弾む会話を目指すあなたにコミュニケーションのネタ帳

コミュステ

家で勉強すると眠くなる理由と眠気対策方法をご紹介します!

      2018/06/04

家で勉強すると眠くなる理由と眠気対策方法をご紹介します!

家で勉強していると集中力が途切れて眠くなることはありませんか?
どんなに集中しているはずでも眠気が起きるのはどんなことが考えられるのでしょうか?
気持ちを切り替え、集中して勉強する方法はあるのでしょうか?

ここでは勉強する時の眠気対策を調べまとめてみました。

スポンサーリンク

  この記事の関連記事

スポンサーリンク

家で勉強していたら眠くなる原因と対策方法について

家で勉強していたら、集中していたはずなのに、だんだん眠くなってしまうことってありませんか?

では、どうして家で勉強していたら眠くなってしまうのでしょうか?

これは、自分の興味のないものや難しくてわからないものに直面することで、だんだんとストレスを感じることが原因になっているようです。

このように脳に強いストレスを感じると、眠気が起きてしまうのです。

それでは、この眠気を解消するためにはどうすればいいのでしょうか?

まずは、しっかりとした睡眠時間をとることを習慣にしましょう。

睡眠には、レム睡眠とノンレム睡眠というものがあるのをご存知でしょうか?

レム睡眠の場合は、体は寝ているけど脳は活動している状態なので、起きる時には気持ちよく起きることができるのです。

逆に、ノンレム睡眠の場合は、眠りは深く落ちています。

勉強中の眠気を解消するためにも、いい睡眠時間を習慣にするように心がけましょう。

家での勉強中眠くなる時には、こんな方法を試してみよう

では、家で勉強をしていて眠くなってしまったときはどうしたらいいのでしょうか?

手っ取り早い方法としては、眠くなったら仮眠をとるのが一番です。

しかし、そのままぐっすりと寝てしまうと起きることができなくなります。

なので、15分ほど目覚ましをセットして仮眠を取りましょう。

すると頭がスッキリとして、効率よく勉強がはかどりますよ!

どうしても眠たいときは仮眠をとるのが一番です。

また、少し歩いてみるのもいいでしょう。

少し歩いてみることで、脳に酸素がいき、頭の働きも活発になりますよ。

それから、お絵かきをするのもオススメです。

勉強は左脳の活動であり、絵を描くのは右脳の活動になります。

ですから、脳のバランスを取ることもできますので、勉強に飽きた時にはちょっとお絵かきをしてみるのもいいですよ。

家で勉強すると眠くなる時には体のメカニズムを理解しよう

体のメカニズムを理解することで、眠気対策にもなりますよ。

食事をとった後は、なぜか眠くなってしまいますよね。

これは、消化吸収を行うために脳への血液が減るからです。

それにより脳の働きが鈍くなって、眠気が襲ってくるのです。

また、入浴後も眠くなりやすいですよね。

これは入浴することで、体温が一気にあがるためなのです。

この場合、シャワーを浴びるようにすると、体に刺激を与えて目を覚ますことができますよ。

勉強に集中したいときは、シャワーで済ませるといいでしょう。

そうなると、眠気は勉強時間を変えるだけでも解消できることがわかります。

例えば、食事の前や登校前、帰宅の直後に勉強をすると集中力が高まりやすくてオススメです。

眠気を回避できる時間帯を狙って、勉強をしましょう。

勉強すると眠くなる原因はどんなこと?

勉強をするとどうしても眠くなってしまうのか?

それは、勉強が単調だからです。

刺激のない単調な勉強を続けていると、睡魔が襲ってきてしまいます。

刺激を感じない脳は血流も好奇心も減ります。

そして、まぶたも血圧が下がるため閉じてしまうのです。

やっと理解できたと思っても、それほど喜びにはならないので、勉強をすることに疲れてしまいます。

これによって、勉強に興味もなくなっていってしまうので、さらに単調な作業となるのです。

こんなときは、肩を回してみたり、手をマッサージしてみましょう。

なにか動きをつけて、刺激を与えることが大事です。

難しい問題は嫌がらずに何度も繰り返し行いましょう。

そして、ゆっくり読むようにすること。

単調にならないように、勉強をすることをオススメします。

勉強にもメリハリは大切ですよ!

ぜひ取り入れてみてくださいね。

勉強の効率のよいやり方が身についていくことでしょう。

勉強中に眠気が出しまう時には場所を変えてみるのもオススメです!

勉強中に眠気が出しまうのは、勉強が単調になっていることが原因ともわかりましたね。

例え、休憩を取りながら勉強をしていたとしても、結局同じ勉強ばかりをしていては、脳も飽きてしまいます。

脳が飽きると、脳の反応が鈍り、勉強にも眠気を感じるようになるのです。

ですから、単に休憩を取るだけではなく、似た勉強をやり続けないことも眠気対策にも繋がります。

同じような勉強を続けないだけでも、脳は新鮮さを感じるので勉強に集中できますよ。

それから、ずっと同じ場所でばかり勉強するのも眠気が起きる原因にもなります。

たまには、場所を変えて勉強してみることもいいでしょう。

例えば、図書館や自習室で勉強をしてみてはいかがでしょうか?

いつも勉強している場所と変えてみるだけでも効果はありますよ。

ぜひ試してみてくださいね!

 - 勉強・学校

ページ
上部へ