弾む会話を目指すあなたにコミュニケーションのネタ帳

コミュステ

彼氏が実家暮らしの場合のデート代・・・割り勘はNG?

      2018/06/07

彼氏が実家暮らしの場合のデート代・・・割り勘はNG?

彼氏とデートする時、支払いは割り勘というカップルが増えているようです。

昔ならデート代は一人暮らしであっても男性持ちというパターンが多かったけど、最近は彼氏が実家暮らしでも割り勘・・・これって当たり前のこと?彼氏と相談すればなんとかなる?

デート代の支払い事情について調査してみました。

スポンサーリンク

  この記事の関連記事

スポンサーリンク

デート代はいつも割り勘…実家暮らしの彼氏に考え直してもらうには?

デートの度に外食をすると、男性、女性ともにお金がかかりますよね。提案なのですが、外食は時々にして、料理を作ってはどうでしょうか?出来れば、メニューを2人で決めて、買い出しも料理も2人でします。買い物代は割り勘でも、いつもの外食よりはとても節約になります。もし彼が買い物や料理を手伝うことに不満がある場合は、月に1万、2万と2人で決めた金額を先に払ってもらい、あなたが買い物と料理をしてはいかがでしょうか?その場合は彼氏に多く払ってもらったり、足りない時はあなたが出したりしましょう。

同じ年の彼氏に「もう少し多く支払いして」と言っても「え?」と思われるかもしれません。それより円満に行くのは、今まで使っていた毎月のお金をお互いに出して、2人の財布を作りあなたが管理しましょう。

2人で合う時はその財布から全部出すと割り勘よりもすっきりします。あなたの家で食べる時の食材やお酒などもこの財布から出します。材料費はこの財布から出すとしても、彼が家に来るとその他にも色々かかりますよね。お花とか、小物とか・・・。

なので部屋に呼ぶのは本当に「たまに」にしましょう。

いつも呼んでいるとありがたいとも思わなくなります。外食より安上がりな食事になるのですから。彼には都合にいい話しになりますよね。

彼氏は実家暮らしで彼女の方が高収入の場合のデート代は割り勘?

デートに行った時に、食事代位は出してカッコつけたいと思う男性も多いはず。もしも彼女の収入が彼氏より多かったらどうすればいいのでしょうか?

みんなはどうしている?デート代の支払い

女性の方が収入がいいカップルの場合、一番多いのは「デート代は割り勘」という意見です。食事代を割り勘にするカップルもいれば「この店は出してもらって、次は私」というようにおおざっぱに決めているカップルもいます。

又「食事代は出すけど、イベントなどは出してもらっている」というように役割り分担をしていお金を出し合っているカップルもいます。

他には「たまに今日はおごる」と言ってくれるのはうれしいという意見もありました。

彼氏が実家暮らしかどうかにはかかわらず、デート代は割り勘にするべきではない?

デート代は割り勘にしない方がいい

デートって何のためにするの?イベントや食事など、デートの過程そのものを楽しみたいという気持ちがありますが、多くの人にとって相手とコミュニケーションを取り関係を深めることが大切ですよね。そうなると相手に喜んでもらうことがデート成功にとって大切なポイントになります。多くの女性は、デート代は男性に払って欲しいと思っています。デート代を出してもらうことで、男性から見て自分が「それだけ価値がある」「大切にされている」存在と感じます。

女性は本能として安心して子供を産ませてくれる男性に魅力を感じるので、守ってくれる、経済的に支えてくれる人に惹かれるようになっています。

損得の問題ではない

女性の方が化粧品や洋服にお金がかかるからデート代は男性は払うべきという意見もあります。しかしそれは違います。損得の問題ですか?外でデートしたらお金はかかります。金銭的に損得で考えると、デートなんてしない方が節約できます。相手のことが好きなら「相手から多くお金を出してもらって得をしよう」とは考えません。ただ男性に見栄を張って欲しい!少しはカッコつけて欲しいのです。

彼氏とのデート代を割り勘にする場合のマナーとは?

女性が金額を聞くと割り勘は成立?

デートの時、食事やお酒を飲み会計の時に悩んだことありませんか?割り勘にする場合、男性は細かい端数まで請求するのはやめましょう。

例えば8千円の割り勘の場合、男性が6千円、女性が2千円を出すようにする器が大きく見えます。

女性も払う意志がなくても払う素振りは見せるべきです。デートなので男性に全額支払いさせるようであれば、男性も不愉快な気分になります。

無難なマナーとして、会計時に女性は「いくら支払う?」と聞いて見るといいでしょう。聞くことにより男性の本当の姿が見えるかもしれません。

状況によっては男性に支払ってもらう

状況によっては全額男性に支払ってもらってもいいです。はるかに年上の方になると見栄もあるし、高級なお店の場合女性が財布を出したりすると周りの雰囲気が気になりますので、そこは相手の好意に甘えましょう。

彼氏と同棲することになったら、生活費はもちろん割り勘?

2人の必要費用は分担

生活費の中でもお互いが払うべき家賃については、2人で分担して支払いましょう。
同棲した場合、生活費の中でも家賃や食費などは、もしあなたが今まで1人暮らしをしていた場合、支払う分は半分になるので減らせます。もちろん、あなたと彼氏の収入の差も考えて支払う割合を決めましょう。

2人の財布を作る

主に食費は2人で折半して出す必要があります。食費は現金で支払いましょう。働いていると2人で買い物をするよりかは、どちらかが休みの日に買い物に行くことが多くなるからです。

 - 結婚・恋愛

ページ
上部へ