弾む会話を目指すあなたにコミュニケーションのネタ帳

コミュステ

お礼の電話で留守電に切り替わってしまった時のマナー

      2018/06/05

お礼の電話で留守電に切り替わってしまった時のマナー

お礼の電話をかけたら留守電に切り替わってしまうことはよくあることです。

不意の留守電で焦ってしまい、電話を思わず切ってしまうのはよくありません。

お礼の電話で留守電に切り替わってしまった時のマナーについて詳しくご説明します。

スポンサーリンク

  この記事の関連記事

スポンサーリンク

お礼の電話をする時の時間帯は?留守電の時はどうするべき?

お礼の電話をする時間帯

相手がどのような生活スタイルなのかにもよりますが、基本的には早朝・深夜・仕事中は避けるようにしましょう。

そこまで親しくないという相手の場合には、生活スタイルがわからないことも多いかと思います。だいたい20時頃であれば、どのご家庭も夕飯を食べ終わって落ち着いている時間帯かと思いますので、その時間帯を狙ってみてはいかがでしょうか。

もし何かの理由で21時を過ぎてしまうような場合には、「夜分遅くすみません」と一言付け加えるのがマナーです。

休日は、9時~20時頃にかけるようにしましょう。

留守電だった場合

電話をかけても留守電になることってありますよね。そんな時には切ってしまわずに、メッセージを残しておくようにしましょう。

「○○(自分の名前)です。先日は、○○をお送りいただきましてありがとうございました。また改めてお電話させていただきます。」

その後、また電話をするようにしてください。何度かかけても繋がらないという場合、何日もかけ続けるのは少し迷惑になってしまうかもしれません。お礼状を書き、電話が繋がらなかった旨も添えておきましょう。

電話が留守電になってしまったらお礼の言葉と後日かけ直すメッセージを!

電話をしたからと言って、必ず繋がるわけではありません。留守電になってしまうことも多々ありますが、「お礼も留守電に入れておけば良いか!」という考えはあまりよろしくありません。

お礼というのは、本来直接伝えるというのがマナーです。

しかし遠くに住んでいる相手であったり、すぐに会えないという状況の場合には、直接お礼を伝えられない代わりに電話という手段が用いられるのです。

その為、お礼を留守電に入れて済ませるというのは、人として礼儀が出来ていないと思われてしまう可能性だってあります。

電話をかけて万が一留守電になった場合は、一度お礼の言葉を言いつつも再度かけなおすことを伝えておきましょう。

「先日は、○○をお送りいただきましてありがとうございました。何度かお電話させていただいたのですがご不在のようでしたので、また改めてご連絡させていただきます。」

こんな風にメッセージを残しておくと、相手から折り返しの電話がかかってくる可能性もあります。もしかかってこない場合には、またかけ直してくださいね。

お礼の電話をしたら留守電に!苦手な留守電にメッセージを吹き込むコツは?

留守電になった場合を想定して、電話をかける

相手に繋がると思って電話をかけたのに、留守電になってしまって焦った経験ありませんか?だからと言って、無言で電話を切るなんてことは絶対にしてはいけません。今まで無言で切っていたなんて言う方は、今後はしないように注意してください。

だからと言って、焦った状態で何を言っているのかわからないようなメッセージを残すのも、恥ずかしいことです。

そういったことが起こらない為にも、電話をかける前には留守電になった場合のことも想定してかけるようにしてください。

個人宅にかける場合には特に、日中は留守にしている可能性も高いです。留守電になった場合に伝えることなどを整理してから、電話をかけましょう。

留守電を入れる時は、はっきり、ゆっくり名乗る

留守電を入れる際には、自分の名前を名乗るのが基本中の基本です。自分の社名や名前を名乗る際、いつも言い慣れていることからつい早口になってしまうことがあります。しかし受け取った側からすると、聞き慣れない会社名などの場合は誰から電話が来たのかもわからないなんてことが起こります。

そうならない為にも会社名や名前を名乗る際は、はっきりとゆっくりと話すことを意識してみて下さい。

お歳暮のお礼の電話、正しいかけ方とは?

お歳暮を頂いた場合にも、お礼の電話が必要になります。その時は、どのように言えば良いのでしょうか?定番の決まり文句がありますので、覚えてしまいましょう。

「結構なお歳暮(お品物)をいただきまして、ありがとうございます。」
これです。

普段あまり言い慣れていない方には、少し難しいと感じるかもしれませんね。

上手に伝えられる自信がないと思う方は、自己暗示をかけると良いでしょう。実際に贈り物を頂いているわけですから、本当にありがたいと強く思うようにするのです。強く思うことで、ありがたいという気持ちが自然に出てきて「ありがとうございます」ときちんと伝えられると思います。

上司に頼まれたから、仕方なく電話をかけている、なんていう思いのまま電話をかけるのはNGです。それは相手に対しても失礼ですよ。仮に最初はそういった気持ちを抱いてしまった場合でも、電話を掛ける前には自己暗示をして「ありがたい」という思いでいっぱいの状態にしましょう。

お歳暮のお礼は電話だけで問題ないの?

お歳暮のお礼をする際には、電話のみで問題ありません。

送った側としてはきちんと届いたのかが気になるところですので、受け取った側は電話でお礼を伝えるのが一般的となっています。ハガキでお礼を伝えるという方法もありますが、すぐに伝えられる電話の方が良いと思います。

お歳暮の時期というのは年末ですので、年賀状にお礼を書くのはアリ?というのも気になるところですよね。しかし、それはやめておいた方が良いでしょう。年賀状は年が明けて届くものですが、お歳暮というのは年末の贈り物ですので、その年のうちにお礼も伝えるべきなのです。

やはり電話でお礼を言うのが一番かと思いますが、どうしても文章でお礼を伝えたかったり、相手が古い考えの人で文章で送った方が良いと考える場合は、葉書を送っても良いかと思います。

そして、お歳暮が届いた場合にはお返しをするべきなのか?というのも気になるところです。

基本的にお中元やお歳暮はお礼のみでOKで、お返しをする必要はあまりないようです。よく、冠婚葬祭を理由にお歳暮を貰うケースがあります。しかし、お祝いとお歳暮は別もので、違うものとして考えて良いかと思います。

 - コミュニケーション

ページ
上部へ