弾む会話を目指すあなたにコミュニケーションのネタ帳

コミュステ

絶叫マシンが苦手な男性は意外に多い!遊園地デートでの心構え

      2018/06/07

絶叫マシンが苦手な男性は意外に多い!遊園地デートでの心構え

絶叫マシンが苦手だと感じる男性って、結構多いみたいです。

男性よりも女性の方が絶叫マシン好きが多いので、彼女と遊園地デートをする際にはどうすれば良いのか悩んでしまう男性もいることでしょう。

絶叫マシンが苦手な男性と、絶叫マシンが好きな女性が付き合ったら一体どうなってしまうのでしょうか?

苦手と素直に言うべき?無理して一緒に乗るべき?

絶叫マシン苦手な男子必見!彼女と遊園地デートする際の心構えをご紹介します。

スポンサーリンク

  この記事の関連記事

スポンサーリンク

絶叫マシンが苦手な男子必見!女性にカッコ悪いと思われない為には?

素直に「実は絶叫系マシンが苦手」と事前に言っておく

遊園地のその場に行ってから「絶叫系が苦手で…」と言うよりは、デートの計画段階から苦手なことを素直に伝えておいた方が彼女のイメージは良いようです。
直前になって告白するよりも、早めに伝えておきましょう。

混雑している日を狙って乗る回数を少なくする

遊園地は、土日や祝日はかなり込み合いますが、平日などはお客さんが少なく、遊具に乗る前に並ぶ時間というのも、込み具合によって大きく変わりますよね。
込んでる日には、遊具に乗る時間よりも、ほとんどが並んでいる時間になります。
これを逆手にとって、乗り物に乗る回数を少なくします。

彼女とのデートなら、この待ち時間も話をしたりと会話を楽しむ時間にできます。

お化け屋敷が得意ならそこでアピール

絶叫系のマシンは苦手だけど、お化け屋敷のような怖さなら大丈夫という男性も多いでしょう。
女性は絶叫系マシンは大好きだけど、お化け屋敷は苦手というタイプが多いのも事実です。

そこで男性は、彼女の心理をふまえて、頼りになる男を演出しましょう。
「怖かったら俺が守ってあげるから」感を出して、彼女をサポートしましょう。

絶叫マシンは、女性よりも男性の方が苦手としている?

絶叫マシンについて、30組のカップルにアンケートを取ったところ、なんと30組中、24組が女性の方が絶叫マシンが好きという結果でした。
絶叫マシンが苦手という男性は多いだろうなと予想はしていましたが、男女で大きく差が出た結果でした。

では、実際に絶叫マシンに乗っているカップルを観察してみます。
乗っている姿を見ていると、大声で叫ぶ女子が多いことに気付きます。

この叫ぶことは絶叫マシンが好きということに関係しているのでしょうか。

脳科学の専門家は次のように話します。
叫ぶことは、脳に2つの効果を生み出します。
一つは叫ぶことによってストレスが緩和されて恐怖心を軽減することができます。
もう一つは、脳内にドーパミンと言う快楽物質が出て、楽しく感じます。

これに対して、男性は叫ぶ人は少ないようです。その理由は何なのでしょうか。

絶叫マシンが苦手と自覚している男性でも、やはり叫ぶのは恥ずかしいと思い、声を出せないようです。
その結果、恐怖心が強くなってしまうのです。

絶叫マシンが苦手な男性と絶叫マシンが好きな女性が付き合ったら

絶叫マシンが苦手な男性と、絶叫マシンが好きな女性が付き合ったら、どうなるのでしょうか。

絶叫マシンが苦手な男性との付き合いは続いた

20代の女性の話をご紹介します。

彼が絶叫マシンが苦手と言うのは、始めて遊園地に行った時から知っていましたが、たまに無理を言って一緒に乗ってもらいました。
彼は頑張って一緒に乗ってくれたのですが、降りるときはいつもフラフラ…。
私から見ると、その姿がなんだかかわいくて(笑)。

彼にはちょっと悪い事をしたかなぁと思ったりもしますが、たまにいじめてみたくなっちゃいます。
彼とは、年内に結婚の予定です。

絶叫マシンが苦手な男性と結婚した

30代の女性は、彼と結婚しました。

私は、遊園地と言えばジェットコースターというくらい絶叫系が大好きで、遊園地に行けば何度も乗っていました。
しかし、彼は子供向けのコースターでさえ、苦手な人。

彼の口からは「苦手」とは言っていませんでしたが、乗った後の彼を見ていれば、苦手ということが一目瞭然でした。

彼と結婚しましたが、子供ができてからの遊園地デートは、彼に子供を見ててもらい、私は絶叫系を楽しんでいます。

絶叫マシンが苦手なのに、どうして遊園地に行くのか聞いてみた!

では、男性に絶叫マシンが苦手なのに、どうして遊園地に行くことをOKしたのか聞いてみました。

苦手だけど断れなかった

  • 強制的に連れて行かれた
  • 誘われて断り切れなかった

絶叫マシン以外は好き

  • 絶叫マシン系は苦手だけど、それ以外の乗り物は好き
  • みんなと一緒にどこかに行くのは好きだから
  • 彼女と一緒にいられるなら、それだけで楽しい

また、彼女が絶叫マシンに一人で乗っている時に、あなたは何をしていますか、という質問には「ベンチに座って待っている」や、「荷物番をしている」とか「彼女の写真をとってあげている」などと過ごす方が多いようです。

中には「別のゆるめの乗り物に乗っていた」という男性もいました。

絶叫マシンが苦手な男子が、遊園地デートをする際の心構え

絶叫マシンが苦手な男性は、「彼女に絶叫マシンが苦手、なんて言ったら嫌われないかなぁ…。男らしくないなんて思われないかなぁ…。」と不安に思うと思います。

しかし、実際にそれが原因で別れにつながるということはないでしょう。

彼女が「彼が絶叫マシンが苦手」とわかったとしても、逆に一緒に付き合ってくれてありがとうという気持ちにもなります。

そして、女性と言うのは、案外、フラフラになった彼の姿をかわいいなんて感じるようです。

遊園地のデートは絶叫マシンに乗ることが全てではありません。
いっしょにいる時間を楽しく過ごせるかどうか、乗り物を待っている時間も大切なコミュニケーションの時間です。

 - 結婚・恋愛

ページ
上部へ