弾む会話を目指すあなたにコミュニケーションのネタ帳

コミュステ

レジン作品がベタベタする時の対処方法を教えます

      2018/06/04

レジン作品がベタベタする時の対処方法を教えます

出来上がったレジンがベタベタする時ありませんか?作品を作った直後のべたつきはどうして起きるのでしょうか?その理由は?

作った直後に起きるべたつきの対処の仕方や期間がたってからのべたつきの対処方法や改善方法について紹介します。

ベンジのべたつきの原因と解決方法について調べてまとめてみましたので参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

  この記事の関連記事

スポンサーリンク

レジン作品がベタベタする時の対処方法は?

ハンドメイドブームもあり、レジンアクセサリーを楽しむ方も多いですよね。
中に入れる封入物もさまざまなタイプがあり、オリジナルのアクセサリーを作ることができます。

そんなレジンですが、表面がベタベタすると感じたことはありませんか?
レジンのベタつきが気になる場合には、次のことが原因になっている可能性があります。

ベタベタするのは硬化時間が不足しているから

ベタつきの一番考えられる原因として、この硬化時間の不足が考えられます。
紫外線に当てる時間が短すぎる場合には、照射時間をもう少し長くしましょう。

デザインによっては、封入物の多さやレジンの量にも違いがあります。
レジン液に硬化時間が記載されていますが、少し長めにしておいた方が安心ですよね。

レジンは、気温や湿度によっても微妙に違いが起きるので、UVライトは長めに当てると思っておくと良いでしょう。

水分が入ってベタベタする

先ほどもお話したように、レジンは湿度によっても硬化に変化が起きます。
ましてや作品に水分が入ってしまったら、レジン液がしっかりと硬化せずにベタつきが起きる場合もあります。
レジンと水分は相性が悪いので、作業中には水分に触れないように気を付けて下さい。

レジンが固まらないでベタベタする時の対処の仕方

レジン液を使う時には、一度にたくさん塗らずに、薄く何回かに分けて塗るときれいに仕上がります。

レジン液は基本的には、底にベースとして塗り、硬化させてから再びレジン液を入れて封入パーツなどを入れていきます。
これを繰り返していきます。
ベースを塗る時に、作品の強度のためについ厚く塗ってしまいたくなりますが、シリコンモールドなどを使用した際には、下の方にまでUVライトの光が届かなくなってしまいます。
ですので、一度に多くを固めようとはせずに、少しずつ流し込んでレジン用の細筆や竹串を使って薄く伸ばして下さい。

封入パーツに厚みがあったとしても、一度に全部固めなくても大丈夫です。
何回かに分けてレジン液を重ねて硬化を繰り返した方がきれいに出来ます。

レジンクラフトは薄く伸ばして硬化を繰り返す、焦らずじっくりと作るのがポイントです。

レジンがベタベタする時の対処方法はコレ!

レジンにベタつきが残る…。そんな時の対処法としてはレジン液を表面に薄く塗り、もう一度硬化させます。

この時には、照射時間を長めにとり、しっかりと硬化させます。

レジンは薄く塗り、硬化を繰り返すという話は先ほどからしていますが、この硬化、最後の1回が特に重要です。

下の層はしっかりと硬化が行われてなくても、実はあまり仕上がりに影響はありません。もし、ベタつきが残っていても、さらに上にレジンの層ができるのであまり影響がないのです。

最後の仕上げの層はしっかりと硬化させて下さい。

レジンがベタベタする時の対処や改善方法はあるの?

では、未硬化の残りのレジンをふき取る方法をご紹介します。

指にも付くような感じのベタつきならば、硬化不良というのが考えられます。
除光液やベンジンでふき取っても効果がないようでしたら、いくら塗ってもベタベタになる可能性が高いのであきらめましょう。

相性の悪いクリーナーやアセトンで拭くと、表面が少し曇ってしまうことがあります。
UVレジンクリーナー専用の拭き取りスポンジを使わずに、ティッシュやコットンを使ってしまうと繊維が付着してしまい、これを取るのは難しくなります。

除光液の種類によっては、アセトンが使われていないノンアセトンの除光液というのがあります。
アセトンフリーと表示されている場合もあります。
このタイプの除光液を使うと未硬化レジン液は取れやすくなります。

また、アルコールが含まれてるシートで拭くときれいに落ちることが多いようです。

レジンで手がベタベタする時は○○で対処

レジン作品を作る時にの注意点をご紹介します。

レジンで手がべたついてしまう

レジン液で作品を作っていると、いろいろなところにべたべたついてしまうのが困るという声を聞きます。
そんな時には手袋を使うと、効率もよくなり安全です。

また、マスキングテープを使った方法もあります。
マスキングテープの粘着面を表にして輪を作ります。
それをシリコンマットやプラスチックファイルに貼り付けて、その上にミール皿を乗せます。
作業中も動かなくなりとても作りやすくなります。

レジン液が上手く塗れない

レジン液を伸ばすのに、よくつまようじを使うと良いと言われますが、小さい作品などだとレジン液が溢れてしまうことがあります。
ミール皿のように、縁に少し高さのあるものが土台の場合には良いですが、ベースにプラバンなどを使う時には、表面が平面なので特に流れやすくなります。

そんな時には、絵を描く時に使うような筆をおすすめします。
かなり細めの筆を使い、絵具を塗っていくように丁寧に塗って下さい。

 - 生活・ライフスタイル

ページ
上部へ