弾む会話を目指すあなたにコミュニケーションのネタ帳

コミュステ

ブリーチ剤を市販で購入してセルフで行う場合のやり方

   

ブリーチ剤を市販で購入してセルフで行う場合のやり方

様々なタイプのブリーチ剤が市販で売られていますので、ブリーチ剤を使って自分で染める方も多いのではないでしょうか。

ブリーチのやり方は難しく、やり方を間違えると残念な仕上がりになってしまいます。

そこで今回は、市販のブリーチ剤のやり方について調べてみました。

正しいやり方や染めた後のケア方法についても説明してありますので、セルフで染める際の参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

  この記事の関連記事

スポンサーリンク

ブリーチしたい!市販剤を使った正しいやり方は?

ブリーチを市販剤で行なう時、ムラなく綺麗に染めたいなら事前に霧吹きなどで髪を少し湿らせておくと良いです。(髪から水が滴らない程度)

多少薬液が薄まるかもしれませんが、湿らせておくことで薬剤の伸びが良く均一に塗りやすくなります。
ブリーチという事は脱色ですからムラを作ってしまうと黒髪の部分がまばらに残り、仕上がりがかなりユニークになってしまいます。

かなりの上級者で強めにブリーチしたい人は乾いた髪でも上手く塗ることができると思いますが初心者の方はまずは湿らせた状態で始めてみましょう。

ここで塗り方ですが、髪が短い人は薄いゴム手袋を着けた状態で手で全体にいきわたるように塗ると良いでしょう。

髪の長い人は手ですとムラになるので、目の大きい櫛を使って塗り込んでいくようにしましょう。

塗り込む時間は薬剤を混ぜ合わせてから10分以内に終わるよう手早くします。根本の部分は頭皮の体温で色が抜けやすくとても明るくなりますので薄付けにするようにしてください。

根元まで厚塗りしてしまうと、根元が明るくなりすぎて強調した形になってしまいます。

市販のブリーチ剤のやり方のコツ

市販のブリーチは箱の説明書通りに手早く動かさなければいけません。

薬剤の反応は1剤と2剤を混ぜ合わせた瞬間から始まり時間の経過とともに薬剤が固く塗りづらくなるのでスピードも大切です。

塗り始める前には塗りやすいように髪をピンでとめて分けておきます。襟足から塗り始めるようにして徐々に上の方を塗っていく手順となります。

一度もブリーチをしたことのない髪の毛の場合は毛先の方を気持ち多めに塗ると良いですがもともとカラーリングをしている髪は毛先は薄付けにすると良いでしょう。

全体的に10分ほどで塗り込んだら、髪の上からラップをかけて15分から20分置いて脱色が完了するのを待ちましょう。

市販のブリーチ剤で染めた後のケアのやり方について

ブリーチはおしゃれで明るい髪色になるため好んでする人も多いと思いますが、間違いなく傷むところが難点です。

ブリーチした髪は毛の中の成分のタンパク質やキューティクルが弱まりパサパサになったり切れ毛や枝毛が頻発します。

私もブリーチが好きですがケアが大変です。特に毛先はこんがらがってしまったり見たこともないような枝毛ができたりします。

ブリーチした髪はとにかく乾燥してしまうので水分や油分を浸透させるためにヘアパックやヘアオイルなどでケアをすることが欠かせません。

ブリーチした髪はタンパク質が不足しているのでタンパク質成分である「ケラチン」が含まれているヘアトリートメントがお勧めです。

また、お風呂上りにはヘアオイルで油分を補い、髪をセットする時にはヘアアイロンなどを必要最低限の使用頻度に抑えることで髪の傷みを予防するようにしましょう。

市販のブリーチ剤は髪に悪い?

ブリーチはご紹介した通り、髪の色を明るくすることができますがとても髪を傷ませてしまうものでもあります。

髪が明るければ明るいほどダメージが強いと考えて良いでしょう。

このブリーチの薬剤自体も刺激が強く地肌についてしまうと肌の弱い人はかぶれてしまいますし、毛根に強いダメージが加わり毛が抜けてしまったという話も聞いたことがあります。

また、自分でやる場合には思わぬところから薬剤が垂れてきてしまう事もあるかもしれません。もし、目に入ってしまった時は失明する可能性もありますので取り扱いにはかなり注意が必要です。

ブリーチは一度塗ったところに、再度薬剤を塗ってしまうと明るさが変わってしまうので均一に美しく塗ると言うのは自分でするにはかなりの技術が必要になります。

全体的にムラなく均一にブリーチしたい時は、できれば美容室でやってもらう方が良いでしょう。

カラー初心者は市販のブリーチ剤を使うべきじゃない?

カラーリングでは髪の明るさには限界があります。外国人風のカラーを楽しみたいのならカラーリングでは無理なのでブリーチしか方法はありません。

ブリーチは色素を脱色する事であり、カラーリングは色素を入れる行為になります。そのため、一度ブリーチすると元の髪色をとり戻すことはできませんので、初めてのブリーチはすごく悩むところだと思います。特に仕事などで髪色に制限がある場合は一度ブリーチをしてしまうと困ることになるかもしれません。

ただブリーチは一度脱色した髪に色をのせることでアッシュ系やミルクティーなどの淡い色合いを出すことができます。これはカラーリングではできないことなのです。

透け感のあるエアリーな髪色はブリーチ必須です。
ただブリーチをした髪にカラーリングをして淡い色を出しますが、抜けるのも早いのでカラーリングをこまめに行わないといけないという点があります。
そのため、髪も傷みやすくなってしまいますので、ブリーチをした髪はこまめにケアをすることが大切です。

綺麗な髪色の反面、色を持たせることやケアなど取り扱いが難しいところがブリーチの特徴でもあります。

 - ファッション・ビューティー

ページ
上部へ