弾む会話を目指すあなたにコミュニケーションのネタ帳

コミュステ

保育園の連絡帳に書くことがない!そんな時のポイントやコツ!

      2018/06/05

保育園の連絡帳に書くことがない!そんな時のポイントやコツ!

お子さんが保育園に通っていると、家での様子などを連絡帳に書いて保育園に出す必要があることもあります。この作業が毎日になると、お仕事をしていて忙しいというママたちは負担に感じることもありますよね。

毎日書いていると、だんだん連絡帳に書くことがないという状況になることもあるでしょう。でも、連絡帳はお子さんの様子を保育園に伝える大切な手段です。

そこで今回は、保育園の連絡帳に書きたい内容についてお伝えします。

スポンサーリンク

  この記事の関連記事

スポンサーリンク

保育園の連絡帳に書くことがない!どうしたらいい?

子供の保育園に通っていると、毎日先生に連絡帳を提出しなければならないですよね。

連絡帳に書く内容は?

では、そもそも保育園の連絡帳とはどのようなことを書くべきものなのでしょうか?

まず、保育園の連絡帳とは、保育園と保護者を繋ぐ大切なものであることを理解しましょう。

ですから、保育園でのお子さんの担当の保育士が保護者に対して保育園でのお子さんの様子や気になることを伝えます。

そして、保護者も体調の変化など家庭での気になることや保育園での心配事などを伝えるといいでしょう。

特に、体調の変化については具体的に書くようにしてくださいね。

また、家で起きたケガなどについても書くようにすると、保育士もそのケガが家庭でのものなのか保育園でのものなのかが判断できます。

このように連絡帳は、忙しいお母さんにとってお子さんと離れている間の様子を知ることができる大切な保育園との繋がりになっています。

連絡帳に書くことがない時は保育園の先生に質問を!

保育園の連絡帳は、毎日保育園に持って行くものなので、時には何も書くことがないなと感じることもあるでしょう。

そんな時は、先生になにか質問をするのがオススメです。

連絡帳には伝える事だけではなく聞いてみたい事も書いてみる

例えば、家庭内での子供の困りごとを相談してみてはどうでしょうか?

夜なかなか寝てくれないことや、オムツがなかなか取れないなんてことでもいいでしょう。

先生は保育のプロでもあるので、なにか良いアドバイスをくれるのではないでしょうか?
あとは、先生の書いて書いてくれたことに対しての返事もいいですね。

たいてい先生は、お母さんの書いていることに対して返事をしてくれるでしょう。

それと同じく、先生の書いてくれたことに対して感じることやそれを通した子供の家庭での様子を書いてもいいですよ。

また、例え小さなことでもこれはどうなのかなと、保育園での生活に関して普段気になっていることを聞いてみるのもいいですよね。

保育園の連絡帳に書くことがない!みんなは何を書いているの?

では、保育園の連絡帳には他のお母さんたちはどんなことを書いているのでしょうか?

そこで、保育園にお子さんが通っているお母さんに聞いてみました。

すると、やはり皆さん、お子さんの体調や食欲、機嫌のことが多いようです。

連絡帳は育児日記のような感覚で書くと良い

例えば、転んで膝を擦りむいたことや、夜中に起きてしまったことなど。

食事についても、前の日に何を食べたとか、朝ご飯はあまり食べなかったなど書いておくといいでしょう。

あとは、保育園から帰ってからどのように過ごしていたのかなどです。

ある意味、保育園の連絡帳によって育児日記を書いているような感覚ですね。

それに、書くことがないというのはある意味幸せなことなのかもしれないですよ。

心配なことばかりだと、毎日書くことがいっぱいで大変です。

家庭での様子を先生に知らせることで、先生に保育園だけではないお子さんのことを知ってもらうこともできます。

ですから、書くことがないなとちょっと面倒に思っても、一言は書くようにしましょうね。

連絡帳を書く時間を決めて負担を軽減!

忙しくて保育園の連絡帳を書くのを忘れてしまったなんてことはないでしょうか?

忘れないためにも、連絡帳の書く時間を決めておくといいでしょう。

連絡帳は就寝前の時間に書く習慣をつける

オススメは、一日の終わり、つまり寝る前に連絡帳を書くことです。

すると、連絡帳を落ち着いて書くことができますよ。

それに、一日の終わりに連絡帳を書くようにすれば、その日あったことをゆっくりと思い出すことができますよ。

どんなことを書いたらいいのか悩むこともなくなるのではないでしょうか?

落ち着いて書けば、しっかりと先生に伝わるようにもなります。

朝などお子さんのお世話で忙しい時間帯に書くことはあまり良くありません。

バタバタして、何を書いているのかもまとまらないはずです。

なので、連絡帳は一日の終わりである寝る前に書くようにしましょう。

これによって悩む負担も軽減されますよ。

保育園の連絡帳には毎日目を通そう!

保育園から渡された連絡帳には、先生からお母さんに伝えたいその日のお子さんの保育園での様子が詳しく書かれているでしょう。

これを毎回読むのも結構大変かもしれないですよね。

連絡帳を見ることを楽しみにしよう

しかし、この保育園の先生からの連絡帳は、お子さんの些細な変化に気づくヒントにもなるのです。

保育士さんはお母さんからの連絡帳を元に、お子さんの体調の変化や機嫌を知ってそれに対して配慮しお子さんに接しています。

ですから、そのような保育士さんからの連絡帳には、そのような状況の中お子さんがどのように保育園で過ごされていたのかが伝わるように書いてくれているのです。

そのためにも、連絡帳には必ず目を通すようにしましょう。

 - 子育て・教育

ページ
上部へ