弾む会話を目指すあなたにコミュニケーションのネタ帳

コミュステ

テールランプカバーを交換する時の費用について紹介します!

      2018/06/18

テールランプカバーを交換する時の費用について紹介します!

テールランプカバーを破損させてしまって交換しなくてはいけなくなった・・・その場合、気になるのが費用ですよね?

どれくらいかかるのでしょうか?
費用をおさえようと、中古品を購入したり、自分で交換する人もいるようです。

テールランプが付かない原因や、ブレーキランプの交換の時間や費用についてなどもまとめてみました。

スポンサーリンク

  この記事の関連記事

スポンサーリンク

テールランプカバーが破損した!交換にかかる費用は?

テールランプカバーを破損させてしまった・・・!

左テールランプのカバーをぶつけて、破損してしまいました。ランプはちゃんと作動しています。壊れたのはカバーだけです。
これって応急処置をした方がいいの?どんな処置をしたらいいの?
費用どれくらいかかるの・・・?

と、このようなお悩みの人が。

テールランプカバーが破損してしまった時の対処法

まず、テールランプカバーを破損してしまったなら、応急処置はしたほうがいいでしょう。その方法は透明のビニールテープで全体を覆うようにします。
縦に一気にではなく、横に何度も貼ってください。

そしてランプの色が元々赤だったら、マジックなどで赤くぬりましょう。
電球自体が、赤やオレンジに光る電球なら塗る必要はありません。

カバーがかなり割れているようなら、交換をオススメします。

交換費用は、中古のパーツを探すと抑える事ができるでしょう。
車種によって違いがありますが、テールランプの片方なら4000円ぐらいが相場のようです。

費用を抑えなくても大丈夫!なんて人は・・・いっそのこと、綺麗なLEDタイプに交換してみては?

テールランプカバーの交換を費用をおさえて自分でやってみました!

テールランプカバーは自分でも交換可能

私は、自分でテールランプカバーの交換をしましたよ!

夜に狭い車庫に車を入れようとしてバックしていたら時の事です。こんなの簡単!って思っていたのに・・・ガツン!って音が!
見てみると、ブレーキランプが割れていたのです。
もっと慎重に車庫入れするべきだったと後悔しています。

破損してしまったカバーを交換しなければいけない。でも、お店に持って行くとお金も時間もかかってしまう。
だから、自分で交換してみようと思いました。

調べてみるとそんなに難しくなさそうでしたので、ネットで中古品のカバーを購入しました!オークションで手にいれましたが、送料も入れて2000円ぐらいでした。
そしていざ交換!動作確認もOK!自分で直した達成感は気持ちいい!ますます自分の車に愛着がわきました。

自分で交換すると、費用も抑える事ができて、達成感もあっていいですよ!
今度は自分でオイル交換ができるようになりたいです。

テールランプカバーではなくランプを交換!費用を負担してカッコよく!

テールランプやブレーキランプをLEDランプに変えると、愛車をかっこよくカスタムすることができますよ!

発色も良く高寿命なLEDライト。見た目も車の性能も向上させてくれます。
その前に、カスタムするには各ランプの役割を知ることが大事です。
安全性も考えて、そしてカスタムも楽しみましょう。

テールランプ

後続車に対し、自分の車の存在を知らせるためのランプ。
夜間の走行は、周囲に光がないと前方に車がいるかいないかわかりませんよね?
なのでテールランプを点灯し、追突事故などの危険を未然に防いでいます。
また、吹雪などの悪天候の時に、視認性を良くするための役割もありますよ。

ブレーキランプ

減速することを後続車に知らせるためのランプ。
エンジンをかけていなくても、ブレーキを踏めば点灯する仕組みになっています。
カスタムをする場合、テールランプよりも明るく発光させることが義務になっているので気をつけてください。
テールランプとブレーキランプが球切れしたまま運転をしていると・・・罰金が科せられてしまう場合が!
寿命の長いLEDランプに交換してみてはいかがですか?

テールランプが付かない!その原因は?

車のテールランプが付かない・・・どうして?どんな事が原因になるの?そんな時に考えられる原因を紹介します。

車のテールランプはブレーキランプと一緒になっていますよね?
そのバルブの中に2つのフィラメントが入っている、ダブル球という特殊なバルブが使用されているので、どのような症状かによってその原因をおしはかることができますよ。

片方のテールランプのみ点灯しない場合はバルブのフィラメントが1つだけ切れているかも!これは、電球を交換したら大丈夫です。

テールランプが付かない原因はバルブだけではありません。
他に考えられる原因は

  • ヒューズ
  • スイッチ
  • リレー
  • カプラー
  • 配線など

この上記のトラブルが、テールランプが付かない原因になってしまう事もあります。

テールランプがつかない時に考えられる原因は、バルブのフィラメントが1つだけ切れているとか、ヒューズやスイッチのトラブルなどがありますがなるべく早くお店に持って行き、点検や修理を依頼する事がオススメです。

ブレーキランプの交換の時間や費用について。

ブレーキランプが切れたらどこへ行く?

ブレーキランプの交換をしてもらう場所は、カー用品店やディーラー、自動車整備工場やガソリンスタンドでしょう。

これらの、どこを利用するかによって工賃に違いがありますよ。
簡単にブレーキランプを交換できる車種の場合、タダのお店もあります。

交換にかかる時間は、車種によって違いますが、一般的には10分ぐらいではないでしょうか?しかし、テールレンズユニットを外す作業があると、それに時間がかかってしまいます。それでも20分ぐらいではないでしょう。

ブレーキランプの交換は、バルブ代とその交換工賃があります。
バルブにも種類があり、金額もそれぞれです。

バルブにワット数がと同じワット数のバルブを買わなくてはいけませんよ。1個180円~200円ぐらいで、交換工賃はだいたい500円だそうです。

非常に簡単な作業なので料金は安いですよ。

 - 生活・ライフスタイル

ページ
上部へ