弾む会話を目指すあなたにコミュニケーションのネタ帳

コミュステ

幼稚園や保育園での途中入園での入園式はある?その疑問を検証!

      2018/06/07

幼稚園や保育園での途中入園での入園式はある?その疑問を検証!

転勤族や、家計状況での幼稚園への途中入園をどうしたらよいのかと悩む保護者の方も多いかと思います。

途中入園を考えた際、入園式はあるのでしょうか?園によって違いはあるようですが、ここではそんな疑問について調べまとめてみました。

また途中入園でのメリット・デメリットについても合わせてご紹介します。

スポンサーリンク

  この記事の関連記事

スポンサーリンク

幼稚園を途中入園した子どもの入園式は対象にはならない?

幼稚園の入園式は、ほとんどのところが4月に行うところがほとんどです。
もし、途中入園した子どもの場合は入園式は対象にはなるのか?と思う親御さんもいるかと思います。

調べていくとほとんどがやはり4月の入園式1回のみのところが多いようです。
しかし、こればかりは幼稚園の方針もあるので、問い合わせるしかな方法はないかと思います。

もしかしたら子供達だけで写真を撮ってくれることもあるかもしれませんし、途中入園の子供と園長先生や職員の先生と写真を撮ってくれる場合も、あるかもしれません。

転勤族の場合、旦那さんの転勤先が4月の下旬などの異動など中途半端な場合、4月に入園をさせられないと言う場合もありますので、お子さんの入園式に間に合わず途中入園の場合には、入園式に出られないご家庭もあるかと思います。

その際には事前に幼稚園に途中入園した子どもは、入園式は対象にはならないのかどうかを聞いておくことをおすすめします。

幼稚園での途中入園での入園式はないのが当たり前?こんな方法もある

年少の子供を持つ元幼稚園教諭のAさんは旦那さんが転勤族で、お子さんが年少の6月に転勤による転居予定があり途中入園になってしまうことから、年長から入園させるか、2学期から途中入園させるか悩んだ結果、子供の性格を考え2学期から途中入園させることを決めたそうです。

その理由は子供が引っ込み思案な性格で、人見知り場所見知りがあることから、年長まで集団生活がないままだと、不安を感じたからです。

今までの幼稚園教諭時代を振り返ってみると、自分が幼稚園経論をしていた際の経験上、年中さんでもどんなに慣れた幼稚園でも、新しい環境に戸惑い、新しいクラスに落ち着くまで時間がかかる子供が多いのです。

4月からの入園よりも、年度途中の入園の方が、新入園児へのフォローは手厚くしている幼稚園が多いため、そう決めました。

また、入園式の写真がないのはやはり寂しいので、翌年の入園式に参加させてもらうようにお願いをし、1年遅れではありましたが体験することができて良かったです。

保育園や幼稚園での途中入園での場合、入園式は行われるの?

上記の記事で途中入園の場合、入園式の有無についてご紹介しましたが、結局は入園式が行われることはないことが、わかりました。

それは保育園や幼稚園の方針によって違いはあるようですが、途中入園の場合は入園式は行わることがありませんし、4月の時点で入園は決まっているが転勤族で通うのが5月の場合などは、園から途中入園の場合『入園式は行いませんが、どうしますか?』と聞かれることが多いようです。

なので、途中入園の場合は特別な入園式を開かないことが一般的とされています。

また途中入園のお子さんを対象に、次年度の入園式に参加するかどうか聞いてくれる園もあるようなので、気になる方はお子さんが入園する園に、直接尋ねてみると良いでしょう。

幼稚園の途中入園で、子供への気を付けなければならない注意点

子どもは順応が早いので、途中入園でもすぐに馴染むことができます。
しかしお子さんにとっても、大きな環境の変化となり、よほど社交的な子でない限り初めて乗るバス、教室、お友達に戸惑い、幼稚園についてからのルールがわからずに困ってしまうこともあり、不安をかかえるのは間違いありません。
幼稚園側でも配慮はしてくれるかと思いますし、クラスのお友達にいろいろ教えてあげるようにも、促してくれるでしょう。

しかしお子さんが幼稚園から帰ってきて、不安を言うようであれば積極的にコミュニケーションをとれてないことが考えられますので、その時には先生にお願いしてフォローしてもらうようにしましょう。

もし見送る時にママが心配そうな顔していたら、子供にも当然わかってしまうので、ママが積極的にバス乗り場でのお友達に積極的に挨拶をし、幼稚園は楽しいところだよ!と笑顔で送り出してあげるのも大切です。

そうすることで、子供もママのようにお友達と話せるきっかけ作りとなり楽しく幼稚園に通うことができるようになるのです。

幼稚園へ途中入園させる時のメリットとデメリット

子供を幼稚園へ途中入園させる時、たくさん不安を感じるにはママと同じように子供も不安を感じています。

そんな幼稚園へ途中入園させる時のメリットとデメリットとはどんなことがあるのかについて調べてみました。

幼稚園へ途中入園させる時のメリット

  • 環境が変わることにより、良い変化が生まれる場合がある。
  • 先生やお友達と新しい関係づくりを始められる。
  • 今までの幼稚園の教育方針とは違い、新しいカリキュラムでの子供の興味を引き出すことができる。
  • 前の幼稚園で問題やトラブルがあった場合、リセットすることができる。

幼稚園へ途中入園させる時のデメリット

  • 子どもが環境の変化に対応できるか不安。
  • 慣れ親しんだ環境でのお友達と離れる事は、子供にとって辛い環境でもある。
  • 行きたいと思う、希望の幼稚園に入園できるとは限らない。
  • 入学金・制服・保育用品代はすべて購入しなけらばならなく、費用がかかる。

こうしたメリットもデメリットを踏まえ転園・途中入園は決める前によく考えましょう。

 - 子育て・教育

ページ
上部へ