れても良いですね。

ピリ辛でごはんがすすむ!牛肉と新玉ねぎの辛み炒め

ご飯がどんどん進む牛肉ピリ辛のおかずレシピをご紹介します。

牛肉と玉ねぎのピリ辛炒めの材料(2人分)

  • 切り落とし牛肉…130g
    (下味:塩・こしょう各少々、酒、片栗粉各大さじ1/2で味付けをしておく)
  • 新玉ねぎ…中1個
  • にんじん…1/4本
  • 絹さや(筋をとっておく)…15g
  • しょうが…少々
  • ごま油、サラダ油…少々
  • 料理酒…大さじ1
  • 水…大さじ1
  • 豆板醤…小さじ1/2
  • しょうゆ…大さじ1/2
  • 砂糖…小さじ1/2

牛肉と玉ねぎのピリ辛炒めの作り方

  1. 牛肉を食べやすい一口大の大きさに切り、下味をもみこんでおきます。
  2. 玉ねぎは、厚め(1cm)にくし切りに、にんじんは、長さ1cm幅の短冊切りにします。絹さやは、斜め半分に切っておき、しょうがは千切りにします。
  3. フライパンに油をひき、牛肉を炒め、肉の色が変わったところで、一旦取り出しておきます。
  4. 3のフライパンに、サラダ油とごま油を半量ずつの割合で熱します。そこへ、しょうがとにんじんを入れて炒めたら、酒と水を入れて、すぐにふたをして蒸し煮にします(約2分)
  5. ふたをとり、玉ねぎを加えてさっと炒めたら、3の牛肉を戻しいれます。
  6. さらに、絹さやを入れ、豆板醤としょうゆと砂糖を全体に回しいれ、全体を炒め合わせたら完成です。

玉ねぎは炒め具合が大事です!

料理における玉ねぎの役割というのは重要で、「野菜の甘みを加える」という性質を生かした料理が幅広くありますよね。

この玉ねぎ、調理の仕方や切り方によっても、味が変わってくるということをご存知でしょうか。

「生」のまま切った玉ねぎは、しゃきしゃきとした食感を活かしたり、風味を活かす料理に使われます。
ハンバーグやメンチカツ、ロールキャベツのたねに生のまま入れて、食感を楽しむのが好きな人も多いでしょう。

食感より、玉ねぎの甘みを味わいたいという人は、ハンバーグには、飴(あめ)色になるまで炒めた玉ねぎを使うのではないでしょうか。

玉ねぎの甘みをいかしたオニオングラタンスープも、いかに玉ねぎをじっくり炒めるかが味を左右します。

ホワイトソースやグラタンに玉ねぎを入れる場合は、透明になるくらいまで炒めた玉ねぎを使用します。

料理によって、いろんな表情を持つ玉ねぎ。
血液をさらさらにしてくれる効果も期待できるので、いろんな料理でたくさん食べたい野菜でもあります。

 - 料理・グルメ

ページ
上部へ