弾む会話を目指すあなたにコミュニケーションのネタ帳

コミュステ

隣人が騒音でうるさい時はどうする?一軒家の場合の対処法

      2018/06/05

隣人が騒音でうるさい時はどうする?一軒家の場合の対処法

隣人の騒音問題はアパートやマンションだけではありません。一軒家に住んでいる場合も例外ではありません。

念願のマイホームを購入したのに隣人とのトラブルはイヤですよね。トラブルにならない方法はあるの?隣人がうるさい時はどのようにしたらいいのでしょうか?

一軒家の騒音トラブルの原因や対処方法について調べてまとめてみましたので参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

  この記事の関連記事

スポンサーリンク

マイホームを購入したら隣人がうるさい時!一軒家のトラブル

夢にまで見た憧れのマイホーム。マイホームに住んで思う事が、隣人の良し悪しです。
隣人同士のトラブルは多々あり、隣に誰が住んでいるかわからない状況下の場合、ちょっとしたことでも不快に思ってしまいます。

マイホームを建てる時は隣人への配慮を忘れずに

マイホームを建てる際、土地選びから始まるのが一般的ですが、隣人や近所の人までどのくらい把握できるでしょうか?
ほとんど情報がわからないまま土地購入に至るのではないでしょうか。

引越しの挨拶をして初めて隣人の人となりを知ることも多く、挨拶にいったら腕に入れ墨が入った人が・・・なんてことも珍しくありません。

逆に言えば、こちら側が近所に迷惑をかけてトラブルになってしまうこともあります。
小さな子供がいる家は子供の声によるトラブルもありますので、挨拶をする際は、「子供がうるさくするかもしれませんがよろしくお願いします」と一声かけるとトラブルもある程度回避できます。

トラブルで一番良くないのが、いきなり怒鳴り込んだり、警察沙汰の事件にまで発展してしまうことです。
新築ノイローゼにならないよう、一人で悩みを抱え込まず、トラブルがあった時はなるべく第三者に間にはいってもらうなど、冷静に対応するようにしましょう。

隣人がうるさい時はどのようにすれば?一軒家の場合

一軒家の騒音トラブルは、マンションやアパートよりは少ないですが、隣接している場合は注意が必要です。

例えば、飼っている犬が一日中吠えている、夜まで大音量で重低音な音楽が響いている、子供の奇声がずっと聞こえる、駐車場で大人数でBBQをして騒がしいなどです。
どれも一戸建てでありそうな状況ですよね。
程度や頻度にもよりますが、これらが毎回となるとかなり深刻です。トラブルの危険性はあります。

いくら戸建てだといっても、隣の家との距離が1mも離れていないようであれば、夜中はそれほど酷くないとしても、子供の声が響いたりピアノの音が丸聞こえです。
音は一度気になってしまうと取り去ることはできません。騒音に悩まされることになります。

隣人の騒音に不満!直接苦情を言いに行くべきではない

もし隣人がうるさい場合は、その場に乗り込んで注意しようと思わないでください。
管理会社や自治体に相談して対応してもらうか、警察に通報するといいでしょう。

隣人がうるさい時にやるべきことは?一軒家の騒音

騒音の苦情を訴える前にする事

音がどこからきているのか、まずは音の発生源を確認しなければなりません。

集合住宅の場合、隣の音だと思っていたのが実は斜め前の家だったという事もあります。
音の発生源が掴みにくいこともありますが、うるさい状況を打破するには発生源を掴まなければ話になりません。

音がどこからきているのか、これをまずは少し時間をかけて事前に調べておきましょう。
騒音の発生源がわかったら、次は証拠を残します。
その音が誰にとっても不快であるという証拠が必要になるのです。

集音マイクなどで録音できればベスト。家電量販店には録音しやすい集音マイクもありますので、店員さんに相談してみては?

集音マイクでの騒音録音も有効ですが、動画を録音して保管するのもおすすめです。
時計などを映して日時がわかるようにし、その騒音がどらだけ迷惑かを動画で残すのです。確たる証拠になります。

音を発生している人が、自覚なく行っていることもよくあります。
騒音を明確にするためにも、できるだけ証拠になりやすい形で記録するようにしましょう。

一軒家でよくある騒音トラブルの原因や対処方法

日本の一戸建ては地域にもよりますが、住宅が密集した音を通しやすい木造住宅がほとんどです。
自覚がなくても、うっかりすると騒音トラブルを発生してしまうこともあります。

まずは騒音の原因を追究してみよう

特にピアノや音楽、車庫のシャッター音や犬の鳴き声などが、騒音トラブルでよくある問題です。

誰が聞いても明らかな騒音な場合は別ですが、過度な騒音の原因が、実は建物の構造的欠陥が原因だったというケースも実際にあります。

もし騒音の原因が建物の構造的欠陥だと立証できれば、一戸建てを建てた建築会社に損害賠償請求などを求めることも可能になります。

また、一戸建て騒音トラブルに遭ってしまった場合、どこに相談すべきか悩んでしまいますが、一戸建てはマンションと違って管理会社がありません。
相手と直接交渉するか、自治会に間に入って解決するかになります。悪質な場合は警察へ通報するか、弁護士へ相談するのも方法の一つです。

警察へ通報した場合は、騒音を出し続けた事による軽犯罪法違反に該当する可能性はあるので、それを元に警察官から注意してもらうことができます。

隣人のマナーが悪いと感じることは?一軒家に住んでわかったこと

一軒家に住むという事は、この先よほどのことがない限り引っ越しもせず永住することになります。

一生住むのですから、隣近所とトラブルなく平和に暮らしたいところですが、そうはいかないのが世の中。
迷惑行動をし、マナーが悪い人は存在します。

マナーが悪いと感じるのはどんな行動なのでしょうか。

  • 挨拶をしないし目も合わせない
  • 引っ越してきたのに最初の挨拶がない
  • 道路を駐車代わりにする、自宅前の狭い道路に路駐をする
  • ゴミ出しのマナーが悪く、分別もしないしゴミ出しの時間も守らない
  • 早朝から家の前で子供が騒ぐ
  • 子供のみで家の前で遊び、自分の敷地内にも平気で侵入してくる
  • ペットのしつけが悪く、猫や犬の鳴き声が響く

などがあります。

特にマナーが悪いと感じてしまうのはゴミ出しのマナーのようです。
集合住宅やマンションの場合は管理会社が管理をしてくれますが、一戸建て住宅は住民が当番で管理することが多い為、不快に感じるようです。

 - 生活・ライフスタイル

ページ
上部へ