弾む会話を目指すあなたにコミュニケーションのネタ帳

コミュステ

ザリガニの水槽の仕切りを手作り!ザリガニについての情報です

      2018/06/05

ザリガニの水槽の仕切りを手作り!ザリガニについての情報です

ザリガニ釣りをしたことはありますか?
そのままザリガニをペットとして飼っているという人もいます。

ザリガニを飼育する時には、いくつかの注意点がありました。ザリガニの共食いを防ぐために水槽には仕切りを付けるといいでしょう。

水槽セパレーターを作ってみよう!手作りの仕方や、ザリガニの基本の情報なども紹介します。

スポンサーリンク

  この記事の関連記事

スポンサーリンク

ザリガニの水槽の仕切り手作り!

ザリガニの水槽のセパレーターを作ってみました!

セパレーターを使うことで、広い場所を確保することも出来ますよ!
またザリガニなどを単独飼育してもいいですね。
水槽用のセパレーターを探し回りましたが、これだ!といものが見つかりませんでした。
売っているものはペラペラしていたり、サイズが合いません。

なので今流行のDIYです!

ザリガニ水槽の仕切りは簡単手作り!

  1. 塩ビ板を準備!
    アクリル水槽の奥行きは60cm。
    底面からフランジまでの高さは40cm。
    ますはこのサイズの塩ビ板を買ってきました。
    厚さは穴あけのことも考慮して、2ミリのものを選びました。
  2. 水槽に合わせてカット!
    カッターで傷をつけると簡単に折ることが出来ます。
  3. 穴あけ用の線を引いていく
    大体1cmの間隔で線を引きました。
    上の部分は穴を開けない状態で残しておきます。これがザリガニ用です。
  4. 3mmの穴をドリルであける
    パンチングボードが便利かと思いましたが、全体に穴が開いているのはよくありません。

ザリガニの水槽に仕切りが必要なわけとは

ザリガニは単独飼育が基本

基本、ザリガニは単独で飼いましょう。自然界に生息している時も単独です。

家庭で飼う場合は、飼育カゴの大きさの問題もあるかとは思いますが、共食いを防ぐためにも工夫が必要です。

ザリガニの共食いをするって知っていましたか?共食いを防ぐ方法を紹介します。

砂底の泥を多めにする。

ザリガニは自然界では、泥の中に穴を作って生息しています。そういった状態を作ってあげましょう。

泥が少ないと住み家をつくることが難しくなっってしまいます。
身を隠す場所がないと、共食いが始まることにもなります。ですので、できるだけ泥を深い状態にするのがオススメです。

弱いザリガニはやはり狙われてしまいます。ザリガニの共食いは仕方のないことでもありますが、出来るだけなくしてあげましょう。

仕切りを作る

隠れるスペースを作るのが難しい場合は、仕切りを作ってあげましょう。
脱皮したあとのザリガニは、まだ体が柔らかい状態なので襲われる可能性が高いです。

隠れられる場所をつくるか、仕切りがあるといいでしょう。

ザリガニの死因とは?共食いを防ぐために水槽を仕切りましょう

ザリガニを飼うのは意外と簡単です。
面倒なのが水槽の掃除や餌やりではないですか?

ザリガニはなかなか丈夫!

水槽は少しくらい汚れても大丈夫なんですよ。また温度にも強いんですって!
冬場は氷が張るくらい寒くても、夏場で水温が上がった状態でも、アメリカザリガニは生きているそうです。
またしばらくエサをあげていなくても生き延びています。

ではザリガニが死んでしまう原因は、どんなことが多いのでしょう?

丈夫なザリガニが命を落としてしまう原因

まずは「酸欠」があります。
ザリガニは魚と同じように、エラ呼吸しているそうです。時には陸に上がって肺呼吸することもあります。

ザリガニは、魚のように水面に口を出して酸素をとることが出来ません。
水質が悪かったり、飼育状態が過密だったりする場合は、水の中の酸素が少なくなって酸欠を起こして死んでしまうことがあります。
こういった場合は、エアレーションすることで回避することが出来ますよ。

他に「共食い」もあります。
自分以外は全部食べ物だと思っています。
一つの水槽に多頭飼いしていると、エサだと思って食べてしまうことがあるのです。

ザリガニの種類やからだの不思議

ザリガニにはどんな種類があるのかみてみましょう。

アメリカザリガニ

一番有名なザリガニではないでしょうか。
北アメリカからやってきました。日本の川や沼や池にいます。
12cmくらいの大きさで体が丈夫なので飼育しやすいです。

日本ザリガニ

東北や北海道の湧水にいます。低水温と水流がいるので飼うのは難しいでしょう。

ミステリークレイフィッシュ

不思議なザリガニで、一匹で増えるそうです。全部メスなんだそうです。

ザリガニを飼ってみよう!必要なものを紹介

ザリガニの飼育に必要なものを紹介します。

  • まずは水槽を用意!水を深く張って飼育する場合は、逃げないようにフタをしましょう。

水槽が大きく、水も多いほうが温度は安定します。また匂いや汚れも発生しにくくなります。

  • 次に水槽に敷く砂です。砂はあらい砂よりも、細かい砂のほうがオススメです。
  • ザリガニの隠れ家も必要です。塩化ビニールのパイプなどがいいでしょう。割れた植木鉢をおいている人もいますね。

一般的にザリガニは夜行性なので、昼間など隠れるところがあったほうがいいでしょう。隠れ家があったほうが、ストレスを感じることが少なく生活できるでしょう。

  • 水草もあるといいです。水草も隠れ場所になったり、子ザリガニがつかまったりします。

また植物性のえさの役目もしますよ。

 

他にエアポンプはあったら安心ですね。酸素の出る錠剤なんかも売っていますよ。

 - 動物・ペット

ページ
上部へ