弾む会話を目指すあなたにコミュニケーションのネタ帳

コミュステ

レジンの表面がベタベタする時はトップコートで救済措置

      2018/06/04

レジンの表面がベタベタする時はトップコートで救済措置

好みのアクセサリーが作れるレジン。でも、出来上がってみたらなんだか表面がベタベタする…。

そんなときはコーティング剤を表面に施せばツヤツヤに。専用のトップコートもありますが、ネイル用のものを代用している人も多いようです。

レジンがべたべたする原因やトップコートの使い方などについてをご紹介していきます。

スポンサーリンク

  この記事の関連記事

スポンサーリンク

レジンの表面がベタベタしたらトップコートなどでコーティング

レジン作品の仕上げに必要なのがコーティング剤です。
トップコートもこのコーティング剤の分類になります。

レジン表面を保護しながら、作品にツヤを与えて、ぷっくりと可愛らしくなります。

中には乾燥後にべたべたした感触が気になるというものもありますが、トップコートですとベタつきも起こらずに、表面をカバーします。

また、もちろんレジン専用のコーティング剤もおすすめです。
専用のものだと水性で揮発しにくいという性質で使いやすいでしょう。

臭いも穏やかで、鼻にツーンとくる臭いがありません。
筆ムラも起こしにくく、簡単にツヤのあるレジン作品になります。

液体自体は乳白色ですが、乾燥後には無色透明になりキレイにコーティングしてくれます。
こちらの成分は、水と合成樹脂から作られています。

レジンのベタベタ修正にトップコートを使ったけど失敗した体験

レジンというのは、紫外線の影響で黄色っぽく変色してしまうことがあります。
これを『気変』と呼ぶそうです。

せっかく自分で作ったお気に入りのアクセサリーは長く使いたいですよね。
また、プレゼントとして贈っても、すぐに変色してしまうと悲しいですし…。

レジンアクセサリーを長く使うためには、トップコートなどのコーティング剤は必ず使った方がいいでしょう。
時間が経ったときに違いが出ます。

レジンアクセサリーにおすすめのコーティング剤として、スプレータイプのものがあります。
紫外線を防ぎながら表面にツヤを与えます。

スプレータイプで手軽なので、ポイントを押さえずにさっそく使ってみると…。
失敗してしまったという方の声を聞いたことがあります。

スプレータイプは屋外使用が必須なので、やや湿度の高い薄暗い時間に外でスプレーしてみると、細かい気泡がたくさんついて白く曇ってしまいました。

スプレータイプのコーティング剤は次の点に注意しましょう。

  • スプレー缶はしっかりと振ってから使用する
  • 湿度が高いと白く濁りやすいので湿度が高い日は避ける
  • 同じ場所につけすぎない
  • スプレー缶を近付けすぎない

レジンのベタベタにはネイル用トップコートも使える

レジンのベタつきにはトップコートが使えますが、そもそもレジンのベタつきというのは、どのような原因があるのでしょうか。

ベタつきの一番考えられる原因としては、紫外線に当てる時間が短すぎるということが考えられます。
もう少し硬化時間を長くすると解決する場合もあります。

作る作品によって、封入物やレジンの量は違ってくるとおもいます。
ですので、レジン液に硬化時間が記入されていますが、少し長めに時間を設定した方が安心です。

ランプを使い指定時間照射しても、中は固まっていそうだけど、表面はなんだかベタつきがある、という時にはもう一度照射しましょう。

また、作業中に水分が入ってしまうと、硬化不良の元になります。
レジンと水分は相性が悪いので、作業中には周りに水分や飲み物など置かないように気を付けて下さい。

レジンの仕上げにトップコートをスプレーするときの注意点

先ほどもお話したスプレータイプのコーティング剤。
これは、レジン以外にもプラモデルなどに使っている方が多いようです。

使い方をもう一度詳しくみていきましょう。

まずは、スプレー缶を良く振ります。
実はこのよく振るという作業がとても大切なのです。

作品からは、近過ぎず遠すぎず、20~30cmくらいの距離でスプレーします。
一度に大量に吹き付けるのではなく、数回に分けてスプレーするとキレイに仕上がります。

また、湿気は白く濁る原因になるので湿度が高い時には使用しないのがおすすめです。

そして、使う際には屋外で使うか、室内でつかうのであればしっかりと換気することが必要です。

 - 生活・ライフスタイル

ページ
上部へ