弾む会話を目指すあなたにコミュニケーションのネタ帳

コミュステ

空き缶を灰皿代わりにした時は捨て方に注意をしましょう

      2018/06/18

空き缶を灰皿代わりにした時は捨て方に注意をしましょう

外でタバコを吸う時など灰皿が見当たらなくて、空き缶を灰皿代わりにする事があるようです。

そんな時は捨て方に注意!そのまま捨てるのはマナー違反ですよ。

ゴミを回収した際のリサイクル業者では、空き缶は軽くすすいで捨てるようにと言っています。

空き缶を灰皿の代わりにする時は、その後必ず吸い殻の処理を行いましょう。

スポンサーリンク

  この記事の関連記事

スポンサーリンク

空き缶を灰皿代わりにした時の捨て方は?そのままゴミに出すのはNG!

空き缶は綺麗にしてから捨てるもの

同じゴミなのだからと、空き缶にタバコの吸い殻を入れたままゴミ箱にポイッと捨ててしまう方がいます。

しかし空き缶をリサイクルのゴミとして業者に出す場合には、中身をゆすいで捨てなければいけません。

普段の飲み物だってそうしなければいけないのですから、空き缶の中に吸い殻を入れたままなんてマナー違反です。

リサイクル業者の方々も空き缶をリサイクルゴミとして出すときには、吸い殻を入れたままで出されると資源として再生する事が出来ません。と話しています。

また業者の人がやってくれるはず!なんていうのも言い訳にしかすぎませんよね。

リサイクルできるからといった理由で、空き缶は有料ゴミではなく無料で引き取ってもらっているのですからルールはしっかりと守らなければダメです。

空き缶はすすいでリサイクルゴミへ、中の吸い殻は可燃ごみとして処理をしてください。

空き缶の灰皿は捨て方が面倒!掃除をする人の意見

空き缶を一時的に灰皿の代わりに使ったとしても、キチンと自分でゴミを分けて処理をするのであれば問題はないはずです。

しかし問題とされているのは、そのままゴミとして捨てて人に処理をしてもらっているという事。

会社の休憩室でこのような事をすると、休憩室を掃除する人が困ります。

空き缶の中の吸い殻を取り出してゴミを分別する。台所などで行う事が多いでしょうからしばらくの間は台所がタバコ臭くなる事でしょう。

それが毎日続くと、いくら仕事とはいえイヤになってしまいますよね。だってみんながマナーを守ってくれれば、こんな余計な作業はしなくてもいいんですから他の作業に時間を使う事が出来ます。

また空き缶を灰皿がわりに使うのですから、灰皿がない変わりに使用していると思いますよね?でもそうじゃないのです。

キチンと休憩室には大きな灰皿が置いてあるのに、空き缶に吸い殻を捨てる!

掃除をする人の気持ちになって欲しいと思うのが本音です。

こんな空き缶灰皿なら、吸い殻の捨て方も普通の灰皿とかわりません

空き缶を灰皿代わりにする方法

空き缶を本格的は灰皿にリメイクする事が出来ます!これなら空き缶に吸い殻を捨てても普通の灰皿と同じように処理する事が出来ます。

  1. まずはアルミ缶を金切りばさみで上部分だけ切り離します。そして灰皿の深さを決めて、そこを油性マジックでぐるりと線を引いて下さい。
  2. 次にその線に向かって、今度は縦方向にアルミ缶に切れ込みを入れていきます。この時切れ込みで作るひだの数は16本が作業のしやすい数です。
  3. そしてそのひだを根元から外側に向けて全て広げ、広げた先を今度は隣の根元めがけて2つ折りにしていってください。となりのひだの根元にはめ込んでいく感じです。

コレを全て行えば空き缶の灰皿の完成!アルミ缶やハサミで手を切らないように注意をして行ってくださいね。

ちなみに作りやすいのは薄いアルミ缶です♪

空き缶だけじゃない!ペットボトルを灰皿代わりにした時の捨て方

灰皿がわりに吸い殻を入れたままにしておくのは空き缶だけではありません。ペットボトルいっぱいに吸い殻を捨てる強者もいます。

もうこうなると、そのまま可燃ごみとして始末をしてしまうか?とも考えてしまいますが、キチンと分別して捨てる事にしました。

ペットボトルに吸殻をためるのは危険

ペットボトルにしっかりとキャップが締まっているような場合は、タバコの葉が発酵してしまい、ガスが発生している可能性があります。

一気にキャップを開けると炭酸飲料を振ってキャップを開けたのと同じ状況になりかねませんから、ゆっくりと少しずつガスを外に出すようにしましょう。

このガス、もちろん臭いです!タバコの吸い殻だけでも水に浸かると臭さが倍増しますが、発酵しているのでそれ以上の臭さです。

作業を行う時はマスク必衰!それでも臭いので2枚重ね付けがイイかもしれません。必ず臭い対策行ってくださいね。

ガス抜きを行ったら、いよいよペットボトルから吸い殻を出していくわけですが、小さな口から出す事はもちろん時間がかかりロスが大きすぎます。

ここはハサミやカッターを使って、十分手を切らないように気をつけながらカットしていきましょう。

ペットボトルの吸い殻を取り除いたら、後はペットボトルを洗ってリサイクルへ。吸い殻は可燃ごみに分けて終了です。

タバコの不始末が原因!?火事を起こさない為の灰皿の使い方

タバコの吸い殻の不始末が原因で火事になる事は少なくありません。

タバコの火は消えたと思っても付いている事があり、その火が他の吸い殻に燃え移る事もあります。

灰皿に吸い殻をためていっぱいにしておくと、火が他の吸い殻に燃え移った時に火種が灰皿から落ちて家事になってしまう事が考えられます。

タバコの吸殻で火事を起こさないための注意点

常に灰皿には水を張るようにして、吸い殻もこまめに捨てるようにしましょう。

またガラスの灰皿は熱によって割れてしまう可能性もあります。近くに燃えやすい物があれば一気に火は広まってしまうかもしれません。

タバコの火はつけたままにせずにしっかりと消してくださいね。

そして寝タバコはしない!布団に火種が落ちると燃える事はもちろんですが、消えたと思っても実はじわじわと燃え続けている事もあるんです。

布団に付いた火は、お風呂の残り湯などで丸ごと水に入れて消火して下さい。というテレビを見た事があります。それくらい恐ろしいという事なので寝たばこ厳禁!です。

また灰皿からゴミ箱へと吸い殻を捨てる時にも、水でしっかりと吸い殻を濡らしてから捨てて下さいね。火が残っていては大変です。

 - 生活・ライフスタイル

ページ
上部へ