弾む会話を目指すあなたにコミュニケーションのネタ帳

コミュステ

再就職手当の条件とは?内定日が既に決まっている場合について

      2018/06/12

再就職手当の条件とは?内定日が既に決まっている場合について

退職後すぐに就職先が見つかるのはとてもラッキーなことです。それは喜ぶべきことですが、気になるのが給付制限の間に内定日を貰っていた場合の「再就職手当」です。

再就職手当を貰うにはいくつかの条件をクリアしなければなりませんが、内定日が決まっていた場合は再就職手当は貰えないのでしょうか。

再就職手当の条件から貰える金額まで調べてまとめました。

スポンサーリンク

  この記事の関連記事

スポンサーリンク

再就職手当を貰える条件!給付制限の間に内定日が決まっていたら?

給付制限の3ヶ月の間に就職が決まった場合、手続きをしなければ再就職手当はもらえません。しかし、あえて貰わないということも可能です。

給付制限の期間中は、失業手当をまだ1円も貰っていないということになります。その時に就職が決まっても再就職手当の手続きをしなければ、雇用保険受給期間を次の就職先に延ばすことが出来ます。

どちらにしても、ハローワークに報告が必要です。就職が決まって再就職手当をもらう場合も貰わない場合も、担当者に手続きの方法を確認してください。

再就職手当を受給するためには?

給付制限中の最初の1ヶ月目で決まった就職先はハローワークや職業紹介事業者の紹介でなければなりません。

もしも、ハローワークや職業紹介事業者以外の方法で就職が決まった場合でも、入社日が給付制限の最初の1ヶ月を超えていれば問題ありません。

内定をもらったのが給付制限の1ヶ月目でも、入社日が2ヶ月目に入っていれば申請可能です。

退職前から採用され内定日も決まっていた場合は再就職手当の条件外になる?

質問

今の職場は退職しますが、次の就職先が決まっています。失業給付の申請をしていて、早めに就職先が決まると再就職手当がもらえるそうですが、次の就職先が決まっている人も貰えますか?

解答

貰えません。
そもそも、失業給付を貰える人にも該当しません。失業とは、「労働の意思や能力があるにも関わらず、仕事に就くことが出来ない状態」という雇用保険法の定義があります。

失業給付は失業者が貰えるもので、再就職手当は失業給付の給付日数が一定以上残っているのに再就職出来た人に支給されるものです。

退職前から次の仕事を探して決まったというのは立派な事ですが、次の仕事が決まっているということは、あなたは失業者ではありません。失業者ではないので、失業給付が受けられませんので、再就職手当ももらえません。

内定日が決定していなくても再就職手当の条件には当てはまらないと判断されることも!?

退職日の前から仕事の誘いがあり、はっきりとした内定は貰っていないものの何社かの担当者と会ったりしていましたが、内定が決まりました。

退職して1ヶ月経っていましたが、入社日まで時間があるためとりあえず失業給付を申請しようとハローワークに行きました。

ハローワークでこのことを説明すると、「失業状態には当たらない」と言われて、給付を申請することも出来ませんでした。

実際に働いていなくても内定をもらっていたり、内定に向けて企業から声が掛かっているというのは、内定も同然ということで「失業者」にならないということでした。

内定を取り消されたのであれば、失業者となるようなので嘘を付こうかと思ったのですが、再就職手当をもらうまでには多少時間が必要のようなので、辞めました。

なお、内定や働いていることを隠して受給すると罰金を科せられるそうですので、不正は出来ません。

再就職手当の支給条件について

再就職手当を受給するには、色々な決まりがあります。条件が細かく、決められた9つのの条件全てに当てはまっていないといけません。

  1. 受給手続き後7日間の待期期間後に就職するか事業を開始した
  2. 就職日の前日までに失業認定を受けていて、基本手当の支給残日数が所定給付日数の1/3以上残っている
  3. 退職した職場への再就職ではない、退職した職場と密接な関わりがない事
  4. 給付制限がある人は、待期期間満了後の1ヶ月以内はハローワークか職業紹介事業者の紹介で就職した場合のみ
  5. 1年以上勤務する予定である
  6. 雇用保険の被保険者である
  7. 過去3年以内の就職で、再就職手当か常用就職支度手当を受けていない
  8. 前もって採用が決まっていた職場への就職ではない
  9. 再就職手当の支給日までに退職していない

 

再就職手当を貰うには雇用保険に加入していなければいけませんが、基本手当の残りの日数も関係します。ただし、次の就職先が決まるのが早すぎても再就職手当を支給する条件から外れてしまうので注意が必要です。3年以内に同じように再就職手当をもらっている場合も、早期に内定をもらっても該当しません。

同じ会社への再就職や関わりの深い企業への再就職は共謀と見なされ、予め内定が決まっているのに隠して手当をもらうことは詐欺です。

条件を満たした場合、再就職手当はいくら支給されるの?

再就職手当で受給できる金額は?

基本手当の支給残日数によって割合が変わります。基本手当の支給残日数が1/3以上の場合は、基本手当の残日数の50%で、2/3以上の場合は基本手当の残日数の60%で計算します。なお、基本手当には上限があります。

例えば、所定の給付日数が90日で、基本手当の日額が5000円の場合で計算してみましょう。

支給残日数が30日の場合は、残日数1/3以上なので、基本手当の50%なので、計算式は5000円×30日×50%です。75000円が再就職手当ということになります。

30日×50%=25日
5000円×25日分=75000円

支給残日数が60日の場合は、残日数が2/3以上なので、基本手当の60%なので、計算式は5000円×60日×60%です。180000円が再就職手当ということになります。

60日×60%=36日
5000円×36日分=180000円

日数が倍になっても、かける割合が違うため、手当の金額は単純に2倍ではありません。給付期間が長い人はそれだけ再就職手当に差が出ます。

なお、再就職手当は一括で支給され、支給日までは多少日数がかかります。

 - 職業・仕事

ページ
上部へ