弾む会話を目指すあなたにコミュニケーションのネタ帳

コミュステ

炭酸飲料が飲めない人必見!こうすれば克服できます!

      2018/07/05

炭酸飲料が飲めない人必見!こうすれば克服できます!

気温の高い夏の日に美味しそうに、炭酸飲料を飲んでいる友達を見てるとうらやましい・・・炭酸飲料が飲めない人は皆そう思うのではないでしょうか?

炭酸がのどを通過する感じがいやだという人が多いようですが、克服できる方法はあります!

さっそく試してみませんか?炭酸飲料が飲めない人のための克服方法について教えます!

スポンサーリンク

  この記事の関連記事

スポンサーリンク

炭酸飲料が飲めない!克服する方法はある?

暑い夏に、渇いたのどに炭酸飲料を流し込んでおいしそうにしている人を良く見かけます。しかし、飲めない人から見れば、うらやましいと思うこともあるでしょう。

炭酸飲料が苦手な人は、一体何が苦手?克服する方法

炭酸飲料の炭酸には、強さがあります。微炭酸飲料もあれば、強炭酸飲料もあります。
強くなればなるほど、もちろん苦手な人には飲みづらくなります。まずは、炭酸水や炭酸飲料を準備して、水やジュースで自分なりに割ってみましょう。薄めて飲むことで、飲みやすくなります。また氷などをいれるのも良いでしょう。

まずは、炭酸を薄くして飲みやすくし、炭酸の刺激に少しずつなれることから始めましょう。刺激に慣れてきたら、少しずつ飲めるようになります。

無糖の炭酸飲料は別ですが、通常の炭酸飲料には多くの砂糖が含まれています。500mlのペットボトルの中には、約50g、ご飯で言うと軽く一膳程度の糖質が含まれています。飲めるようになったからといって、たくさん飲まないほうがよさそうです。

炭酸飲料が飲めない私が克服するために試した方法!

サイダーが飲めなかった私は、まず氷を入れて飲むことからはじめてみました。氷が解けることで炭酸が薄まるのではと考えたためです。しかし、氷を入れた直後からすぐに解けて薄まるはずもありません。しかも、さらに冷たくなったため、刺激が強いように感じられました。

次に、水をいれてみました。水を入れて薄める作戦です。しかし味か変わるのを恐れて、少量しか水を入れなかったため、なんら炭酸の刺激は変わりませんでした。

そこで、ジュースでサイダーを割って飲んでみることにしました。サイダーの割合は比較的少なめに、ジュースに少量のサイダーを足すというようなイメージです。
少しのどの奥にぴりぴりときますが、この程度なら飲めました。炭酸が苦手な方は、まずジュースに少量のサイダーや炭酸水を入れてのんでみることからお勧めします。

また、サイダーや炭酸水に砂糖や塩を入れて飲んでみましたが、炭酸の刺激がかわることはありませんでした。特に塩は塩辛いので、おいしいとは言いがたい味になり飲めませんでした。

炭酸飲料が飲めない原因とは?必ず克服できるというものではない?

シュワシュワとしたさわやかな喉ごしは、炭酸飲料の魅力ともいえます。夏の暑い日や、お風呂上りのほってった身体に流し込むと、爽快な気分になります。
しかし、炭酸飲料が苦手な人からしてみると、舌やのどにびりびりと痛みが走る感じがするのも事実です。

なぜ、そのように感じるのでしょうか?炭酸水は、炭酸ガスが水の中に溶けこんでできています。炭酸ガスは、水の温度が低ければ低いほど多く溶け込むことができます。
冷蔵庫から出してそのままおいておくと、炭酸水の温度は上がっていくため、溶け込んでいる炭酸ガスも泡をだしながら抜けていきます。

この現象は、飲んだときの口の中でも起ります。飲んだ瞬間に、炭酸水は口の中で温度が上がるため、溶け込んでいた炭酸ガスが水の中から抜け出します。そのため、口の中で炭酸ガスが抜ける瞬間にシュワシュワとした泡がはじける感覚がするのです。

しかし、口の中や喉は刺激に弱いため、炭酸が苦手な敏感な人にとっては、刺激となり神経を刺激されるため痛みと感じることがあります。

喉においては、ガスの抜け道が少ないため、刺激が直接感じられるでしょう。そのため痛いと感じる人が多いようです。
炭酸を飲むと喉が痛いと感じている人は、これが原因と言えます。

しかし、この刺激に関しては個人差があります。練習すればなれるという訳ではありません。多少慣れたとしても、身体への刺激は変わらないでしょう。

苦手な人は、なるべく飲まないというのが良いでしょう。もし飲まなければならないようなら、冷たい状態を避けて少し室温に置き、炭酸ガスを抜いてから飲むのがよいかも知れません。

炭酸は飲めない方がいい?飲みすぎるとこんな危険な可能性も

炭酸飲料の中には、砂糖などの糖分が多く含まれているものがあります。

また、たくさん砂糖が入っている炭酸飲料は毎日飲み続けると、肥満もつながってきます。炭酸飲料の中に入っている甘味料は、通常の糖分のように代謝できないため、身体に蓄積されて脂肪に変わってしまいます。

炭酸飲料を飲む人は、飲まない人よりも腹部に脂肪がつきやすいといわれメタボリック症候群になりやすいのも特徴です。

くれぐれも、飲みすぎには注意したいものです。

炭酸水が飲めない人も克服可能?

ヨーロッパなど欧米では、日常的に炭酸水が良く飲まれているようです。なぜなら炭酸泉の資源が豊富なため、水にもともと炭酸が含まれている天然の炭酸水があるからです。レストランなどでも水を注文すると炭酸水が出てくることも多いです。

しかし、炭酸水が苦手な人には、つらいですよね。まずは、味のついた炭酸水からなれてみましょう。味がついた炭酸水になれれば、徐々に無糖の炭酸水も飲めるようになるはずです。

甘い味のついた炭酸水は、身体にもよくありません。ぜひ炭酸のシュワシュワになれて、炭酸水デビューをしてみてください。

 - 生活・ライフスタイル

ページ
上部へ