弾む会話を目指すあなたにコミュニケーションのネタ帳

コミュステ

縦列駐車には4つのコツがある!ポールがなくても大丈夫!

      2018/06/12

縦列駐車には4つのコツがある!ポールがなくても大丈夫!

縦列駐車は教習所の技能試験でも、免許を取った後の運転経験者でも多くの方が苦戦する運転技術になりますよね。

教習所で縦列駐車するコツはポールをきちんと確認することがなにより重要になります。
免許を取得したばかりの初心者ドライバーはもちろん、多くの人が苦手とする縦列駐車を簡単に出来る4つのコツについて紹介します。

スポンサーリンク

  この記事の関連記事

スポンサーリンク

教習所での縦列駐車のコツはポールが関係ある?

  1. 教習所によっ異なる部分があります。あくまでも参考にして下さい。
  2. バックする場所を事前に見る、安全確認
  3. 車を側面の道路を平行にし、少し前に進んでから止まる
  4. 窓をあける
  5. 後方の安全確認、バックギアに入れて下がる
  6. 後部座席の小さな窓の一番最初の角のポールが見えるまで真っすぐにバックする
  7. ポールが後部座席の窓に見えたら、一度停止しブレーキをふんだままハンドルを左いっぱいにきる
  8. 右ドアミラーを見ながらバックする
  9. 車体とコーナーの角が対角線上に重なったらタイヤを真っすぐにする
  10. 最初の角のポールと教習所の車の左前が同じラインになるまでバックし、並んだら右いっぱいにハンドルをきる
  11. 後ろの車に注意しながら、右いっぱいにきったままバックし、車体が真っすぐになったら止まる

縦列駐車するにはコツ必要?ポールがなくても駐車ができる

スタート位置を決める

縦列駐車をするのに一番大事なことは「スタート位置を決めること」です。スタート位置を間違わなければ縦列駐車も難しくありません。

まず、駐車する場所を見つけたら、ウインカーと出し、後続の車に駐車することを示しましょう。ゆっくりと駐車枠に車を寄せます。目安として、大体駐車枠から50cm~1mくらいの所まで寄せるようにしましょう。

目安としては「前に停めてある車の後部を合わせるように」停止するとスタート地点として問題はありません。

しかし車の大きさが車種によって異なるので「車の後部に合わせる」といってもなかなか難しいです。

車の向きを駐車枠へ

スタート地点が決まったら、いよいよ縦列駐車です。ギアをバックに入れ、バックミラーをみながら、駐車枠を目指します。このとき「ハンドルは駐車枠側に目いっぱ回すこと」を忘れないようにしましょう。少しずつ回していくと枠に入りらない事があるので、思い切ってはじめから目いっぱい回しておくことです。車全体はミラーに移ったら一旦停止しまししょう。

ハンドルを目いっぱい回してバックすると「車の前側が大きくせり出す」ことになるので、後ろばかり気にしていると、車の前側が後続車にぶつかることもありますので注意しましょう。

真っすぐバック

車の向きが駐車枠に向いたら、次はハンドルを一旦真っすぐに戻し、駐車枠を目指してまっすぐバックします。真っすぐバックし始めると次は「どこまで下がるか」です。ポイントは「駐車枠外側の白線に車の外側後輪がかかるまで」バックします。

車の向きを平行に

駐車枠外側の白線に車の外側後輪がかかるまでバック出来たら、最後は車の向きを平行にすると縦列駐車完了です。

縦列駐車のコツはあるの?教習所のようにポールがない場合は?

ハンドル操作は車を停めた状態でする

縦列駐車が得意でない人や久しぶりに行う場合は、ハンドル操作とシフト操作、アクセルペダルを踏む動作を同時に行わず、ハンドル操作が終わってから次の動作をするようにしましょう。

周囲の道路状況に注意しながらリラックスした状態でする

都会で運転していると、時には交通量の多い場所で縦列駐車をしないといけない場合があります。その場合後ろから近付いてくる車にせかされ、自分のペースではなく、冷静さが欠けた状態縦列駐車をしてしまうと事故につながる可能性もあります。後ろから車が来ても意識しないで、リラックスした状態で行いましょう。

縦列駐車する場合簡単に停めるコツはあるの?

縦列駐車はハンドルを切る位置さえ掴むと楽に行えるようになります。

周囲に注意をしながら落ち着いて慎重に

街中で縦列駐車をする場合、後続車などのが気になり、初心者は落ち着いてハンドル操作することができません。しかしそんな時こそ落ち着いてゆっくり丁寧にハンドル操作をしましょう。

ハンドル操作とバックを別々に

縦列駐車というと、ハンドル操作をバック操作を同時にするイメージがありますが、必ずしもその必要はありません。慣れないうちは操作を別々に行いましょう。

駐車時に同乗者に誘導してもらう

教習所のようbにポールはないので、同乗者に誘導をお願いする方法もあります。

ミラーを活用

縦列駐車をする時は目視だけでなく、サイドミラーやバックミラーを上手に活用しましょう。

縦列駐車は難しい?コツはあるの?ポイントは車幅

縦列駐車が難しい理由

縦列駐車は一般道の路肩で行うことがほとんどです。又同じ道路でも、前後の車のサイズや障害物の有無などのタイミングによって状況が異なります。まったく同じ方法は通用しないのです。

縦列駐車ではハンドルを回しきる動作がとても多いです。街中では出来るだけスムーズに縦列駐車をする必要があります。また、 縦列駐車を成功させるためには車幅感覚を身につけることが大切です。

タイヤの位置も重要で、車体の左側の車幅感覚をつかむためには、タイヤの位置が大きな目安になります。左タイヤの位置がそのまま左側の位置になるので「左タイヤは今どの位置にあるか」ということを常に意識しましょう。

 - 生活・ライフスタイル

ページ
上部へ