弾む会話を目指すあなたにコミュニケーションのネタ帳

コミュステ

お菓子を食べ過ぎたら太るのは当然?食べ方によっては太りません

      2018/06/06

お菓子を食べ過ぎたら太るのは当然?食べ方によっては太りません

お菓子を食べ過ぎた時の罪悪感。
これは「太る」と感じるからですよね?

でも、お菓子は食事で摂れない栄養素を摂取することもできますし、食べ方によっては太ることはありません。

一番ダメなお菓子の食べ方は「ご飯を食べないでお菓子を食べる」ことです。

食事でも、お菓子でも、食べ過ぎたと感じたら、次の日の食事で摂取カロリーと栄養素で、調節をするようにしてください。

スポンサーリンク

  この記事の関連記事

スポンサーリンク

お菓子を食べ過ぎたら太るのはどうして?

ご飯は食べ過ぎると苦しくなるけど、お菓子ってそんなに苦しくなったりしないので、ついつい食べ過ぎちゃいますよね。

でも、これがお菓子の落とし穴なんです。

ご飯のように重さがないお菓子はついつい食べ過ぎちゃっても、すぐに体重は変わりません。

だから、またついつい食べ過ぎちゃう・・・。

でも、それを繰り返していると、気が付いた頃には、ドーンと体重が増えている!なんてこともあるんですよ。

お菓子を食べて脂肪になるのはいつ?

お菓子を食べてもすぐに体重に変化はないと思いますが、確実に脂肪は蓄積されています。

食べた物は2週間後には、脂肪に変化します。

ですから、体重が変わらないからといって、お菓子の食べ過ぎを甘くみてはいけません。

例え体重が変わらなくても、ついついお菓子を食べ過ぎてしまったときは、きちんとその後にカロリーを調整していれば、脂肪になるのを防ぐことができますよ。

お菓子を食べ過ぎたら太るに決まってる!?食べ過ぎた次の日にできる事

食べ過ぎた翌日はカロリーコントロールを

では、お菓子を食べ過ぎてしまったら、その後はどうやってカロリーを調整したらいいのでしょうか?

まずは、その食べ過ぎてしまったお菓子は、しばらく食べるのをやめましょう。

もし、甘い物を食べ過ぎたなら、甘い物は3日くらいは控えるように!

そして、野菜を多めに食べるなどしてカロリーを抑える努力をするのです。

野菜は、低カロリーであり、さらにビタミンも豊富なので、大切な栄養素を補うことができますよ。

また、肉よりも魚を食べるようにするといいでしょう。

魚は肉より脂肪も少ないですし、例えばイワシやマグロなどは脂肪を燃焼する効果のあるEPAが豊富に含まれているのでオススメです。

さらに、水をたくさん飲むようにするのも大切です。

水を多く飲むことによって、代謝も促され、体に溜まった老廃物も排出しやすくなります。

このように、食べ過ぎた次の日にはカロリーコントロールをして、食事のバランスを整えましょう。

お菓子の食べ過ぎを防ぐ方法。太るのは、食べ方と食べ過ぎだからです!

太る原因とは、食べ方と食べ過ぎによるものだということがわかりましたね。

では、お菓子を食べ過ぎないためには、どうしたらいいのでしょうか?

食べ過ぎないためにできる事

まず、お菓子を常に買っておくことはやめるようにしましょう。

家に必ずお菓子があると、つい小腹が空いたときに簡単に口に入れてしまいますよね。

これがいけないのです!

家に何もなかったとしたら、何か食べたくても我慢して寝てしまおうとしませんか?

ですから、お菓子をつい食べ過ぎてしまうという人は、今日からお菓子の買い置きをやめましょう。

それから、お菓子を食べるときには、温かい飲み物を一緒に飲むようにしてみてはいかがでしょうか。

冷たい飲み物だとすぐに飲み終えてしまいますが、温かい飲み物はゆっくりと時間をかけて飲むことができますよね。

そうすることで、食べるのもゆっくりになるので、お腹もだんだん満たされるため、食べ過ぎを防ぐことができますよ。

お菓子を食べても太らない食べ方を教えちゃいます!

だけど、どうしてもお菓子が好き、お菓子が食べたいというときもありますよね。

そんな時は、お菓子を食べても太らない工夫をしてみてはいかがでしょうか。

例えば、お菓子を選ぶときには、小分けになっている小袋タイプを選ぶようにしましょう。

小分けになっている小袋タイプのお菓子は、量が少ないので、食べ過ぎを防ぐことができますよ。

そのため、カロリーオーバーにならずに食べることができるのです。

それから、必ずご飯はしっかり食べるようにしてくださいね。

ご飯を食べなければ、お菓子を食べ過ぎても太らないなんて考えは間違いです。

ご飯を抜いてお菓子を食べると、逆にその分の脂肪が付きやすくなってしまうんです。

ですから、お菓子を食べたいのであれば、必ずご飯もしっかり食べるようにしましょうね。

気持ちの問題?お菓子は美味しく食べれば太らないという研究結果も

面白いことに、太ることには気持ちも関係しているみたいなんです。

罪悪感とカロリー消費の関係を調査したところ、罪悪感を感じた人は罪悪感を感じなかった人と比べると、体重が増加する傾向にあったというのです。

ですから、例えばケーキなどを食べて幸せを感じる人は、逆にダイエットに挑戦したときに成功する人が多いみたいなんですね。

つまり食事を楽しめるということは、幸せなことでもあり、自分の体重を管理することも上手にできるということになります。

なので、食べたことに罪悪感を持っている方が、それがストレスとなり、余計に太ってしまうということになるのかもしれませんね。

カロリーコントロールもあまり慎重にし過ぎてストレスになるよりは、適度に自分の好きな物をたくさん食べるということも大切なんだということでしょうか。

 - 健康・ダイエット

ページ
上部へ