弾む会話を目指すあなたにコミュニケーションのネタ帳

コミュステ

コンセントの差し込みがゆるいとどうなる?対処法もご紹介

      2018/06/06

コンセントの差し込みがゆるいとどうなる?対処法もご紹介

普段ないげなくコンセントにプラグを差して電子機器を使っていると思いますが、コンセントの差し込み口って気にしていますか?ゆるくなっていませんか?

コンセントの差し込みがゆるいととても危険です。ゆるくなっている場合にはしっかり対処しましょう。

差し込みがゆるいとどんな事が起こるのかや対処法についてなどをご紹介していきます。

スポンサーリンク

  この記事の関連記事

スポンサーリンク

コンセントの差し込みがゆるいと危険です!

接触部加熱

配線や電子機器の接続箇所が緩んでしまうと「接触抵抗」が増加することで加熱し、最悪出火の恐れが生じます。

プラグの指し込み方が不十分なときでも発熱・発火にいたる危険性があるので、家電をしようするときはプラグをしっかりと挿し込みましょう。

過電流

「過電流」と聞くとなんのことかわからないかもしれませんが、一般的に過電流のトラブルが起きやすいのは「タコ足配線」によるものです。

コンセントやテーブルタップ、延長コードなどは、どれくらいの電流を流しても良いかという定格容量(許容電流)が決まっています。

タコ足配線で、多くのコンセントを使用すると、その容量を超えてしまい「過電流」の状態になるのです。

発熱・発火して火災を引き起こすこともあります。

タコ足配線はしていなくても、調理器具自体の消費電力やコードの許容電流はときどき確認するようにしましょう。

コンセントの差し込みがゆるいとトラッキング現象が起こる?

トラッキング現象とは?

プラグの部分にホコリが溜まり、そこから発火することを「トラッキング現象」と呼びます。

長年差しっぱなしで使う家電の場合、いつの間にか指し込みがゆるみ、その間にホコリがたまることがあります。

ホコリが湿気を呼び込むかたちで湿ってしまい、プラグの両極で火花放電が繰り返され、やがて発火してしまう現象です。

これは、しっかりと挿し込んだプラグでも発生する可能性があり、注意が必要です。

トラッキング現象を防ぐためには?

掃除のときに、プラグがきちんと指し込まれているか確認し、長期間差しっぱなしのものも、時々ホコリをブロワーで吹き飛ばすなどするといいでしょう。

最近はホームセンターなどで、プラグのホコリ防止カバーも売られていますので、ホコリが立ちやすい場所などは利用してみてはいかがでしょうか。

また、使用していないコンセントに差し込むキャップなどもあります。

コンセントの差し込みがゆるい場合の対処法

コンセントの指し込みが緩く、深く差し込んでも浮いてしまうことがあります。

また、頻繁に抜き差しを繰り返すコンセントは、摩耗により緩くなってしまうこともあるのです。

すぐに抜けてしまうようでは、非常に不便ですし、また安全性にも問題が生じるので、早めに対処しましょう。

賃貸住宅の場合はどう対処する?

賃貸住宅など、壁のコンセントを簡単に交換できない場合には、差込プラグの端子を少し広げる、または狭めるとコンセントから抜けにくくなります。

この場合、プラグの金属部分はかなり固いので指でつまんだ程度では曲げることはできません。

道具が何もない場合は、硬貨を利用するなど力の加え方を工夫します。

ただし、何度もプラグを歪ませると破損や事故の原因にもなりかねません。

延長コードを利用して、電気機器のプラグ端子自体には影響を及ぼさないようにした方がいいでしょう。

差し込みがゆるいとコンセントの故障の原因にもなる

電源タップは一見複雑な機構が無く、そうそう壊れるものには見えません。

古い家の中には何十年と使い続けているものもあるのではないでしょうか。

しかし、電源コードは「消耗品」。定期的に交換することが安全に使うポイントです。

コンセントを故障させないためのポイント

使用状況にもよりますが、1年に1回は点検を行い、異常があればすぐに新しいものと交換しましょう。

コードを動かすと、使用中の家電の電源が勝手に切り替わるったり、抜き差しが緩いなどの不具合はありませんか?

外見は異常がなくとも内部で不具合が起きている可能性があります。

電源プラグを抜いたとき、栓刃の先が焦げている・溶けているといった場合はトラッキングの原因になります。

本体・コードにひび割れやキズがあった場合は、すでに使うべきではないような状態です。

ちょっとした異常であっても、電源の異常は火災にも直結しますので、速やかに交換するようにしてください。

コンセントの掃除の方法について

コンセントの掃除は、まず二つの指し込み口にホコリが溜まっていないかを確認します。

もし溜まったホコリが見えたら掃除機の出番です。

このとき、安全のためにブレーカーを落としてから行ってください。

掃除機に付属している先端が細くなっているノズルを使い、「片方の穴ずつ」掃除機を使って内部にたっまたホコリを吸い出します。

そのとき、コンセントの表面が汚れていたら、乾拭き程度でいいのでキレイにしましょう。

油汚れが合ったら、カバーを外してしっかりと汚れを落としたいところです。

外したカバーは、住宅用洗剤を拭きつけて汚れを拭き取り、乾拭きして乾燥させてから摂りつけます。

コンセントを外したぶぶんや差込口などは、絶対に濡らさないように注意してください。

もし、洗剤などがとびっちたりした場合は、電気屋を呼ぶなど専門家に相談してみましょう。

 - 生活・ライフスタイル

ページ
上部へ