弾む会話を目指すあなたにコミュニケーションのネタ帳

コミュステ

香水の匂いの消し方!匂いに困ってもこれで大丈夫!

      2018/06/07

香水の匂いの消し方!匂いに困ってもこれで大丈夫!

香水の匂いが好きな人もいれば当然苦手な人もいます。香水をつけすぎて匂いを消したいこともありますし、外出先で衣服に香水の匂いがついて困ってしまうこともあります。

そこで今回は、香水の匂いの消し方について調べてみました。ケースによって匂いの消し方も違いますので、ぜひ試してみてください。

また、正しい香水の付け方や香水の種類も調べましたので合わせてご覧ください。

スポンサーリンク

  この記事の関連記事

スポンサーリンク

服についた香水の匂いをなんとかしたい!消し方は?

香水の匂いって付け過ぎると、すごく匂いが気になることってありますよね。

これって、自分が思っている以上に周りは気になっているかもしれませんよ。

それに、香水の匂いが服に付いてしまうとずっとその匂いが残ってしまうこともあり得ます。

そんな時に、どうすれば気になる香水の匂いを消すことができるのでしょうか?

例えば、洗濯をして香水の匂いを消すには、その服の洗濯方法をきちんと確認してから洗濯しましょう。

それから、重曹を入れたお湯で優しく手洗いすると匂いを消すこともできますよ。

また、服に付いた香水の匂いを消すには、風通しの良い場所に干してしっかりと乾かすといいでしょう。

それでも匂いが取れない場合は、スチームアイロンを当てることによって、蒸気で匂いを飛ばす方法もオススメですよ。

ぜひ試してみてくださいね!

部屋に残る香水の匂い・・・。試したい3つの消し方とは

香水の匂いって、服だけではなく、その部屋にも匂いが残りますよね。

そんな部屋に残った香水の匂いを消すにはどうしたらいいのでしょうか?

まずは、すぐに窓を開けるなど、部屋の換気をしましょう。

例えば、うっかり香水の瓶を割ってしまったときなんかは、すぐにその片づけをしてしまいがちですが、それよりも先に部屋の換気をすることをオススメします。

それから、こぼれてしまった香水ですが、急いで拭いてしまいがちですよね。

でも、これは余計に香水の匂いを広げてしまう原因になります。

ですから、香水を布などに吸い込ませるようにそっと押さえて拭き取りましょう。

もちろんその布をそのまま放置していると、匂いは部屋中に充満してしまいます。

香水を拭き取った布は、ビニール袋などに入れて、外に匂いが漏れないように注意しましょう。

もしも、床に香水の匂いが付いてしまった場合は、消毒用のアルコールをキッチンペーパーなどに染み込ませて香水の付いてしまった床を拭きましょう。

アルコールによって香水の匂いを消すことができますよ。

体につけすぎた香水の匂いの消し方は?

体にうっかり香水を付け過ぎてしまうこともあるでしょう。

例えば、首筋や体に付け過ぎてしまった場合は、シャワーで洗い流すのが一番です。

もしくは、急いでいてそんな時間がないというときは、アルコール除菌タイプのウェットティッシュで拭き取りましょう。

また、手首に香水を付け過ぎてしまったときは、水で洗い流せば問題ありません。

このとき、食器用洗剤を使って洗うと、スッキリと香水の匂いも消してくれますよ。

その他、服に直接香水をスプレーしたというときは、すぐに匂いを消すのは難しいでしょう。

ハンガーにかけてしばらく吊るしておけば、だんだん匂いは薄れていきます。

ですから、香水を付けた日なんかは、その日着ていた服は一度ハンガーにかけておいて、しばらく匂いが消えるように干しておくといいですよ。

ほのかな香水の匂いを目指そう!上手な香水の付け方は?

香水ってほのかに匂いがするくらいが、ちょうどいいんですよね。

ほのかに香りがするくらいだと、周りも気分がいいはずです。

では、そんな上手な香水の付け方とはどうしたらいいのでしょうか?

まず、香水の付ける場所ですが、耳の後ろやうなじに付けるのがオススメですよ。

耳の後ろやうなじって太い血管が通ってるんです。

香水はそんな太い血管が通っている場所に付けるとほんのり香りやすくなるんですよね。

なので、一度指先などにちょっと付けた香水を耳の後ろやうなじに付けるといいでしょう。

また、腕やひじの内側に香水を付けるのもオススメです。

腕やひじの内側って日常生活の中で動かすことが多い部分ですよね。

ですから、動きによってほのかに香りが漂うんです。

これで、女性らしさもアピールできちゃいますよ!

香水にはどんな匂いがあるの?種類をチェック!

香水には、いろんな匂いがありますよね。

では、気になる香水の匂いの種類についてご紹介いたします。

まず、定番の香水の匂いと言えば、フローラル系です。

これは、その名の通り花の香りを調合したものです。

優雅で華やかな、まさに女性らしい雰囲気になれるでしょう。

それから、甘く、セクシーな香りと言えば、オリエンタル系です。

これは、ムスクやスパイスなどをブレンドしたどこかエキゾチックな香りになります。

また、柑橘系などの爽やかなシプレ系がお好きな人もいますよね。

清潔感のある香りでリフレッシュすることができるでしょう。

このように、香水にはいろんな種類がありますので、自分のなりたい女性像やその日の気分に合わせて香りを選ぶといいですよ。

 - 生活・ライフスタイル

ページ
上部へ