弾む会話を目指すあなたにコミュニケーションのネタ帳

コミュステ

ビールとバーボンのカクテル「ボイラーメーカー」をご紹介

      2018/06/05

ビールとバーボンのカクテル「ボイラーメーカー」をご紹介

ビールとバーボンを合わせたカクテルを知っていますか?

その名は「ボイラーメーカー」!とっても強いカクテルなんで、飲む時には酔いすぎないように注意をして下さいね。

ボイラーメーカーの名前の由来や作り方をご紹介いたします。

その他にもビールが好きな方の為に、ビールベースのカクテルも調べてみました。ぜひ、参考にしてみて下さい!

スポンサーリンク

  この記事の関連記事

スポンサーリンク

ビールとバーボンのカクテル「ボイラーメーカー」の由来

カクテルにはさまざまな種類があります。
有名なことろでは、ソルティドック、マルガリータ、スクリュードライバーなど聞いたことがあると思います。

何で出来ているカクテル?ボイラーメーカー

数多くあるカクテルの中で、一気に酔いがまわる「最強のカクテル」と呼ばれるものが存在します。
それはボイラーメーカーという名のカクテルです。
この名前の由来は諸説ありますが、アメリカの発電用ボイラー建設の仕事をしていた作業員がハードな労働の後に、すぐに酔っぱらうように、缶ビールを半分飲んだ後に、その缶の中に、バーボンウイスキーを入れた飲んだという説があります。
または、この強いカクテルを飲むと体がボイラーが燃えるように熱くなるということからこの名前が付けられたとも言われます。

この強いボイラーメーカーと言うカクテルは、映画などでも登場することがあります。
アメリカでは、この強いカクテルはお酒に酔いたい時に飲むための強いお酒として認識されているようです。

このボイラーメーカーに似たカクテルとして、バーボンをテキーラに変えたカクテルが「サブマリノ」というお酒があります。

韓国では、ジョッキ入りのビールに、ウイスキーを合わせる飲み方があり、これもかなり強いお酒です。

ビールとバーボンで作るカクテル、ボイラーメーカーの作り方

ボイラーメーカーは、泡立つことを考えて、トールグラスやジョッキなどの背の高いグラスを使うのが良いでしょう。
他には、バーボンやウイスキーを入れるショットグラスを準備します。

ボイラーメーカーの作り方

ビール…1本または1缶
ビールはさまざまな銘柄がありますが、ご自分の好きな味でどうぞ。

バーボン…40ml
ウイスキーの方が好きというからはウイスキーでも大丈夫です。

作り方

  1. ジョッキとショットグラス、ビールをよく冷やしておきます。
  2. グラスの6分目ぐらいまでビールを入れます。
  3. バーボンを入れたショットグラスをグラスに沈めて完成です。

ビールとバーボンのカクテルは合わせ方次第で上品な味わいに

バーボンを日常的に飲むという方は少ないかもしれません。

やはり、ビールや酎ハイ、焼酎など手軽に飲めるアルコールの方が口にする機会は多いですよね。

ですので、バーボンの種類と言っても、なかなかわからない方が多いと思います。
私もその一人です。

美味しいバーボンを取り扱うバーのマスターに、美味しいおすすめのバーボンを伺ってみました。

  • NOAH’S MILL
  • OLD EZRA
  • BOOKER’S

それぞれの飲み心地は違うものなのでしょうか。

「NOAH’S MILL」と「OLD EZRA」は甘い香りが特徴で、グラスに注ぐといい香りが広がります。
味ももちろん濃厚で、強いアルコール感を感じます。

「BOOKER’S」は、なんとアルコール度数が60℃を超える強さのお酒です。
先ほどのバーボンよりもさらに強い刺激があります。

カクテルの元になるビールとバーボンについて

ボイラーメーカーに使うビール

日本ではビールの定義というのが酒税法で定められています。
ビールの元になる麦芽やそれ以外の原料の割合などによって決まってきます。
米やその他の政令で定める物品(米・コーン・スターチ・糖類など)を麦芽の半分以上使うと、ビールではなく発泡酒という分類になります。

世界にもさまざまなビールがありますよね。
バイツェン、ピルスナー、ドルトムンダー、ケルシュ、ボック、エール、アルト、ポーターなど多くの種類があります。

バーボンウイスキーはどのようなお酒?

アメリカのケンタッキー州、ペンシルバニア州、バージニア州で製造されるウイスキーのことを指します。
とうもろこしを51%以上使い、最低2年は熟成させて作られています。
原料の51%以上がライ麦になると、ライウイスキーという呼び方になります。

テネシーウイスキーは、分類で言うとバーボンですが、テネシー州で蒸留し、熟成させたものをそう呼びます。

ビールで作るカクテルをご紹介!

カクテルの中には、ビールを使うカクテルが多くあります。

エッグ・ビール

ビール適量+卵黄1個
お酒に卵黄?と思いますが、この卵黄が味をまろやかにします。

ハーフ&ハーフ

黒ビール+淡色のビール
これは知っている方が多いかもしれません。
作り方のコツは、2種類同時にグラスに注ぐことです。

カンパリ・ビア

ビール適量+カンパリ 45ml
辛みが引き立つすっきりとした味わいです。

シャンデー・ガフ

ビール+ジンジャーエール
ジンジャーエールの甘味が飲みやすくカクテルです。

パナシェ

ビール+炭酸飲料
甘味のない炭酸飲料を合わせるとキリっとした味わいに。

 - 料理・グルメ

ページ
上部へ