弾む会話を目指すあなたにコミュニケーションのネタ帳

コミュステ

バレーボールのスパイクを上達させる為の練習方法やコツ

      2018/06/07

バレーボールのスパイクを上達させる為の練習方法やコツ

プロ選手のバレーボールの試合を見ていると、速い攻撃とスパイクに魅了されることが数多くありますよね。

そんなふうに上手になる為には、どんな練習をすればうまくなるのでしょうか?
またスパイカーの役割はどんなことが重要になるのでしょうか?

今回はスパイクの練習方法や上達へのコツなどについて、調べまとめてみました。

スポンサーリンク

  この記事の関連記事

スポンサーリンク

バレーボールのスパイクの練習方法や上達へのコツ

今回ここではスパイクが上達するコツについてご紹介します。

スパイクの勢いがつく助走のとり方

スパイクでの3歩助走は1歩目は小さく、2歩目は少し大きくリズムに乗り、3歩目は大きくカカトから踏み込み、助走の際のコースはネットに対し真っ直ぐ入るのではなく、斜めに入るとより勢いがつきます。

また、一人でもできる練習方法と壁打ちを連続してできるようにし、正確な位置でミートし壁に当たったボールは、また同じ位置に戻ってきます。その繰り返しで連続して壁打ちをできるようにしましょう。

その他のコツとしては、アウトになってもいいので、そのスペースを狙ってスパイクを打ち、練習方法としてはエンドラインの1m外側にラインを作り、ラインぎりぎりのコースを打つ練習をしましょう。

バレーボールのスパイク練習では手首の動きが重要なポイントになる

バレーボールのスパイクの基本は、ミートの基本である手首の動きが重要ポイントになります。

ボールをミートするための手首の動きとはどんな方法なのでしょうか?
そのコツはどのように練習をすれば良いのかご紹介します。

大きなポイントは、ボールを手の平の中心や中心よりやや上部で、ボールを叩くようにしボールに手首を巻き込むように、スナップを使うのがポイントとなります。

その際にボールに前回転をかけるようにしましょう。
ここで手首のスナップを使わないと、前回転はかからないので動きが重要ポイントになるので、手首の動きが大事なことがわかります。

プロがスパイクを打つ瞬間の時などには、首のスナップを使ってボールを打っていますので、動画などで確認してみるのも良いかもしれませんね。

バレーボールのスパイク練習はミート練習と連続スパイクを主に行おう

バレーボールのスパイク練習をする時にはどんなことに注意をし、どのような練習方法を行えばよりよくスパイクを上手に打つことができるのでしょうか?

まずはミート練習や連続スパイクの練習を主に行うようにしましょう。

バレーボールのミート練習とは?

ネットの近くにチームメイトが立ち、その横に先生が立って、軽くボールを投げます。
その投げられたボールをスパイクを打つ選手がネットの下に叩き付けます。
その際には、しっかりとミートをすることが大切です。

このような練習方法を繰り返し行うことで、ミート率が上がり正確にで打つことができるようになり、ボールを強く叩く練習にもなります。

バレーボールの連続スパイク練習とは?

スパイクを打つ前の段階として、相手チームから戻ってきたボールをセッターに繋ぎ、アタッカーにそのトスが来た時には、必ずきれいなトスとは限りませんよね。

そんな時には、相手のブロックなどでスパイクが決まらない時には、何本もスパイクを続けて打たなければならないということがありますよね。これは特に女子に多いので、その練習方法として、1本目はセッターから上げて、きれいなオープントスで2本目は、平行トス、3本目は、セッターが動いてあげるようなボールをわざと投げ、2段トスをあげてそのボールを打ち切るという練習方法を行っておくと、試合の時に役に立つでしょう。

バレーボールで強いスパイクを打つコツと上達する方法

バレーボールで強いスパイクを打つには、腕を素早く振りぬくことが最も重大なポイントになります。

それにはどんなコツや練習方法があるのでしょうか?

コツは、力を入れるタイミング、抜くタイミングなのです。

まずスパイクを打つ時に腕はどのくらいの角度になっているでしょうか?
正面から見た時より真横よりも60度くらい上げた位置になっていれば大丈夫です。

手の平の正確な位置でボールに当てることが、スパイクで最も力が入りやすい強打が打てるポイントとなります。

助走をしている時のテイクバックの際やアタックの後は腕の力はできるだけ抜き、逆に力をいれるのは腕を振り下ろす時で、テイクバックからボールに手を当て送り出すまでの短い時間だけです。

この感覚を身につけるためには、壁打ちを繰り返して行うことが大切です。
テイクバックで力まずに、振り下ろすときはしっかり力が入っていること、そしてボールを打った時に腕が振り抜けているかどうかが大きなポイントとなります。

バレーボールの中でも重要なスパイカーは正確さが求められる

バレーボールの試合の行方を握るのは、選手のチークワークはもちろんですが、試合の決定打を決めるのは、やはりスパイカーが重要な役割をこなすと言っても過言ではありませんよね。

強くて速いスパイクを打ち、全てが得点に繋がれば問題はありませんが、こればかりが全てではありませんよね。

スパイカーはどんな時にでも正確さが求められます。
では、その正確さを極める為にはどんな練習をすれば良いのでしょうか?

強いスパイクの打ち方の練習よりも、まずは弱くても良いのでスパイクの基本的な打ち方をマスターすることが大切です。

まずは、フォームをしっかり身につけましょう。身についてないままの状態で強いスパイクを打とうと意識してしまうと、体が力んでしまいフォームがくずれてしまいます。なので、まずはしっかりとしたフォームを身に着けるように心がけてください。

フォームをしっかりマスターしたら、少しずつ強くスパイクを打つ練習をしていくようにしましょう。

 - スポーツ

ページ
上部へ