弾む会話を目指すあなたにコミュニケーションのネタ帳

コミュステ

習い事を辞めたい社会人の皆さん!「辞めます」って言える勇気を

      2018/06/07

習い事を辞めたいと思いながらもズルズルと続けたり、活動に参加できないことを後ろめたく思っているなら、きっぱりやめてしまいましょう。

習い事ですから、同じ目的を持った人が集まるべきです。
あなたはもう、同じ目的は持っていないのですから、その集まりからは離れるべきです。

社会人らしく、自分の行動に責任を持つべきなのです。
辞めるのも、続けるのも自己責任です。辞めると言える勇気を持ちましょう!

スポンサーリンク

  この記事の関連記事

スポンサーリンク

習い事を辞めたい!でも、社会人にもなって、辞めるってどうなの?

習い事を始める時の熱い気持ちを思い返すと、今「辞めようかな…」と思ってい居ることに恥ずかしさを感じていませんか?

でも、仕方ありません。
楽しいと思えないことや、生活の負担になっていることに、お金と時間を費やすのはやめましょう。

例えば、あなたが今辞めたいと思っている習い事が「カルチャースクール」なら、入会した時にもらったであろう入会規則をよく読んでみてください。
『退会』についての事項が記載されているはずです。
そこに従って、辞める手続きをすればいいのです。

個人レッスンのような習い事をしている場合には、先生に直接通い続けられなくなったということを告げる形で、辞めることになると思います。
もし、資格取得を目指している様な習い事なら、その資格を受験するまでは頑張って欲しいものです。
受験して、不合格なら仕方ありませんし、受験して合格したならその習い事をしていた証になりますからね。

習い事ってみんなどの位続けているの?辞めたいと悩んでいる社会人の手習いについて

ある調査会社の調べによると、社会人になって始めた習い事、どの位続けましたか?と言う問いに、全体の約6割の人が「一年未満」と答えました。

社会人が習い事を辞めた理由について

  • 仕事との両立が思っているよりも難しかった。
  • 時間がない。
  • 飽きてしまった。
  • 人間関係のこじれ。
  • 思った以上にお金がかかってしまった。
    などが、一年未満に習い事をやめてしまった理由でした。

新しいことを始めよう!とテンションが高いうちはいいのかもしれませんが、いざ始めて現実をしり、思うように上達せず、お金も時間もかかる現実を突きつけられたら、そう長くは続けられないのかもしれませんね。

習い事自体は、楽しかったけれど、講師や先生との相性が悪かったり、困ったちゃんがクラスに居たりすると、習い事のモチベーションは一気に下がってしまいますよね?

また、会社の帰り道に立ち寄れるというのも、社会人が習い事を続ける上では重要なポイントなのかもしれません。

ノリやキャンペーンなどのタイミングで始めるのではなく、しっかりと続けられるのかを見極めてから始めるようにしましょう。

習い事を辞めたい!社会人だからこそ、目的意識をもって活動できなければやめるべき。

個人主義ではない、サークル的な習い事だと周りに迷惑を掛けてしまうと思い、なかなか『辞める』と言い出せずに困ってはいませんか?

そのような気持でいると、中途半端に習い事に参加することになってはしまいませんか?

そういった気持ちで在籍し続けると、会全体のモチベーションを下げてしまいますよ。

いくら、社会人の習い事でプロじゃないとはいえ、お金と時間を費やして真剣に取り組んでいることです。

目的意識をもって活動することができないのなら、きっぱりと辞めるべきです。

参加せずにズルズル在籍だけするのはやめよう。

参加した後に、自分とは方向性の違うチームに所属してしまうことがありますよね?
そんな時は、気付いた時点でチームから脱退しましょう。

チームプレーと言うものは、同じ方向を向かなければ個々の実力や能力がいくら高くても結果を出すことができません。

スポーツだと、試合や勝利が続けるモチベーションになると思います。
どんなに努力しても、まとまりがないことにより、グダグダな試合を続けていては、そのチーム全体の存続危機にもなりかねません。

自分が悪者になりたくない一心でしがみついたところで、時間とお金と労力を無駄にするだけです。
したくないことを続けることに心を砕くよりも、辞めることを頑張って、違う道を探し続けることに労力を使うようにしましょう。

チームのみんなも違和感を感じているし、辞めると言っても誰も引き留めないと思いますよ。

続けたいけど、続けられない理由もある。

社会人になってからの習い事って、不思議な出会いをもたらしてくれることがありますよね?

同じことに興味があるけど、年齢やバックグラウンドが全く異なる人たちの集まりだったりします。
同じことに興味はあっても、その目的意識が違うこともあるし、方向性が別だということもあります。

小学校や中学校とは違い、自分の意志がなければ続けることができないのが習い事です。また、転勤・結婚・出産・子育て・介護など、自分の意志とは関係のない都合で、続けたくても続けられなくなってしまうことが起きてしまいます。

しなければならないことではなく、自分が追求したいことを自分の意志で、そして自分の都合だけではなく、仕事や生活、役割などとすり合わせながら続けることって、結構難しいと思います。

誰かに何かを教えてもらい習得するって、思っているよりも大変な事なんです。
一度決めたら、頑張って習得し続けることが社会人としてあるべき姿なのかもしれませんが、生活や人生の負担になっているのなら、きっぱりと辞めることも社会人としての責任の取り方なのではないのでしょうか?

 - 生活・ライフスタイル

ページ
上部へ