弾む会話を目指すあなたにコミュニケーションのネタ帳

コミュステ

社交ダンスのパートナーとの恋愛について教えます

      2018/06/07

社交ダンスのパートナーとの恋愛について教えます

社交ダンスで競技に出場するパートナーとは毎日のように練習をします。

社交ダンスのパートナーとは恋愛関係にあったり、結婚しているカップルは多いのです。また、社交ダンスの教室に通い、パートナーとなってから交際が始まる人もいます。

社交ダンスのパートナーとの恋愛について調べてまとめてみましたので参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

  この記事の関連記事

スポンサーリンク

社交ダンスのパートナーとは恋愛関係?結婚している人が多い?

社交ダンスのプロの人の中には、パートナーと恋愛関係にあったり結婚しているという人も結構多くいます。

どうしてかというと、仕事とプライベートの時間を共有することが多いですし、メリットもあるからです。むしろ、パートナーを選ぶ時点からプライベートも一緒にいることを考えて選んでいるのです。

そうしたことから、自然と恋愛関係に発展することも多いのでしょう。

しかし、最近の若手プロの場合、あくまでもビジネスパートナーとして割り切っている人も多いようです。夫婦で別のパートナーと組んでいるところもあるようで、プロの世界も少し変わりつつあるようです。

また、お互いに社交ダンスをやっていれば良いのですが、自分の恋人が社交ダンスをやっていて異性のパートナーと密着している姿を見ると、どうしても嫉妬心が生まれてしまうことでしょう。

ボディタッチも多く、目と目と合わせて・・・。まるで恋人かのようです。

しかし、あくまでもビジネスパートナーとして割り切っている人も多いので安心してください。ダンスが好きでやっていて、たまたまパートナーが異性というだけのことです。

社交ダンスのパートナーとの恋愛は本当にある?

競技ダンサーは、パートナーに余計な感情を抱いて成績が悪くなることを恐れ、「ダンスとプライベートは分けて考える」としている人も多いようです。

ただ、社交ダンスは男女の関係を表現する競技でもあるため、恋愛関係にあった方が上位を目指せるかもと考えて実際に恋愛に発展するカップルもいます。

そうして上手くいくカップルもいれば、やっぱり破局してしまうカップルもいます。

パートナーと恋愛に発展する理由は「密着して踊っているから」「目が合うから」といったものではありません。「同じ目標に向かっている」「同じ価値観で目指している」といったことが恋愛感情に発展する理由となるのです。

では、社交ダンスのプロとアマチュアではその感性に違いはあるのでしょうか?

同じ人間である以上、感性に大きな違いがあるとは言えません。しかし、やはりプロの方が慎重であるのは確かです。

アマチュアの場合はそもそも趣味(遊び)でやっている場合も多い為、恋愛に発展して万が一破局してしまった場合でもまた新たにパートナーを選べば良いだけなのです。

しかしプロの場合は、何か変なことが起こってしまうと仕事が無くなって、生活に支障をきたす可能性まで出てきてしまうのです。そのため、そんなに簡単に恋愛感情を抱くことも出来ません。そしてもし恋愛感情を抱いた場合でも、それを表に出すことにはリスクが伴っているのです。

社交ダンスのパートナーは情熱的な人が多い?恋愛に発展する?

社交ダンスというのは、とても華やかな世界です。女性は綺麗なドレスを着て、男性も燕尾服を着こなして腰に手を回し、共に手を取り合って踊ります。衣装や状況には不思議な力があり、それを着て役割を果たすだけでいつもとは違う魅力を相手に感じさせることが出来てしまうのです。

そういった状況で男女がパートナーとなって踊るのですから、そこに恋愛感情が生まれても何ら不思議なことではありません。そしてダンスをする際には感情を込めて、情熱的に抱き合ったり見つめあったりする必要があります。

人間は不思議なもので、もし相手に恋愛感情を抱いて無かった場合でも、まるで恋人同士であるかのような演技をすることでその雰囲気に呑まれてしまうことがあります。気が付けば恋愛感情を抱いてしまうことがあるのです。

社交ダンスをする際、パートナーとは恋人関係や夫婦関係に無かったとしても、一時的でもそういった認識でダンスをする必要があります。ダンスとプライベートは別と考える人も多いでしょうが、良いダンスをするためにはダンスをしている間だけでも相手にそういった感情を抱くと良いとされています。

社交ダンスの教室でパートナーとなり交際する人もいる?

僕が彼女と出会ったのは、社交ダンス教室です。

僕の親は長年社交ダンスをしていて、その関係で自分も幼い頃から教室によく足を運んでいました。そこまで真面目に取り組んでいたわけではないのですが、初心者に教えることは出来るくらいのレベルでした。

その教室に来る人はみんな自分の親世代の人ばかりだったので、まさかこの場所をきっかけに彼女が出来るなんて思ってもいませんでした。

この教室は結構本気でやっている人たちも多くて、大会が近づくと先生はそちらにかかりっきり。その為、大会が近づくその時期は僕が初心者を教えるようにヘルプを頼まれていたのです。

彼女が入会してきたのは、まさにそういった時期でした。彼女が教室に通い始め、毎回2時間くらい一緒に練習をしました。そうしているうちに、徐々に距離は縮まっていきました。

そして彼女は30代と他の会員さんより若く、自然と僕のダンスパートナーになったので、それも距離が近くなった理由の一つです。

社交ダンスのパートナーの選び方の条件は?

パートナーと性格や考え方が合うこと

いくらダンスの上手な相手だとしても、性格や考え方が合わないと上手くやっていけません。もちろんある程度妥協することも大切ですが、あまりにも性格や考え方が違う場合には長続きしないでしょう。ペアを組む前に、その点は確認するようにしましょう。

パートナーと目標が共有できること

パートナーを選ぶ時には、目標の共有をしておく必要があります。趣味程度のものなのか?パーティーで踊りたいのか?大会を目指すのか?自分たちがどの方向へ進みたいかを共有することで、練習もスムーズに進むことでしょう。

パートナーと練習時間や場所を共有できること

毎日一緒に練習する必要まではありませんが、週に何回、月に何回というペースできちんと練習できる相手とペアを組まなくては、意味がありません。ペアを組む前に、この点もきちんと共有しなくてはいけないでしょう。

家族や恋人の理解があること

ペアの相手に家族や恋人がいる場合には、そちらの理解を得る必要があります。ここを疎かにしてしまうと、後でややこしいことになる可能性もあるので要注意です。

 - 結婚・恋愛

ページ
上部へ