弾む会話を目指すあなたにコミュニケーションのネタ帳

コミュステ

レジンの硬化時間はどれくらい?UVライトのワット数でも違う

      2018/06/04

レジンの硬化時間はどれくらい?UVライトのワット数でも違う

レジンは紫外線で固まる樹脂で、最近はアクセサリー作りに人気が高まり100円ショップでも材料が売られています。

UVライトを使うと短時間でレジンを硬化させることができます。紫外線ですからもちろん太陽光でも硬化させることはできますがデメリットもいろいろあります。

レジンの硬化時間についても、UVライトと太陽光を比較しつつご紹介します。

スポンサーリンク

  この記事の関連記事

スポンサーリンク

レジンってどんなもの?UVライト・太陽光で硬化時間が変わる

「UVレジン」とは、紫外線で硬化する樹脂です。

UVレジン液は、通常液体ですが紫外線が当てられると、硬く硬化します。

金属や紙類、布、プラスチック、タイルなどにも幅広く使えて、刺激臭もありません。

レジンには、大きく分けると二つのタイプがあります。

  • 2液タイプ…主剤に硬化剤を混ぜて固める
  • 1液タイプ…混ぜ合わせる作業が必要がない手軽なもの

UVレジンは、この1液タイプのものです。扱いが容易なので、アクセサリー作りなどに気軽に使うことができます。

UVレジンは2液タイプのものよりも硬化時間が短く、晴れた日の太陽光でも30分から1時間程度で硬化します。

ただし、硬化時間は紫外線の強さ以外にも、温度や湿度、作品の大きさや厚みなどでも変わってきます。

UVライト(UVレジンランプ)などがあれば、もっと短時間での硬化が可能です。

UVライトを使えばレジンの硬化時間はどれくらい?

UVライトを使ってUVレジンを硬化させる場合は、W数によっても硬化までの時間が違います。

一般的に、UVライトには9Wと36Wの2種類があり、W数が高いと硬化時間を短縮できます。

9WのUVライト

硬化時間の目安は30分程度。UVライトは30分以上継続して使ってはいけないので、30分照射したら一旦様子を見ましょう。

36WのUVライト

作品の大きさなどにもよりますが、36WのUVライトでは2分程度で硬化します。

厚みのある作品の場合には、5分以上の照射時間を見ておきましょう。

このようにUVレジンは、紫外線の照射によって硬化するので、ドライヤーの温風を当てても硬化しません。

見た目には透明な接着剤にも似ているので、ついつい温めたくなりますが、それでは硬化するどころか、逆に溶けたようになってしまうこともあります。

蛍光灯では完全な硬化はしないので、UVライトを使わない場合夜間の硬化は無理でしょう。

UVライトを使いつつ、レジンの硬化時間を更に短縮する方法と注意点

UVライト使用で硬化時間を短縮する方法

  • 鏡を使う…ランプの入り口に蓋をするように鏡を立てかけると、気持ち硬化が早まる
  • アルミホイルを使う…鏡と同じく、入り口をアルミホイルでふさぐ
  • 温度を上げる…レジンが固まる原理は化学反応によるものです。硬化を早めるには温度を上げるのも一つの手段です。ただし、温度上げすぎるとレジンの中に気泡が出来てしまうなどの問題もあります。

最近は、UV(紫外線)だけでなく、LEDライトで硬化するレジンも登場しています。

LEDでもUVでも硬化させることができるというもので、最大のメリットは硬化するまでの時間が短くて済むということです。

また、レジンが黄色味を帯びてしまう黄変も起こりにくいので、アクセサリーを作る場合などは特に嬉しいですね。

UVライトを使わず太陽光だと天候によってレジンの効果時間に幅がある

100円ショップでも売られるようになったレジン液。手軽に始めるなら、最初からあまり出費もしたくありません。

最初からUVライトを購入しなくても、太陽光で硬化させることができます。

太陽光でUVレジンを硬化させるときのメリットとデメリットを見ていきましょう。

太陽光でUVレジンをするメリット

  • なんと言っても経済的
  • 大きな作品や一度に多くの作品を硬化させられる

太陽光でUVレジンをするデメリット

  • 晴天の太陽でも完全にUVレジン作品を完全に硬化させるには30分~1時間ほどかかります。何層にも重ねた作品では非常に時間がかかることもあります。
  • 天候の影響があり、雨や曇りだと紫外線量が少なくUVレジンは固まりにくくなります。
  • 一定時間日の当たる場所に置いておくことになるので、ホコリが入らないように対策をする必要があります。
  • 硬化する前にホコリやチリがついてしまうと、そのまま固まってしまい残念な作品になってしまいます。

レジンを趣味にするのなら、やっぱりUVライトは必須?

レジン作品を作るのに、UVライトまで用意するかどうかを考えてみましょう。

天候に左右され、晴天の場合や薄曇りといった太陽光の当たり具合で硬化までの時間にもバラつきがあります。

曇りや雨だともっと時間がかかりますし、なんといっても注意したいのはホコリ。

丁寧に時間をかけて作った作品に、ホコリが入って硬化してしまっては悲しすぎますよね。

いろんなデザインでたくさんの作品を作ってみたくても硬化に時間がかかるようでは、なかなか作品作りもままなりません。

最近はネットで手頃な価格帯(数千円)で販売されているUVライトもありますので、大きな出費をせずに入手できるものもあります。

そして購入するのであれば、やはり9Wよりも、より短時間で硬化できる36Wのものがいいでしょう。

レジンを趣味にたくさん作品を作りたいのなら、やはりUVライトは必須アイテムといえるでしょう。

 - 生活・ライフスタイル

ページ
上部へ