弾む会話を目指すあなたにコミュニケーションのネタ帳

コミュステ

シングルマザーの再婚は難しい!?再婚で幸せになるためのヒント

      2018/06/06

シングルマザーの再婚は難しい!?再婚で幸せになるためのヒント

さまざまな理由で離婚に至るカップルは多く、今や3組に1組のカップルが離婚すると言われます。

シングルマザーになると、家事に仕事に育児に毎日奮闘されている方も多くいるでしょう。

再婚を考える時には、やはりお子様のことを一番に考える方が多いと思います。

シングルマザーの再婚は難しいものなのでしょうか。

再婚して幸せになるヒントをご紹介します。

スポンサーリンク

  この記事の関連記事

スポンサーリンク

シングルマザーの再婚は難しいの!?統計から見る実情

シングルマザーの再婚率について

統計データから考えると離婚者の約半分は再婚しているようです。

ではここで平成二十五年の厚生労働省の統計を見ていきたいと思います。

結婚は66万組、離婚23万組となっていて、よく耳にする「3組に1組が離婚をする」というのは本当のことのようです。

次に結婚した人の内訳を見ていきます。

1)新婚(夫婦とも初婚)  49万組・・・結婚したカップルの74%

2)再婚     17万組・・・結婚したカップルの26%

再婚は、なんと4組に1組という割合です。

さらにその内訳を見ていくと

夫が再婚で妻が初婚・・・6万5000組
夫妻とも再婚・・・6万組
夫が初婚で妻が再婚・・・4万5000組

になります。

夫が再婚するほうが妻が再婚するよりも多い結果となりました。

また結果はやや意外かもしれませんが、離婚した人の半数近くが再婚していることになります。

もちろん、これには結婚を3回、4回と行う人も含まれているので、実際はこれよりも低くなると思いますが、思ったよりも再婚率は高いといえそうです。

難しい再婚への道…シングルマザーであることを告白するタイミング

シングルマザーの多くは、最初の出会いの場では子供がいる事を隠します。

そして相手に好きになってもらってから伝えるという人が多いです。

これに関しては賛否両論あるのは確かです。

男性からすれば、子供がいるということはとても重大なことのため、そんな大事な事は早く言ってほしいというのが本音ですが、女性は、最初に子供のことを話したら再婚できないという不安があるため、どうしても最初は子供のことを隠してしまいがちです。

しかし隠したり嘘をつくと後々のしこりになりかねません。

そのため、もしも相手から聞かれれたら話し、聞かれなければ言わなくていいと考えましょう。

特に出会ったばかりで、この先付き合うかどうかもわからない状態では、あえて自分から言う必要はないでしょう。

子供がいる事を伝えるのはいつ?

お付き合いが1ヶ月以上続いたら、子供のことを相手に伝えるべきです。

先ほども書きましたが、子供がいるということはとても重大なことです。

長く秘密にしておくと、信用を失う可能性が極めて高くなるので、きちんと伝えるようにします。

再婚への道のりは簡単なものではありません。しかし再婚の先に新しい絆をつくって幸せになっている人もたくさんいることを忘れないでほしいと思います。

シングルマザーの再婚が難しい理由は?

男女が出会い、結婚したいと思う気持ちだけで決断できないのが、子連れ再婚ですね。

子連れ再婚には、血縁関係のない、まったくの他人である再婚相手と子供が信頼関係を築いていくことが必要です。

子供の理解を得られるか

子供がまだ小さい場合は、再婚相手にもすぐに懐くケースが多く「パパ、パパ」と無邪気に甘えてくれると男性も嬉しいものです。

また、子供が成人に近い年齢や精神的に大人である場合にも、うまくいく傾向があるようです。

お母さんの気持ちを考えることができ、相手の男性が誠実な人であれば、理解しようという気持ちが出てくるためです。

一方、難しいのは思春期や反抗期の子供でしょう。

思春期の子供の心は、とても繊細です。男の子は小さい頃はママっ子であっても、小学高学年から中学生くらいになると反抗期に入ります。

女の子の場合は男性に対しての警戒心などから、すぐに理解を得ることが難しいかもしれません。

再婚で幸せになるためには自分自身を見つめ直して

子連れ再婚の前に、二度と同じ失敗を繰り返さないよう、自分自身を見つめ直すことが大切です。

結婚するよりも、離婚するということはとてもに大変なことです。

相手の男性を見極めると同時に、一度立ち止まり自分自身のことも振り返って考える必要があります。

どんな男性なら再婚相手にふさわしい?

第一条件は、あなたの子供を「子供」として受け入れてくれる男性です。

「あなたの子供」としてではなく、「自分の子供」として大切にしてくれる相手であることが第一条件です。
「あなたの子供」としてしか見れない男性は、将来生まれるかも知れないあなたと男性との子供と、あなたの子供を差別してしまうでしょう。

非常に難しい問題ですが、自分ではそう思っているつもりはなくても言葉や行動に出てしまうこともありますから、再婚を決意した際には、思い切って子供は作らないと言う前提で男性を決めるのも良いと思います。

まずは子供の気持ちを最優先して、少しでも抵抗があるなら快く受け入れてくれるようになるまで待ちましょう。

焦って再婚して良い事は何もありません。一度失敗をしているシングルマザーだからこそ、その経験を活かして幸せな再婚をして下さい。

子連れ再婚を成功させるポイント!

夫(妻)と父親(母親)に同時になれたことに感謝しよう

子連れ再婚は結婚と同時に誰かのパートナーになるだけではなく、親にもなることができるのです。

実際には子連れ再婚を後悔した人のほとんどが、自分が本当の親のようになりきれていないのではないかと悩み、落ち込んむようです。

しかし、落ち込む必要はありません。もちろん再婚をすることで、責任は増えますが、誰かに必要とされる存在となるのは嬉しいことではないでしょうか。

世の中には父親、母親になりたいという望みを叶えられない人がたくさんいます。

誰かの親になれることを感謝して、子供と向き合いましょう。

初婚同士でも完璧な家族などいない

「子供との関係が上手くいかないとき」「夫とケンカをしたとき」など、家庭内で何かトラブルがあると、子連れ再婚だからうまくいかないのだと、悩んだり落ち込んだりしていませんか?

しかしながら、子連れ再婚に限らずどこの家庭でも何らかの問題を抱えているものです。
初婚同士の結婚だから必ずうまくいくとは限りませんし、子連れ再婚だからうまく行かないというわけではありません。

なので、子連れ再婚に思い悩むことがあったら「悩んでいるのはうちだけじゃない」と前向きに捉えましょう。

 - 結婚・恋愛

ページ
上部へ