弾む会話を目指すあなたにコミュニケーションのネタ帳

コミュステ

ボールペンのインクがシャツに!自宅で出来る染み抜きと洗濯方法

      2018/06/09

ボールペンのインクがシャツに!自宅で出来る染み抜きと洗濯方法

ワイシャツにうっかり付いてしまったボールペンのシミ。

「消えない」ペンであるボールペンは、洗濯してもそう簡単には落ちません。

でも、クリーニングに出す前に、自宅でできる染み抜き方法はないのでしょうか。

また、ボールペンの種類によってもその対処の方法は違ってきます。

油性インク・水性インク・ゲルインクに分けてご紹介します。

また、染み抜きで注意して欲しいポイントもご確認下さい。

スポンサーリンク

  この記事の関連記事

スポンサーリンク

油性ボールペンのインクが服についてしまった時の洗濯や染み抜きは

仕事でボールペンを使うという方は多いと思います。
うっかり服に付いてしまった場合、どうしたら良いのでしょうか。

ボールペンのメーカーには、そのような問い合わせが多く来ると言います。
皆さん、同じようなことで困っているのですね。

ボールペンの多くは油性です。ここでは油性ボールペンの落とし方をご紹介しますが、ボールペンは本来消えないペンです。ですので簡単に落とすことは難しいのですが、対処法としてご紹介します。

油性ボールペンを落とすために必要なもの

  • 消毒用エタノールかプロピレングリコール類含有の除光液
  • 汚れてもいい布(2枚)
  • 汚れてもいいビニール袋

まずシミを落とす布の目立たない場所に、消毒用エタノールか除光液を少量だけ付けてみて、衣類の色が落ちたりしないか確認してから作業を行いましょう。
ビニールを敷いて、下の机や床に液体が付かないように保護します。

シミを落としたい部分を下向きにして、その下に布を1枚当てます。
エタノールか除光液を服の汚れた場所の裏側から少量ずつかけます。
もう1枚の布で、衣類をたたき、インクを上下の布にしみ込ませます。

この工程を何度か行い、布にインクが付かないくらいまで繰り返します。
その後は、洗濯機で洗濯を行って下さい。

ボールペンのインクが水性の場合の洗濯や染み抜き

服に付いたボールペンが水性か油性かはっきりわからない時には、まずどちらなのかを調べることが必要です。

油性と水性のボールペンのシミ抜き方法は、方法が違うので、間違った方法で行うと、染み抜きが困難になってしまうことがあるからです。

水性インクの場合には、シミになった部分を水で濡らし、ペーパータオルなどを上に当て、シミが浮き上がるのを待ちます。
この工程を何度か繰り返し、その後は通常通りに洗濯機で洗濯して下さい。

この染み抜きの時に使う水を、石鹸水にして行うのも効果的です。

最近人気のボールペン、ゲルインクが付いたら洗濯はどうしたらいいの?

ボールペンの種類は、油性と水性がほとんどでしたが、最近はゲルインクのボールペンもあります。
油性ボールペンの耐水性を持ちながらも、水性ボールペンのようななめらかな書き心地です。
しかし、このゲルインクのボールペンのシミというのが、ボールペンのシミの中で一番手強いしみです。

ワイシャツのポケットに染み出てしまったり、ペン先が出ている状態で腕を置いてしまったり、仕事中にうっかり付いてしまうことはありますよね。
ゲルインクは染み抜きが難しいので、基本的にはクリーニング屋さんに出した方がいい汚れです。

しかし、汚れの度合いによっては、自宅でもある程度の汚れは落ちるかもしれません。

まず、古ハブラシに歯磨き粉を付けて、シミの部分をこすります。デリケートな生地だと力を入れ過ぎてしまうとダメージを受けるので、力加減に注意しましょう。
そして、シミが薄くなったら洗濯機で洗濯して下さい。

歯磨き粉には細かい粒子が入っているので、それが繊維の奥に入り、しみ込んだインクをかき出してくれます。
薄いシミならば、この方法で薄くなる可能性もありますが、くっきりと付いてしまったシミは、やはりプロにお任せするのがおすすめです。

うっかり付いたしょう油のシミの対処方法

うっかりシミの代表と言えば、しょう油のシミですよね。
シミの対策方法としては、やはり早めに応急処置をすることです。
時間が経たないうちに、水をつけてもみ洗いしましょう。

早急に対処

付いてしまった量にもよりますが、すぐに水洗いできればある程度のシミは薄くすることができます。
これは水性のシミ、全般に言えることです。

帰宅したらすぐに洗濯

洗濯機で洗濯ができる素材ならば、帰宅後はなるべく早く洗濯機で洗濯して下さい。
手洗いで大まかな汚れを落とし、洗濯機の洗浄力と洗剤の力で汚れがかなり薄くなるはずです。

落ちにくいシミはつけ置き

上記のような方法でも、シミが落ち切らない場合には、汚れた部分に固形石鹸を付けて一晩ほど置いて下さい。
濃い色の服の場合は、色が薄くなってしまう可能性もあるので、2~3時間くらい付けて様子をみてみましょう。

衣服に付いたシミの処理はここに注意

染み抜きの時の注意点として、衣類の洗濯表示をきちんと確認しましょう。
Tシャツや洗濯機でも洗えるシャツやブラウスなどは、生地が丈夫なので、ご紹介した方法でシミ抜きをしても大丈夫ですが、素材によっては注意が必要です。

レーヨン素材

レーヨンなどは、基本的には自宅での洗濯には適さない素材です。
色落ちしやすい素材なので、自宅での扱いには注意しましょう。

シルク

デリケートな素材と言えばシルクです。
繊維に傷が付きやすいので、家庭で染み抜きを行うよりもクリーニング店にお任せした方が安心です。

せっかくシミが取れたとしても、服が色落ちしてしまったり、縮んでしまっては意味がありませんよね。

 - ファッション・ビューティー

ページ
上部へ