弾む会話を目指すあなたにコミュニケーションのネタ帳

コミュステ

クッキーが生焼け?しっとりとした状態のクッキーは生焼けかも!

      2018/06/04

クッキーが生焼け?しっとりとした状態のクッキーは生焼けかも!

クッキーを手作りして食べようと思っても、生焼けの状態だと美味しく食べることが出来ませんよね!

クッキーを焼いた時にしっとりとした状態の場合は生焼けの可能性がありますが、見分けるのが難しいこともあります。生焼けのクッキーを食べるとお腹を壊すこともありますので、手作りをする場合は注意が必要です。

クッキーが生焼けの状態かきちんと焼けているかを見分けるポイントについてお伝えします!

スポンサーリンク

  この記事の関連記事

スポンサーリンク

クッキーがしっとりしている時は生焼け?

クッキーにちゃんと火が通っているか生焼けかを見分けるにはやはり食べてみることが一番です。

生の状態の生地の味であったり、しっとりした感じが部分的に残っている場合は生焼けとなります。

サクッとした食感であったり、香ばしい味わいであれば火が通っている状態となります。
表面はこんがり焼けていても中に火が通っていなくて生焼けでガッカリという経験がある人は多いのではないでしょうか?

再度オーブンで焼き直しをすれば大丈夫!

焼きたてのクッキーは、熱いのでしっとりしています。冷めるとサクサクした食感になりますが食べてみて生っぽければもう一度焼きましょう。

また、クッキーのレシピ通りに作っても生っぽいのはクッキーに厚さがあるためかもしれません。オーブンの温度を上げると焦げやすくなってしまうのでクッキーの厚さを調整してみるといいでしょう。

しっとりした仕上がりになるクッキー以外は生焼けかも!

しっとり系クッキーを作ったわけではないのに、食べてみたら中が少しドロッとしているのは生焼けの可能性が高いでしょう。

材料や作る過程に問題があると、サクサクした食感のクッキーのレシピであってもしっとりしたものになってしまうことがあります。

生焼けか、そうでないかは食べてみて判断となるのですが生の生地の味、わかりますか?
一番わかりやすいのは、焼く前の生の生地を少しなめてみるとわかりやすいかと思います。生の生地は、たくさん食べるとお腹を壊すので気をつけてください。

感覚としては、ザラっとして粉の味や卵の味がまだ完全に結合していない、個々の味がそのままというような感じになります。

きちんと焼かれているクッキーであれば、ねっとりとした食感はないはずです。

クッキーが生焼けでしっとりしない為に基本の作り方を学ぼう

クッキー作りで失敗しないためにはどんなポイントがあるのでしょうか?基本的なクッキー作りの方法を紹介します。

クッキー生地の作り方はいろいろあります。これから紹介するのは、柔らかくしたバターに砂糖・卵・粉類を加えていく方法のクッキーの作り方になります。

まず、柔らかく室温に戻したバターに砂糖を入れ白っぽくなるまで混ぜましょう。きちんとバターと砂糖を混ぜることで空気が含まれてサクサクの食感が生まれるのです。

よくときほぐした卵を、2回以上に分けて加えましょう。一度に加えると、分離しやすくなり食感が悪くなってしまいます。

レシピで卵がひとつであっても、2〜3回に分けて加えるといいでしょう。ここまでは、しっかりと混ぜます。

粉を加えたら縦に切るように混ぜ合わせましょう。練らないように注意してください。小麦粉と水分を合わせてから混ぜすぎてしまうと生地が硬くなる原因となります。

生地を伸ばすときは、できるだけ厚みのムラをなくすようにしてください。ポイントは、一定の方向だけでなく、一度90度回転させて別方向からも伸ばすと均一な厚みになりやすいです。

生焼けのクッキーを食べると腹痛を起こす!

小麦粉を生で食べると、消化されにくので腹痛や下痢、消化不良を起こしてしまう可能性があります。

胃腸の弱い人は、少しであってもお腹を壊す原因となってしまうので気をつけましょう。
そもそも、火を通していない小麦粉は美味しくありません。小麦のデンプンがざらつきます。小麦に含まれる「Bデンプン」は、加熱することによって消化の良いデンプンに変わるのです。

お米も、小麦粉と同じように生のまま食べると消化不良を起こす原因となります。

また、生やけの他に気をつけたいのが保存方法です。

小麦粉を卵や水などと混ぜて、ホットケーキやパン生地、クッキーやケーキ生地にしたときには冷蔵庫や冷凍庫に入れて保存しましょう。

とくに、クッキー生地は手で触れるので型抜きをしたらすぐに焼きましょう。

手作りクッキーの賞味期限は一般的には1週間程度と言われています。クッキーは焼いた時点で菌は死滅してしまいます。水分もほとんどありませんが、美味しく食べられる期間の3日程度で食べきることをおすすめします。

焼いたクッキーは常温で保存可能です。

ホットケーキミックスで簡単・美味しいクッキー作り

材料はたったの2つだけ!

  • ホットケーキミックス 200g
  • マーガリン      100g
    (有塩もしくは無塩)

作り方は、ボールにマーガリンを入れ、泡立て器でクリーム状にします。ゴムべらでホットケーキミックスを2~3回に分けて入れてさっくりと混ぜ合わせます。ホットケーキミックスはふるっておくといいですね。

ラップを大きめに敷いたら、生地をひとまとめにしましょう。ラップの上から綿棒で3~4mmの厚さにのばすとくっつかずにできます。

型で抜き、クッキングシートを敷いた天板にのせてください。オーブンの場合は180度です。トースターの場合は750wです。

焼く時間は10分。オーブンやトースターによって1~2分の誤差があるかもしれません。オーブンの予熱が足りないと広がってしまいます。

型抜きをしている時に生地が柔らかくなってしまったときには、一度30分くらい冷蔵庫で冷やしましょう。

ココアクッキーを作るときには、ホットケーキミックス100g、無糖ココア15g、マーガリン50gで混ぜるといいですよ。

型抜きがなければ、生地を手で丸め、指でおさえて少し平らにして焼くのも可愛いですよ。このときには生地が厚いので10~12分焼いてください。

甘さがしつこくないのでアイシングクッキーにもおすすめです。

 - 料理・グルメ

ページ
上部へ