弾む会話を目指すあなたにコミュニケーションのネタ帳

コミュステ

勉強する時のBGM音楽!集中するメリット・デメリットあります

      2018/06/07

勉強する時のBGM音楽!集中するメリット・デメリットあります

勉強をする時に、BGMを流すのには大きく分けると2つの理由があります。
一つ目は、周りの雑音を消し勉強に集中するためのもの。

もう一つは、脳をリラックスさせ記憶力や集中力をUPさせるためのものです。
また、休憩時間にお気に入りの音楽を聴いて気分をリフレッシュさせるのもいいですね。
音楽を上手に活用して、勉強の効率を上げましょう!

スポンサーリンク

  この記事の関連記事

スポンサーリンク

勉強中にBGMを流すならヒーリング音楽で集中力をUPさせよう!

勉強中にBGMを聞きながら勉強をする人と、音が雑音になってしまい集中できなくなってしまうので、BGMは何も聞かない人とさまざまですが、勉強中にBGMを聞くのであればヒーリング音楽が集中力をUPすることができるようです。

集中して勉強をしようとする時に、となりの部屋から聞こえてくる話し声やテレビの音、台所で何か作業をする音などは、意外と脳へ刺激を与えてしまい、気が散る原因になることがあります。

意識はしていなくても、意外にこのノイズ音が物事に集中しようとした時にかき消すことで、集中して勉強ができる効果があるのです。

もし音楽を聴きながら勉強の集中力をUPさせたい時にはヒーリング音楽がおすすめで、その理由には心理的な安心感を与えたり、気持ちをリラックスさせたりするために効果があるのです。

勉強中に流すBGM。暗記に集中したいならクラシック音楽を

勉強で一番大事なことは、やはり暗記をすることが大前提ですが、繰り返し連続して作業を行うことで集中力が途切れることなく頑張らなければなりませんよね。

しかし、同じことの繰り返しの暗記をする際には、勉強の仕方に工夫をしてみたり、体をつかって聴覚、嗅覚、視覚の刺激を与えることで勉強の効率が上がるとされています。

もし暗記力を高めたい時には、これをクラシック音楽にあてはめて考えてみることにしましょう。音楽を聴くことで脳に刺激を送り、その旋律に合わせて何かを記憶していくといった方法もでき、クラシックに限らず音楽という幅広い視点で考えると、さまざまな楽器の音に触れることで、あの時のメロディーの時にこれを覚えた!など歌を思い出すことで、勉強で暗記したものが思い出されたりする効果もあるようです。

実は、暗記作業の後はしっかり寝ることが良いとされているのをご存知でしょうか?
寝ている間に脳が復唱することで、暗記したことが定着し穏やかな旋律のクラシック音楽で脳を落ち着かせさせながら、気持ちの良い睡眠をとることを心がけるようにしましょう。

勉強に集中したいからBGMを流す!集中力を低下させないためには

ここ数年、さまざまな場所でスマホでBGMを聴きながら勉強をしている学生を目にします。これは周りの雑音が入らないようにすることや、集中して勉強を行う為のようです。

さまざまな場所で勉強をする時に音楽を聴こうとするとき、カラオケで歌う歌や、テレビでよく見るドラマの歌を聴いたりすると、その意識がそちらに持っていかれてしまうことがあり、かえって集中を妨げることになってしまうと言う可能性があるようです。

また、同じ曲を何度もリピートして聞いてしまう場合がありますが、これはNGです。
その理由は当然ですが、同じ音楽が流れ続けてしまい、多少の集中力を奪っていきます。

なのでもし音楽を聞くのであれば、何曲かリストアップしてその曲が終わった時に、休憩をするなどで、脳を落ち着かせる方が、勉強の効率もあがるでしょう。

音楽を掛けながら勉強するのにむいている教科とは?

音楽を聞きながら勉強するのにむいている教科とは、私の場合は数学です。
テンポの良い曲だとリズムに合わせながら、問題を解いていくのはとても気分がよく番強もはかどります。

その他に国語の漢字を覚える時に、何回も繰り返し書いて覚える事で気分が乗ってきます。なので、こういった勉強の仕方に合わせて音楽を聞きながら覚えることは、とても効果があった気がします。

しかし、実は集中している時ってほとんど音楽は気になることがなく、心地よく問題に取り組むことができ疲労感もあまりなく、長時間問題に取り組むこともできた感じがします。

暗記をする時には、集中してやるために音楽をかけてしまうと集中してできなくなってしまうことがあり、理解を必要とする場合には音楽は聴かず、しっかりと集中してやるようにしていました。

始めのうち苦手な勉強でしたが、それほど苦も無く始められるようになったきっかけは確実に音楽を聴き始めたことだと思っています。

お気に入りの音楽は勉強の邪魔をする

勉強をする時には、お気に入りの音楽を聞いて集中力をあげようとする人が多いかと思います。乗りのよい曲を聞きテンションを上げるためにと思うと思いますが、実はこれはNGです。

その理由には音楽を聴くことに集中してしまい、肝心の勉強をする作業に没頭できないことや、ノリノリで聴いていることに集中している分、実は集中力は落ちてしまっているのです。

また音楽を聞く時には、歌詞のある歌もおすすめはできません。音楽の中に歌詞があると無意識のうちに音楽に集中してしまうことがあり、勉強中に音楽のことが気になると言うことがあれば、その音楽は勉強をすることには敵していないと言うことになります。
勉強する時に音楽を聞くのであれば、歌詞のないものを選び同じ曲をリピートしないように選ぶことが大事です。

 - 勉強・学校

ページ
上部へ