弾む会話を目指すあなたにコミュニケーションのネタ帳

コミュステ

レジンと接着剤に違いはある?代用は出来るのか調べてみました

      2018/06/04

レジンと接着剤に違いはある?代用は出来るのか調べてみました

アクセサリー作りなどに使われるレジンと接着剤は似ていますが、そこに違いはあるのでしょうか?

レジンを接着剤として代用することは出来る?逆に、レジンとして接着剤を使うことも出来るの?

レジンの安全性についてや、接着剤の選び方についても調べてみました。

スポンサーリンク

  この記事の関連記事

スポンサーリンク

UVレジン液を接着剤として代用したい!そこに違いはあるの?

最近のハンドメイドブームで身近に使われるようになった、レジン液とはどのようなものなのでしょう?

いくつか種類がありますが、「エポキシ樹脂」と言われる2液性のものと「UVレジン液」と呼ばれる1液性のものなどが有り、どちらも液体ですが、透明に固まります。

しかし実は、UVレジン液はどこのメーカーのものも「接着」といえるレベルには到達していないとう説もあるようです。

詳しく説明すると、レジンでは、一応密着している程度で、収縮もありよく見ると下から浮いて、浮いた箇所が色が白っぽくなっていることに気づく人もいるかもしれません。

UVレジンは接着としての強度は弱く、ツルツルしたものからは剥がれやすいという特徴があるのです。

元々接着剤ではないので、触ったり使っているうちに振動などで落ちてしまうことは仕方ないようです。

どのくらいで取れてしまったとか、どの会社のレジンが外れやすい、接着時のコツとか値段も関係なしに、UVレジンは全部剥がれてしまいます。

レジンと接着剤の併用で強度を上げられるかもしれませんので、試してみるのも手です。

レジンとあまり違いを感じない!?おすすめのエポキシ接着剤について

人気のアクリルビーズを使ったピアスやイヤリングは、手軽に作れるとあって人気を集めていますが、そのアクセサリー作りに便利な強力接着剤のエポキシ2液混合タイプをご存知ですか?

アクセサリーの台座にピアス金具を付けるときや台座にカボションを付けるときなど、アクセサリー作りには、工具の他に接着剤を使用することはよくあります。

しかしよくある瞬間接着剤だと、うまく付かないことや、アクセサリーの場合、強度がイマイチなこと、また一度付けてしまうと微調整ができない、手についてしまって落とすのが大変など扱いに苦労します。

おすすめのエポキシ2液混合タイプは、AとBのチューブがあり、それぞれ同量を混ぜることで固まるようになっています。

硬化するまでに10分ほどかかるので、微調整ができてとても便利です。

また、接着剤としてだけでなくレジンの代わりにも使えます。

AとBを混ぜたあとに好みの色の絵の具を少量足すと色付けすることができるます。

また固まるまでに少し時間がかかるので、失敗してもティッシュなどでオフすることができる点も嬉しいですし、剥離剤や熱湯で剥がすこともできるので、固まってしまってもやり直すことができるのでオススメです。

100均でも販売しているので、気軽に試すことができますね。

接着剤とも似ている・・・エポキシ樹脂とUVレジン液の違いとは

ここではエポキシ樹脂とUVレジン液の違いをご紹介します。

エポキシ樹脂の特徴

まず、2液性の「エポキシ樹脂」は、「主液」と「硬化液」の2つを混ぜ合わせ、それによって起こる化学反応によって硬化します。

硬化するまでに、10分から1~2日ほどかかるタイプもあるので、注意書きをよく読んで硬化時間を確認してから買ったほうがいいでしょう。

また、2液を混ぜ合わせる比率を誤ると、硬化しにくくなってしまうので注意が必要です。

UVレジン液の特徴

1液性の「UVレジン液」は、紫外線によって硬化するものです。

紫外線なので、太陽光に当てておけば硬化しますが、液の種類によっては時間がかかるものも多いので、「UVライト」を使う人が多いです。しかし最近は100均でも晴れの日なら太陽光で10分程度で固まるタイプのものも売っているので、気軽に楽しんでいる人も多いようです。

またUVレジン液には、ハードとソフトの2タイプがあり、硬化後、ハードタイプは固く、ソフトタイプはゴムのように柔らかく仕上がるという違いがあります。

クリアタイプのレジン液の中に、ドライフラワーを入れた丸やキューブ型のアクセサリー作品も人気ですが、厚みのあるものはUVライトを使わないと固まらない場合もあるので、ご注意ください。

レジンは危険!?その安全性について

ハンドメイド作品やレジンアクセサリーなどの流行を受け、「レジンは危険」という記事を見かけるようになりました。

実際のところはどうなのか、気になりますよね。

現在主流の 「UVレジン」 と 「エポキシレジン」 について、結論から言うとどちらも正しく扱えば安全です。

たしかに化学物質ですから、体質によっては原液が皮膚について荒れる人もあるかもしれません。

その場合はビニール手袋を着用して作業をすれば大丈夫です。

また、においや化学反応による気化物質が気になる場合はしっかり換気をすれば問題ありません。

「レジンアレルギー」 という言葉をネット上で見かけますが、アレルゲンはホントに様々ですから、結局は人それぞれの体質といわざるを得ないでしょう。

私は30年近く自宅でレジンで作品制作を行ってきましたが、私の経験では、レジンアレルギーの方はほんのわずかです。

接着剤を使う際は、その特徴によって使い分けをしよう

手持ちのアクセサリーのパーツが取れてしまった場合や、パーツを接着するだけでできるアクセサリーを作りたいときには、どの接着剤を選べばいいかよくわかりませんよね。

接着剤は特徴で賢く選びましょう

硬化前の液剤の状態

硬化前の状態がサラッとしていると、液だれしたり、布など浸透する素材には液が浸み込んでしまうため向いていませんが、プラモデルの様に小さな面積に薄く塗るときには向いています。

逆にねっとりしていると、液だれしないので、デコボコした面の隙間を埋めて接着できます。

硬化後の液剤の状態

硬化後がカチカチに固まるものとゴムのように弾力性があるものとでは、衝撃に対する強度が変わります。

弾力があればショックが吸収されるため、弾力性のあるほうが衝撃に強いといえます。

固まるまでのスピード

固まるスピードがゆっくりであれば、広い面に塗れたり、作業も余裕をもって出来ますが、時間がかかりすぎるのもやはり使いにくいものです。

接着したいものや自分の使い勝手に合わせて考慮してみると良いと思います。

接着したものがアクセサリーなどの細かいものの場合は、一度接着液を紙皿などに出し、つまようじの先端で少しずつ着けていくのがオススメです。

今持っている接着剤でも、使える素材、粘度、固まったときの弾力性などを確認して賢く使いましょう。

 

 - 知識・雑学

ページ
上部へ