弾む会話を目指すあなたにコミュニケーションのネタ帳

コミュステ

反省文の例文『学校で携帯を没収された場合』を書くポイント

      2018/07/05

反省文の例文『学校で携帯を没収された場合』を書くポイント

学生によくある、学校で携帯を没収され反省文を書く場合にはどのような内容のことを書けばよいのだろうと悩む学生さんもいるかと思います。

また反省文を書くことによって、反省すれば携帯を返してもらえるかどうかも気になるところですよね。

今回はそんな疑問について、反省文の書き方や例文をまとめてみましたので参考にされてみてください。

スポンサーリンク

  この記事の関連記事

スポンサーリンク

学校で携帯を没収された時の反省文の書き方について

今の時代、携帯電話を持っている学生さんは多いです。ほとんどの人が持っていることでしょう。

携帯電話の使い方のルールは、学校によって違います。

多くの学校では、携帯電話を学校に持っていくのはいいけれど、学校の中で使ってはダメ!という場合があるのではないでしょうか?

学校内で使った場合は、反省文を書かなければならないという決まりもあるそうです。

携帯を持っていたら、つい使いたくなってしまいますよね。
隠れて使った人も多いのでは?

ある学生の話を紹介します。

私の高校では、校内で使ったのがばれたら、「1ヶ月没収」「反省文の提出」の罰則があります。
携帯は親が学校まで取りに行きます。

携帯がないととても不便です!友達とラインが出来ません!1ヶ月は長すぎです!
そこで私の反省文を紹介します。

最初は謝罪の言葉から始まります。
次になぜ使ってしまったのかの理由を書きます。
今後使うことのないように約束をします。
反省に気持ちを表します。
そして最後にまた謝罪の気持ちを書きます。

学校で携帯を没収された時の反省文を書くときには、禁止事項に沿って書くのがポイント

携帯電話に扱い方は、学校によって微妙なルールの違いがあります。
それぞれみていきましょう

学校内でだけ使用が禁止されている場合

ある学校では、「携帯の電源は校内では切っておくこと!」というルールがあるといいます。
いつもは切っているのですが、その日に限って早くしりたい情報があったのです。
つい電源を入れてしまったのですが、見つかってしまいました。
その場合の反省文に内容はこんな感じです。

「先生に見つからなければ大丈夫だろうという気持ちがあってつい魔が差してしまいました。
今となっては、校則を守らなかったことを猛省しています。
今後このようなことは二度といたしません。本当にすみませんでした。」

所持・使用が全面的に禁止になっている場合の反省文

「所持や使用が校則違反にだということを知っていました。やっと手に入れた携帯電話を嬉しくて持ち歩くようになってしまいました。
他の生徒が守っている校則を破ってしまい深く反省しています。今後は一切このような校則違反は絶対に犯しません。本当に申し訳ありません。」

学校で携帯などがみつかり反省文を書くときには、分かりやすく簡潔に書こう。

反省文をかいたことがないので、なんて書いたらいいのかわからない!と言う人もいるでしょう。

反省文のポイント

  • 事実とその原因をあげる
  • 反省の気持ちと謝罪の気持ちを表す
  • これからはどうするというのかということ

何に対して反省そているのかを説明します。そのことに対してどんな考えや気持ちでいるのかを書きます。

反省と謝罪の気持ちはしっかりと表しましょう。A4用紙を使って、以上の項目についてすべてを書きます。

学校で携帯を使用してはいかない理由と没収は認められるのか?

学校や先生によっては、携帯電話に関する校則を守らない場合は「没収する!」といった場合もあるそうです。
いくら校則とはいえ、生徒の私物を没収するのは窃盗罪に当たるのではないか!?という意見もあります。

弁護士の方にお話を聞いてみました。
まずは、「学校教育のためならば持ち込み禁止はあり」だといいます。

生徒の私物についての持ち込み禁止が出来るのは、教育につながっているのであれば大丈夫だといいます。

では「没収」についてはどうなのでしょうか?
校則を違反下場合は、それもありだといます。ですが、「没収」したまま返さないという行為は対象物によるそうです。
「没収」したとしても一時的なもので、その日または数日後には返す必要があります。

生徒にも所有権はありますので、一時的に取り上げることはできても完全な没収は難しいでしょう。

子供が学校で携帯を没収された時の反省文を親が書く時の例文

子供が学校でやってはいけない行為をしてしまい、親が謝罪をしなくてはいけないという場面もあると思います。
口頭での謝罪の他に、反省文を提出したほうがいい場合もあります。

まずは、反省文の宛名は校長先生にします。「学校名」「学校長」の名前を書いて様をつけます。

内容の例文

「○○(子供の名前)は学校の規則違反をして、先生方を始めとし生徒の皆様に多大なご迷惑をおかけしてしまいました。

担任の先生から連絡を頂き、子供の生活態度に親としての指導が及ばなかったことに深く反省しております。
本人も十分反省しています。

今後については、生活態度を見直し本人の親自身も十分に注意して、二度とこのような不祥事をおこさないように指導していきます。

本当にご迷惑をおかけして大変申し訳ございませんでした。」

という内容を書いて文章の最後に連盟で署名をします。

 - 勉強・学校

ページ
上部へ