弾む会話を目指すあなたにコミュニケーションのネタ帳

コミュステ

前頭葉の発達とおでこの広さについて。おでこが広いと賢そう!

      2018/06/08

前頭葉の発達とおでこの広さについて。おでこが広いと賢そう!

前頭葉の発達とおでこの関係性について、はっきりと証明できているわけではありませんが、無関係だとは言い切れません。

おでこが広く、立派だと賢そうに見えますよね?
いいおでこの持ち主さんは、堂々とおでこを出すようにしましょう!
なんと、開運にもつながるのだとか!?

それでは、前頭葉の発達とおでこについて調べてみましたので是非お読みください!

スポンサーリンク

  この記事の関連記事

スポンサーリンク

前頭葉はおでこのあたりにあります!発達とおでこの広さについて

事故などにより、前頭葉の一部を損傷してしまうと、事故前と事故の後とでは人格に変化がみられるそうです。

前頭葉は、社会性や知恵、賢さ、人格などを司る脳の一部ですから、その部分が傷つくということは、性格に変化をもたらしてしまうことになるのでしょう。

この、前頭葉は「おでこ」のあたりにあります。
なので、いわゆる「立派なおでこ」の持ち主さんは前頭葉がしっかりと発達していることの表れだそうで「賢そう」に見え、実際に賢いようです。

前頭葉の発達とおでこの関係について

情報が入ってくると、まず前頭葉で受け、他の脳へと伝達・指示するのだそうです。
よく、子どもは10歳位になると、5歳児くらいの時の顔付きとは全く変わってしまうことがありますよね?
歯の生え変わりや成長により骨格が変わり成長するからなのですが、10歳位になると前頭葉をよりよく使い物事をよく考えるようになるそうです。
この影響により、顔つきに変化が出てくるんですって。
人間の顔が出来上がるのは、20歳頃だそうです。
20年の過程には、骨格の発達だけではなく、前頭葉や頭頂葉、側頭葉の発達も関わってきます。
これらの成長や発達があり、顔が作られていくそうです。

一口に「いいおでこ」と言っても、色々あるでしょう。

  • 広いおでこ
  • 張ってるおでこ
  • 横から見ると数字の3の形の顔
  • 横が広いおでこ
  • 顔の半分がおでこ

などなど、おでこが印象的な人っていますよね?
どのようにおでこが広いのかによって、ある程度の性格を判断することができるようです。

おでこが後頭部に向かって広い人

知識の泉、社交的で知性派です。
長い時間をかけて知識と教養を身に着けてきました。
ゆえに、プライドが高く、自意識過剰な面も…。

おでこの横幅が広い人

視野が広く、机に向かって勉強するよりも、実際に経験・体験して社会性を身に着けてきたタイプです。
型にとらわれずに、アクティブでグローバルな物事の考え方ができます。

前頭葉の発達とおでこが出ていることに関係はあるの?

前頭葉が発達しているのは人間だけです。
理性により物事を考えられ判断できるのは人間だからです。
物事を想像したり、相手の気持ちを考えたりできるのも前頭葉の発達のおかげなのです。
また、運動能力に関しても、前頭葉が発達しているからなのです。

手先を器用に使い、細かい作業をおこなったり、自分の身の回りを整理整頓したりできるのも前頭葉が発達しているからです。

また、誰かのために役に立ちたいと願う気持ちも前頭葉の働きゆえに考え付く思考なのです。

でも、もう、成長過程をとうに過ぎてるし…と思っているあなた!
前頭葉はいつからでも刺激することができるんですよ!

方法は色々ありますが、まずは「音読」が一番!

子どもがいる人なら、子どもの国語の教科書を声に出して読んでみてください。
スラスラ読めない自分にショックを受けることでしょう。
ですから、最初は自分一人の時に10行程度でも試し読みしてください。
ビックリするくらい、読み進められない自分がいるかもしれません。
もし、スラスラ読めるのなら、お子さんと一緒に音読してみましょう。
子どもの勉強にもなりますし、自分は前頭葉の刺激になります。

前頭葉の発達とおでこ。なんとなくですが、関係あります!

単純に「理性」ってなんだと思いますか?

先日、道端を歩いている野良猫をみて、9歳の娘が「お母さん!猫ちゃんのお尻って丸見え?」と聞いてきました。
「そうだよ」と答えると「見え過ぎてるよ!恥ずかしくないの?」とびっくりしたように聞き返してきました。
これが、動物と人間の違いなんだな~としみじみ思い、きちんと理性を身に着け育っている娘を愛おしく眺めたのでした。

9歳の娘が、動物の羞恥心について疑問に思ったということは、大体10歳くらいで前頭葉の発達に人間らしさがみられてくるのかな?なんて、感じました。
あくまでも、個人の感想です。
脳科学的には違うと思います!

なので、スーパーのお菓子売り場や、おもちゃコーナーなどで「買って買って!欲しい欲しい!」と欲望のままに騒いでいる子供は、前頭葉がまだ未発達だから自分の欲望を抑えられず、本能のままに叫ぶことができるのですね。

前頭葉の働きを活発にしたいならおでこに手を当てるといい!?

機能を効果的に発揮するのなら、その形態は重要になってきます。

三角のタイヤでは、車を早く走らせることができないでしょう。
さび付いたナイフでは、獲物を効率よく皮と肉とに、さばくことはできません。
下駄で早く走ることもできないし、ダウンジャケットを着て水泳の世界新記録を出すことは不可能でしょう。

効力を最大限に発揮したいなら、その形状と言うのはとても重要になってきます。

ですから、広くて立派なおでこの内側に納まっている前頭葉は、知性と理性の塊であるといえるでしょう。

とんち小僧はおでこを人差し指でくるくるしますよね?
なにかを思い出したい時には無意識におでこに手を当てていると思います。

おでこを触ると、前頭葉が刺激されるようです。
アイディアが欲しい時、テストの時、買い物に行って何を買うのかを忘れた時など、おでこをパチンとたたいてみましょう!

 - 健康・ダイエット

ページ
上部へ