弾む会話を目指すあなたにコミュニケーションのネタ帳

コミュステ

あなたは右利き?左利き?両方使える利き手のメリットとは!

      2018/06/04

あなたは右利き?左利き?両方使える利き手のメリットとは!

日本人の多くの人の利き手は右利きかと思いますが、左利きの人や両方を使い分けると言う器用さを持つ人もいますよね。

手を両方使うことによって右脳・左脳をバランスよく使うことができると耳にすることもあります。それって本当なのでしょうか?

利き手が決まる時期ってあるのでしょうか?また、利き手を左から右に直す方が良いのでしょうか?その注意点についても調べてみました。

スポンサーリンク

  この記事の関連記事

スポンサーリンク

右利き左利き両方使えると、こんなに便利!

手を両方使うことによって右脳と左脳をバランスよく使うことができると聞いたことはありませんか?

では、右利き左利き両方使えるようになるとどんな効果があるのでしょうか?

脳は右手が左脳、左手が右脳と繋がているそうです。ですから、普段右利きの人は左脳を使うことが多いといえるでしょう。

しかし、これが左手を使うようにすることで右脳を使うようになるということになります。これにより脳が活性化されます。

それから、右利きの人が左手で字を書くのは大変ですよね。ですから、左手で字を書こうとするときは丁寧に書こうとするでしょう。

でも、これを繰り返すと、字を書くときに丁寧に書く癖がつきます。なので、自然と右手で字を書く時も丁寧に字を書くようになり、キレイで上手な字が書けるようになるでしょう。

他にも、左手が使えるようになることで便利なことがあります。

例えば、パソコンを使っている時も、左手を使うことができれば、右手でマウスを動かしながら左手でメモが取れるなんてこともできるようになりますよ!

右利きでも左利きでも両方使える文房具もあります

最近は、左利きの方が増えていうそうです。ひと昔前なら、子供が左利きだったら、なんとか右利きに矯正しようとする傾向が強かったでしょう。

しかし、左利きの人は右脳が発達していると考えられるようになりました。

右脳が発達しているということは、手先が器用であり、何かを創作することが得意で芸術的な分野やスポーツ分野でも有利であると言われています。

ですから、最近では左利きであることを右利きに訓練するようなことはなくなったのです。それに伴い、最近では左利きの人が使いやすい道具が増えるようになりました。

例えば、ハサミや定規などの文房具もあるそうです。ただ、家族に合わせて左利き用、右利き用と両方揃えてしまうと物ばかりが増えてしまいますよね。

そんな時のために、左利きでも右利きにでも両方に使える道具も出てますので、そちらをオススメします。

利き手は、意識することによって右利きにも左利きにもなり両方に手が使える!

ここでは左手右手の両手が利き手という方に話を紹介します。

そのような方は、基本的には文字は右手、でも絵を描くときは左手、楽器は右手、お箸は左手などと、その時によって使う手が違うようです。

これは、人によってどの場合がどっちの手は違ってくるようです。左じゃないとできないことや右じゃないとできないこともあるみたいです。

中でも不思議なのが、トランプをきったり配ったりするのは左でないとできないという人もいること。

でも、歯磨きや彫刻刀などは両方使えるんだとか。勉強や試験の時なんかは、両方使えると便利みたいですよ!

マークシートの試験なんかだと、右手で計算して左手で塗りつぶしたり、他にも右手で勉強しながら左手でお弁当を食べるなんてこともできるそうです。凄いですよね!

憧れて練習したくなる人もいるのではないでしょうか!?

利き手が決まるのは何歳?左利きになる原因はあるの?

では、利き手って何歳で決まるのでしょうか?

だいたい利き手は3~4歳で決まると言われています。その以前の子供はその日によって右手を使ったり左手を使ったりしていますよね。

そして、左右どちらの手もランダムに使っているうちに、だんだん自分の利き手が決まってくるようです。その過程で左利きになるのには原因はあるのでしょうか?

左利きの場合、脳の作りが右利きの人とはと違うという人がいるようです。また、子供のときに左手を使うことが多い子供は左利きになることが多いでしょう。

左脳の働きを補うために、右脳が活発になることで左利きになるという仮説もあるようですよ。ただ、左利きになる原因というものは、はっきりと未だ解明はされていないようですね。

子供の利き手を左利きから右利きに矯正する時の注意点について

右手左手の両方を使うことで、脳が活性化されるということがわかりましたね。これは、両利きのメリットとも言えるでしょう。

では、子供の利き手を左利きから右利きに矯正するときはどんなことに注意したらいいのでしょうか?

まずは、遊びの中で楽しく練習をさせるのが一番でしょう。それなら、楽しみながら習慣づけられますよね。

無理な矯正は、子供の気持ちを萎縮させてしまい、ストレスにも繋がります。できることなら、両方使えるように矯正できるのがいいでしょう。

字を書いたり食事をするのは右手にするなど。

ピアノは両手を使うことができるので、左脳と右脳のバランスを鍛えることができるのでオススメですよ。遊びならがら左手で絵を描かせてみるのもいいでしょう。

子供に過剰なストレスを与えないように十分に注意しながら、楽しく矯正しましょうね。

 - 生活・ライフスタイル

ページ
上部へ