弾む会話を目指すあなたにコミュニケーションのネタ帳

コミュステ

お弁当の卵焼きを前日に作り置きはOK?作り方や保存方法とは!

      2018/07/11

お弁当の卵焼きを前日に作り置きはOK?作り方や保存方法とは!

子供の運動会や行事ごとや、毎朝のお弁当作りはとても大変なものですよね。

お弁当のおかずに欠かせない卵焼きは、みんなの大好物でもありますが、前日に作り置きはしても大丈夫なものなのでしょうか?

今回ここでは卵焼きを美味しく食べるための前日に作り置きする方法や冷蔵保存する方法について調べまとめてみましたので、参考にされてみてください。

スポンサーリンク

  この記事の関連記事

スポンサーリンク

お弁当に入れる卵焼きを前日に作り置きは大丈夫なもの?

運動会の準備で大変なのは、なんと言ってもお弁当です。大人数用のおかずをいくつも必要です。

お弁当の定番おかず、卵焼きは前日に作り置きしておくことは可能なのでしょうか。
また、冷凍保存することができても、解凍したら味が落ちてしまうのでしょうか。

前日に作っておくことは可能

美味しく食べるポイント

前日に卵焼きを作る場合には、しっかりと火を通して焼くことが大切です。水分の多いだし巻き卵は避けたほうが良いでしょう。
卵焼きが焼き上がったら、お弁当に詰めるサイズに合わせて切っておきます。
よく冷ましてから、ひとつずつラップに包み冷凍します。

運動会の当日の朝は?

解凍はせずにラップを外し、そのままお弁当箱の中に詰めます。
ここで、「レンジで解凍しないの?」と思う方もいるかもしれませんが、冷凍した卵焼きをレンジで急速に解凍すると、食感が固くなってしまい卵焼きのフワフワ感がなくなってしまいます。
冷凍のまま入れても、逆に保冷剤代わりになり周りの食品も安心ですし、食べることには、ちょうどよく解凍されています。

お弁当に入れる卵焼きを前日に作り置きする準備や作り方

前日に作り置きする卵焼きは、しっかりと焼き上げる

卵は殻を割ってしまうと細菌や雑菌が繁殖しやすくなってしまい、そのままの状態で長時間置いておくとお腹を壊す原因になってしまいます。
卵焼き用の卵液をそのままの状態で保存することは危険です。

前日に作る場合には、卵の中をしっかりと焼く、これがポイントです。
卵焼きのレシピによっては、内側を半熟にするというものもあります。すぐに食べるのであれば半熟でも大丈夫ですが、作りおきする場合の卵焼きは半熟のままだと衛生的に心配です。
しっかりと熱を通しておくことが必要です。

卵焼きの作り置きは冷凍保存

1日くらいでしたら冷蔵庫でも可能ですが、安心なのはやはり冷凍保存です。

お弁当はお弁当箱に詰めてから数時間は常温の状態になります。
その間にも傷まないように、冷凍しておくのが確実です。

お弁当の卵焼きを前日に作り置きする場合の注意点

卵焼きを作り置きして保存する時には、必ずしっかり冷ましてから保存することが大切です。

  1. 卵焼きが出来上がったら、お弁当箱に合ったサイズに切る
  2. 1個ずつラップで包む
  3. できればさらにジッパー付きポリ袋に入れて保存する
  4. 空気を抜くようにして冷凍

そして、使う卵はなるべく新鮮がものがおすすめです。
卵焼きの味も、普段よりは少し濃いめの味付けが良いでしょう。ただし、しょう油やダシなど水分が多くなるとNGなので、塩を増やすのがポイントです。

お弁当箱に入れる時には、解凍せずにラップを外した状態で詰めますが、日中かなり気温が上がりそうな時には、保冷剤も併用したり、クーラーバッグを使用するなどすると良いですね。

卵焼きを冷凍保存するコツや解凍方法について

冷凍しても美味しい卵焼きにするには焼き上げた後にしっかりと冷まし、水分を飛ばしてから冷凍します。
粗熱が残った状態で冷凍してしまうと、余分な水分が含まれてしまいます。

1切れずつラップに包むのがおすすめですが、お弁当で複数必要な場合には、2切れずつくらい一緒に包んでも構いません。運動会のお弁当などは多めに必要なので複数でラップしても良いでしょう。

朝の忙しい時間に朝食の準備に、お弁当の準備にとなると時間が足りませんよね。
子育て中のママでしたら、お子様の準備にも時間が必要です。
毎日お弁当を持参するという方でしたら、時間のある時にお弁当用のおかずを作り置きして冷凍しておくと、忙しい朝に大変便利です。

今はお弁当におすすめの作り置きおかずのレシピ本や、ネットなどで検索してもたくさんのレシピが探せます。
それらも上手に活用して、忙しい朝を乗り切りましょう。

お弁当で前日に作り置きしても大丈夫な食材

実際にお弁当に作り置きのおかずを利用している方も多くいます。
ご紹介している卵焼きも作りおきに便利なおかずですし、きんぴらなどもしっかり火を通しているので、冷凍しても冷凍する前と味にそれほど差はでないと思います。

また、おかずを冷凍する場合には、普段よりも「気持ち味付けを濃い目」にすると良いでしょう。

ただ、冷凍に向かない食材もあります。
ご存知の方も多いと思いますが、じゃがいもは冷凍に適さない食材です。よくカレーを冷凍して、解凍したカレーのじゃがいもは、食感が良くないですよね。
また、豆も冷凍すると味が落ちてしまいます。

逆に冷凍しても味が変わらないおかずとしては、ごぼうやにんじんなどの煮しめ、かぼちゃの煮物、ソーセージやハムなども大丈夫です。

冷凍のおかずをいくつかストックして、お弁当作りに必要な時間を短縮しましょう。

 - 生活・ライフスタイル

ページ
上部へ