弾む会話を目指すあなたにコミュニケーションのネタ帳

コミュステ

怖い夢を見ない方法!怖い夢を見る原因や対処法をご紹介

      2018/06/07

怖い夢を見ない方法!怖い夢を見る原因や対処法をご紹介

怖い夢を見て寝た気がしないという事ってありませんか?夢を見すぎて寝たはずなのになぜか疲れている…。そんな経験をしたことがある人は多いと思います。

この怖い夢を見ない方法ってないのでしょうか?また、夢ってどうして見るのでしょうか?

怖い夢を見ない方法や夢を見る原因、子供が怖い夢を見る時の対処法などをご紹介していきます。

スポンサーリンク

  この記事の関連記事

スポンサーリンク

怖い夢を見ない方法!どうして夢をみるの?

人は眠ると必ず夢を見るというワケではありませんが、よく夢を見るという人もいるでしょう。

その夢も見て嬉しいような良い夢もあれば、怖かったりするような悪い夢もありますよね。

人の眠りには、深い眠りと浅い眠りがあることをご存知でしょうか?

夢は、そのうち浅い眠りであるレム睡眠のときに見ているそうです。

このような浅い眠り、すなわちレム睡眠のときは脳の偏桃体というものが活発に働いているそうです。

これは、いつもの状態よりもハラハラとしたような精神状態になりやすいことを示し、そのため怖い、嫌な夢を見やすいということになります。

また、夢って現実とかけ離れた、ちょっとおかしな夢を見たりしますよね。

これは、眠ることで脳の前頭前野の機能が止まってしまうからなんです。

だから、現実ではとうてい考えられないようなことも夢だと変だということに気が付かないのでしょう。

怖い夢を見ない方法!原因を知ろう

怖い夢を見た後って、なんだか目覚めも良くないですよね。

夢で良かったと思う反面、寝ていたのになんだか疲れているような気分になることもあります。

できれば、怖い夢は見たくないものです。

では、どうして怖い夢を見てしまうのでしょうか?

それは夢を見ないくらいの深い眠りができていないからです。

人は、ストレスによって交感神経が活発になっていると、熟睡ができないと言われています。

なので、夢を見ずに熟睡したいのであれば、できるだけストレスを溜め込まずに、リラックスした状態で眠ることを心がけましょう。

また、コーヒーなどのカフェインを取り過ぎると眠れなくなったりしますよね。

実は、これもカフェインによって交感神経が活発になってしまうからなのです。

そして、眠れないからと言ってお酒を飲み過ぎるのもよくありません。

確かに、お酒を飲むと眠れるかもしれませんが、これもまた逆に熟睡できない原因ともなるのです。

なので、ぐっすりと深い眠りを取るためには、カフェインやお酒などによって睡眠バランスを崩さないようにすることが大切です。

怖い夢を見ない方法!寝る体勢も重要です!

では、怖い夢を見たことで、寝ていたのに体が疲れていると感じてしまうのはどうしてなのでしょうか?

これは、怖い夢を見ると体が緊張して、寝ている間にも疲労感が残ってしまうからなのです。

そして、この怖い夢は寝る体勢にも関係しているそうなんです。

例えば、うつぶせでよく寝る人っていますよね。

うつぶせで寝ると、人は肺に空気が十分に入らないため、苦しい状態になってしまいます。

これは、うつぶせだけではなく、体を締め付けるような服を着ていたり、寝心地の良くない体に合わない寝具を使うことでも、起きる結果です。

これによって、人は熟睡することができず、その苦しさから怖い夢を見てしまうのです。

また、食事を取ってすぐに寝るのも、怖い夢を見てしまう原因のひとつとも言えます。

これは、きちんと消化されないうちに眠ってしまうことによって、脳の血液の巡りが悪くなり、よってストレスが発生されてしまうからです。

ですから、怖い夢を見たくないのであれば、きちんと寝やすい体勢を整えて、食事は眠る前に取るのを控えましょう。

夢を見ないでゆっくり寝る方法について

怖い夢以外でも、夢を見るということは脳は寝ていない状態になっていると考えられます。

これは、良い夢であっても同じことです。

熟睡である、ノンレム睡眠の状態を作るためには、眠る前によりリラックスした状態を保って眠ることが大切です。

例えば、眠る前にぬるめのお風呂にゆっくりと浸かって、疲れを癒すのもいいでしょう。
もちろん、眠る前に頭を使ったり、激しい行動をしてはいけません。

また、寝る前にホットミルクなどの心が和らぐ温かい飲み物を飲むなど、脳の緊張を整えてあげましょう。

それから、眠くなってから寝るというのも大切なポイントとも言えます。

少しずつ環境を整えて、ゆっくりと眠れるように心がけましょう。

良い眠りは健康にも繋がりますし、眠ることで脳を休ませてあげることができますよ。

子供が怖い夢を見て泣くときの対処方法

怖い夢を見るのは、大人だけではありません。

子供だって怖い夢を見ますよね。

そんな子供が怖い夢を見る原因は、昼間に起こった出来事などの記憶が関係しているそうです。

例えば、幼稚園で友達と喧嘩をしたり、嫌なことがあったりすることも考えられます。

また、テレビなどで怖いシーンを見たりすると、それが記憶に残って怖い夢を見ることもあります。

それから、先生やお母さんに叱られたことがショックで夢に出てきたなんてことも考えられます。

そんな時は、子供がどんな夢を見たのかを聞いてあげるといいでしょう。

そうすることで、落ち着いて眠ることができるようになりますよ。

 - 知識・雑学

ページ
上部へ