弾む会話を目指すあなたにコミュニケーションのネタ帳

コミュステ

新車の車検証の発行は納車と同じ日?豆知識でお得情報をGET!

      2018/06/21

新車の車検証の発行は納車と同じ日?豆知識でお得情報をGET!

新車を購入する時には、なるばく早く納車してもらいたいものですが、ディーラーさんの都合により納車や車検証の発行にかかる時間は、さまざまです。

今回ここでは、車が納車されるまでの時間や車検証の発行にかかる日数や時間などについて調べまとめてみました。

豆知識のお役立ち情報を知っておくと、先に任意保険の見積もりをしておくこともできますよ。

スポンサーリンク

  この記事の関連記事

スポンサーリンク

新車の車検証の発行は、車とどちらが先にできるもの?

新車の契約が完了し、納車させるまでは割と時間ががかかると言われていますが、これはディラーさんの手続きの仕方や、混み合っている場合や、その車種にもよるかと思います。大きな買い物と言うこともあり、なるべく早く納車されると嬉しいものですよね。

また新車を購入した場合、保険の手続きや車庫証明の手続き等もあることから車検証だけ早くもらえないものかとも感じますよね。

新車の車検証が発行されるタイミング

しかし新車の場合には、車が完成し車の製造番号がメーカーから発行されないと、車検の新規検査の登録ができない為、新車が出来上がっていることが前提となってしまうのです。

なのでどちらが先にできるのかは、ディーラーさんによって違いはあるけど一般的には、新車が完成しないと車検証も出来上がってはこない、というふうに思っていたほうが良さそうです。

新車の車検証の発行と、車が納車されるまでの時間はどのくらい?

新車を購入した場合、いち早く納車が待ち遠しいものですが車が納車されるまでの時間はおおよそどのくらいが目安なのでしょうか?

今回ここでは、車が納車されるまでの流れについてご紹介します。

  1. 普通自動車の場合、管轄の陸運支局へ、車の製造番号である車台・購入者の氏名・車庫保管場所を提出
  2. 車検証とナンバープレートが発行され、車が国土交通省に登録されます。

※軽自動車の場合は登録でなく軽自動車検査協会へ届け出をします。

この際に登録手続きの大きなポイントとされるのが、車台番号は車の製造が完了してからでないと発行されないと言われています。

車台番号が発行されると、陸運支局で申請手続きを行うことができ、車検証・ナンバープレートはその日のうちにすぐ発行することができるのです。

車が納車されるまでの時間は、車台番号が発行されさえすれば、登録にかかる日数はそんなにかかりません。

納車と車検証は同じ日に発行される?先に任意保険に見積もりをする際に車検証を入手する方法はある?

車が納車されないと車検証をもらうことはできないと思っていませんか?
できれば保険や車庫証明のこともあり、早めにもらいたいですよね。

手続きのために事前に知りたい事を伝えておく

そんな時には、まずディーラーさんに車体番号がわかり次第、納車前に保険や車庫証明の手続きをとりたいので、事前に教えてほしいと伝えると、ほとんど先に教えてくれます。

これは私の体験談ですが、納車日はまだ先の話であっても、 ディーラーさんに確認すると検査が数日後に完了するので、その時点でFAXにて情報を送ってくれるとおっしゃってくれました。

あくまでも車検証の引渡しになるのは、原則として車が納車される日ですが事情を伝えることで納車前にディーラーによっては、車検証を先に渡してくれることもあるようです。

まだかな、まだかな?と気を揉むよりも車を購入する際に先に聞いておくのも良いかもしれませんね。

新車購入時に任意保険に加入するタイミングはどのようにするべき?

新車が手元に届くと同時に、乗るその日から車の任意保険に加入していると安心して車に乗ることができますよね。

しかし車検証がないとその手続きが自体が困難となる為、どのタイミングで保険に加入すれば良いのでしょうか?

先ほどの記事でもご紹介したように、車体の登録番号がわかった時点で車検証を作ってもらうことができるので納車日の前にディーラーから「車検証のコピー」をもらうようにお願いをしておきましょう。

ディーラーの担当者の方に、登録が完了したら車検証のコピーを送って下さい。と伝えておけば、車の納車日と同時に保険加入に間に合わせることができます。気をつけたい注意点としては、納車日を間違えないように、しっかりと確認をするようにしておきましょう。

新車が納車される最短の日数はどのくらい?

新車が納車されるだいたいの日数はどのくらいなのでしょうか?
購入した車種にもよるのでしょうが、早ければ早いほど嬉しいですよね。

だいたいは新車を購入する時に、工場やメーカーに事前に在庫があるかどうかの状況をディラーが確認をしてくれることと思います。

その際に在庫があると想定し納車されるまでを考えると、最短で10日間前後の納車が可能になることもあるようです。

その流れとしては以下の通りになります。

1日目 管轄警察署で車庫証明をしてもらう。

6日目 警察で車庫証明発行を行い、取りに行く。

7日目 午前中に陸運局へ書類を提すると、PM15時以降に車検証を受領できる。

これを担当のディーラーにプッシュします。

あくまでも最短の納車手続きと考えた場合であり、これがこのように全てスムーズに行くとは限りません。書類手続きと並行して行われますので、最短納期は10日前後です。
良心的なディーラーさんだとこのような手続きを最短で行ってくれることもありますが、お店の繁忙状況もあるので、あまり無理にお願いはせずに、やんわりと早く納車してほしいのでと伝えてみるようにしてください。

 - 知識・雑学

ページ
上部へ