弾む会話を目指すあなたにコミュニケーションのネタ帳

コミュステ

足首を柔らかくする方法をご紹介!あなたもしなやかウォーク

      2018/06/06

足首を柔らかくする方法をご紹介!あなたもしなやかウォーク

足首を柔らかくする方法をご紹介します。

足首の作りと筋肉を意識しながらストレッチをおこなうようにしてください。
また、身体を温めることも大切ですし、ストレッチを行いながら正しい呼吸をすることも体をしなやかに動かすには重要となってきます。

スポーツをしているのなら、ケガの予防やプレーパフォーマンスを高めるためにもしなやかな筋肉は必須アイテムとなります。

また、健康維持のためにも足首の柔軟性を高めておけば、血行不良を改善したり、疲れにくい身体を手に入れることができます。

スポンサーリンク

  この記事の関連記事

スポンサーリンク

足首を柔らかくする方法『動的ストレッチ』をご紹介します!

ストレッチには種類がある

運動を始める前にはウォーミングアップとしてストレッチを行う人が多いと思いますが、ストレッチには2種類あります。それは「動的ストレッチ」と「静的ストレッチ」です。

「動的ストレッチ」とは、ラジオ体操やブラジル体操(サッカー選手がウォーミングアップとして行っている体操)や軽いウォーキングやジョギングなど体をあたためるようなことを指します。

反対に「静的ストレッチ」は、ゆっくりと筋肉を伸ばすようなストレッチを指します。

運動前にするストレッチは?

運動直前のストレッチは「動的ストレッチ」の方が効果的と言われています(ただし、普段運動をあまりしていない人には静的ストレッチも必要です)。

「動的ストレッチ」は、可動範囲の約8割で関節を繰り返し動かすことが特徴で、体温をあげて関節の可動域や柔軟性を向上させるための準備運動なのです。

足首を足首を柔らかくするための「動的ストレッチ」であれば、まず足首から先の部分の伸ばして曲げる、という行為をリズムよく左右10回ずつ行いましょう。

それから足首を回します。これもリズムよく、右に回したら次は左へ、というように左右各10回ずつ行います。

足首以外の部分は動かさないようにして行うのがポイントです。足首とふくらはぎの筋肉を意識しながら行うようにしましょう。

壁を使って足首を柔らかくする方法とは?

自宅でも時間がある時に、壁を使って足首を柔らかくするためのストレッチをしてみましょう。

まず足を前後に開きます。そして両手を壁に当てるようにしましょう。この時後ろ足のかかとは床につけましょう。

手で壁を押しながら背筋を伸ばします。後ろ足のかかとを床に抑えるようにしましょう。体育の時間の準備運動に似ていますが、後ろ足のふくらはぎが伸びているのがわかるでしょう。30秒間この姿勢を維持します。この時呼吸を止めないようにしましょう。

30秒経過したら、足を替えて同じように行います。

後ろ足のかかとは床につけて浮かないように注意しましょう。ふくらはぎのストレッチだと思われがちですが、足首にも効果があります。

ふくらはぎが伸びていないと感じるようであれば、足の位置を調整しましょう。

足首を柔らかくしたいなら、3種類の筋肉を意識しながらストレッチする方法

足首のストレッチで意識したい事

足首を柔らかくするためのストレッチで大切なのは3つの筋肉です。この3つが足首の関節の動きに関係しているのです。

まず一つ目は「腓腹筋」です。これはふくらはぎの筋肉のことです。この筋肉は、足首関節を曲げる動きと膝関節を曲げる動きに関係しています。ストレッチの種類も多いのですが、その分ケガをしてしまうと足首関節にも膝関節にも影響が出てしまいます。

ふくらはぎの筋肉にはもう一つあり、それが「ヒラメ筋」です。これは足関節にのみ関係している筋肉です。立って行う作業や日常生活でもよく使われています。

最後に「前脛骨筋」です。これはふくらはぎとは反対の「すね」にある筋肉を指しています。あまり聞いたことがないかもしれませんが、ジョギングなどのように足を動かす運動をする時によく使われています。

足首を曲げたり伸ばしたりする時に一番よく使われている筋肉です。

この3つの筋肉を意識しながら、足首のストレッチを行うようにしましょう。

足首を柔らかくして、血行をよくしてケガをしにくい身体を手に入れよう!

足首が柔軟である事のメリットとは?

足首を柔らかくすることの一番のメリットは、怪我の防止につながるということでしょう。
足首のストレッチを続けることで柔軟性がつきますが、その影響で可動範囲が広がります。足首が柔らかいことで、動きが良くなるのです。

では可動範囲が狭いとどうなるのでしょうか?つまづいたり、転んだりすることが多くなります。日常生活の中で捻挫しやすい人は、足首が硬いのが原因とも言われています。

ストレッチを行うことで血行がよくなりますが、足首のストレッチも同じです。筋肉への酸素供給がよくなるのです。特に長い時間立ったままでいたり、歩いたことで筋肉が張っている時にストレッチをすると、足の疲れもとれます。

さらにストレッチすることによって、足のむくみが取れるとも言われています。中にはむくみが取れて足が細くなったという人も。

女性にとっても嬉しい足首ストレッチの効果。さっそく始めてみませんか?

身体を温めること、呼吸を意識することを取り入れてストレッチしましょう!

足首などのストレッチを行う場合は、呼吸も大切です。「息を止めないようにしましょう。」と言われていますが、腹式呼吸をするようにしましょう。

足首ストレッチのポーズをとって腹式呼吸をしてみましょう。息を吐く時には体が温まり、息を吸う時には筋肉がストレッチされているのを感じることができるでしょう。

現代人が呼吸が浅いと言われています。これは体や心が緊張している状態なのです。腹式呼吸でストレッチしてみましょう。

ストレッチすることで血液の流れが良くなりますが、血液の流れが悪いと免疫力が落ちてしまいます。

血液の流れをより良くするためにも、ストレッチと合わせて半身浴も行うと良いでしょう。足首が硬い人にも効果があります。

先に半身浴をし、その後でストレッチしてみましょう。体が温まった状態でのストレッチになるので、より効果があります。

 - 健康・ダイエット

ページ
上部へ