弾む会話を目指すあなたにコミュニケーションのネタ帳

コミュステ

もやしは消化に時間がかかる?もやしと消化についてご紹介

      2018/06/04

もやしは消化に時間がかかる?もやしと消化についてご紹介

もやしって消化が悪い印象がありますよね。実際に消化にかかる時間はどうなのでしょうか?

野菜は本来消化がよい食べ物に分類されています。しかし中には例外の野菜も・・・。

そんな野菜や消化についてご紹介いたします。

また消化が悪い食べ物も調理方法次第では、消化に時間がかからなくなる場合もあります。

もやしは沢山の栄養を含んだ野菜なので実はダイエットにも向いているんです!調理方法を工夫して美味しくいただきましょう。

スポンサーリンク

  この記事の関連記事

スポンサーリンク

もやしの消化時間は?一般的な食べ物の消化時間

食べ物の消化時間ってどのくらいかかると思いますか?野菜は消化がよい食べ物に分類されています。

食べたものが消化され体外に排出されるまでは、24時間から72時間ほどとなっています。1日から3日くらいという事ですね。

結構長いと思いませんか?
食べたものは腸を通ってきますが、腸の長さは人それぞれです。また消化にかかる時間も人によって異なります。

食事の後にトイレに行きたくなり、便が出た、下痢をしていた、という経験はありませんか?
さっき何か悪いものでも食べたかな?と思ってしましますが、この時の便は昨日食べたものが排出されているのです。

食中毒やウイルスなどによる下痢の場合でも、その時食べたものが便で出ているわけではありません。
便になってでるまでに、1日から3日かかりますのでその前に食べた物が出ています。

もやしは消化に時間がかかる?消化が悪い野菜や果物

野菜は消化がいいイメージがありますね。ですが中にはあまり消化が良くない食べ物もあります。
食物繊維が多いものは消化が良くないです。

食物繊維が多いといえば、ゴボウやレンコンですね。
他にももやし・にら ・大豆・トウモロコシ・こんにゃくなどがそうです。
ダイエットに向いているキノコ類や海藻類もそうなんですよ。

消化されにくいので、食べる時はよく噛んで食べましょう。そうすると胃や腸の負担も減ります。
またよく噛まないで飲み込むと、便でそのまま出てきたという事になってしまいます。

風邪をひいた時に果物を食べますよね?果物は消化が良いイメージがありませんか?

果物にも消化がよくないものがあります。
イチゴ・みかん・レモン ・パイナップル などがそうです。

みかんの白い筋は食物繊維なので食べたほうがいいといわれていますが、消化にはあまりよくないそうです。

みかんを皮ごと食べるという人は、胃腸が弱っているときは皮を取ってから食べるといいそうです。

もやしは消化に時間がかかる!調理方法で工夫を

消化時間がかかる食べ物は、料理の仕方を工夫してみるといいですね。そうすることで消化を助けてくれます。

まずは「茹でる」方法です。

食物繊維が多い野菜も、茹でることで柔らかくなり胃腸の負担が減ります。

動物性脂肪が含まれている肉や魚の場合、茹でることで脂肪分が落ちて消化しやすくなります。
ですが茹でると、ビタミンなどお湯に溶け出てしまう食材もありますので、少しづつ茹でることをお勧めします。

次に「電子レンジ」を使う方法です。
栄養分がお湯に溶け出てしまう食材の場合は、電子レンジがオススメです。
また鍋を洗う手間も省けますので便利で、時短にもなります。

「煮る」方法もあります。
煮込み料理もオススメですよ。
また食材を小さく切ることで消化を助けてくれます。
色んな食材と一緒に煮こむことで、旨みも増しますよ。

そもそも消化が良い悪いとは?もやしの他に消化が悪いもの

消化に悪い=よくないことのようなイメージがありませんか?
じつはそうとも言い切れません。

消化に悪い=胃に長くとどまっている、ということです。
胃に長くとどまっているということは、空腹感を感じにくくなります。また血糖値の上昇がおだやかになります。

逆に消化が良い食べ物の場合は、空腹感を感じるのが早まってしまいます。

調理方法や何と何を食べたかで消化時間に違いはでてきます。
野菜の消化時間は30分とされていますが、バターで調理することによってその時間は長く伸びます。

消化の良いものをみていきましょう。

  • 半熟卵・・・90分
  • 牛乳100g・・・2時間
  • うどん100g・・・2時間半

牛乳は液体なので消化が早いと思ったら、意外に胃にとどまっているんですね。

消化に良くないものはこちらです。

  • 豚肉・かまぼこ・・・3時間強
  • 天ぷら・・・4時間
  • バター・・・12時間

油脂成分は時間がかかることがわかりますね。

もやしはダイエットに向いている野菜だって知ってた?

ダイエットしている人はもやしをよく食べますか?
もやしって栄養はあるの?って思いませんか?

もやしには色んな栄養が含まれていますよ。

もやしは、豆を発芽させたもので、豆にはない栄養素があるそうです。
タンパク質が多く、食物繊維、ビタミンの他にカルシウム、鉄分などが含まれています。

「アスパラギン酸」って聞いたことはありますか?
「アスパラギン酸」も含まれていて体内の老廃物が、尿となって排出されるそうです。
アスパラギン酸の働きはほかにもあって、疲労回復や代謝もアップさせてくれるといいます。

またその含有量は他の野菜と比較しても多いことが言えます。
値段もとても安くて、低カロリーで色んな料理に使える野菜ですね。

 - 料理・グルメ

ページ
上部へ