弾む会話を目指すあなたにコミュニケーションのネタ帳

コミュステ

米ぬか肥料には虫がわく?ぬか肥料の上手な使い方

      2018/06/05

米ぬか肥料には虫がわく?ぬか肥料の上手な使い方

米ぬかを肥料として使うと虫がわくという話を聞いた事ありませんか?

実は米ぬかを肥料として使う時には一工夫が必要なようです。

そんな米ぬかの特徴や使い方をご紹介いたします。

もちろん肥料として使う場合のぼかし肥料の作り方も!その他にも美容や健康に一役買った使い方も調べましたので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク

  この記事の関連記事

スポンサーリンク

米ぬか肥料には虫がわく?特徴と使い方

米ぬかは肥料として使えると言いますよね。しかし使う時には注意が必要です。

米ぬかを生のまま家庭菜園の畑などに蒔くのはNG!生の米ぬかは分解が遅いので肥料には向きません。また土の中で水をはじいてしまうので、馴染みが悪く雑菌が発生してしまったり虫の巣となってしまう事もあります。

なので米ぬか肥料と生の米ぬかは違う事を覚えておきましょう。

また、米ぬか肥料は窒素やリン酸、カリウムが含まれていて、中でもリン酸の含有率が多くなっています。また糖分やタンパク質も豊富なのが特徴。

その為、土の中の微生物を活発にさせる効果が期待できます。

ちなみに生の米ぬかは堆肥やボカシ肥を作る時に使われ発酵促進剤となります。

微生物が活発になる効果がある米ぬかは一気に微生物が増え腐熟します。その為堆肥を作る時に発生するイヤな臭いが少ないのもいい所です。

【撒き方を間違えると虫がわく】米ぬかのメリット・デメリット

上記したように虫がわくのが嫌なら生の米ぬかを撒かないことが一番ですが、肥料として使う時には注意をして蒔きましょう。

また米ぬかを使うメリットは微生物のエサとなるので一気に増やす事が出来ます。そして微生物が増えると草の分解も促進され肥料の吸収効果が期待できる。

その他にも安く手に入る事、多少蒔きすぎても肥料が多すぎてしまう事を防げるのも米ぬかのメリットと言えるでしょう。

しかしデメリットもあります。

一番は蒔き方によっては虫がわいてしまう事、次にそのままだと肥料としての効果が少ない、ネズミに食べられる事もある、腐るなど。

やはり安定した肥料として使用するなら、一度発酵させて使った方がいいでしょう。

もし米ぬかを畑などに蒔くなら大量にまいてはいけません。少量を心がけて使用してください。

塊のままにして蒔いてしまうとネズミに食べられます。

また沢山撒いてしまうと、やはり虫が湧いてしまう原因に・・・。表面に蒔く場合も土に混ぜる場合も少量という事が重要なポイントです。

虫がわくのは米ぬかをそのまま撒くのが原因?ぼかし肥料にしよう!

生の米ぬかを発酵させずにまいてしまうと、虫がわくというのはよく聞く話です。

また土の表面に蒔くだけにしておくと腐って臭いがします。その他にもアンモニアガスが発生するので植物の根を傷める原因になる場合もあります。

このように生の米ぬかを肥料として使う事はあまりオススメ出来ません。

蒔き方を間違えてしまうと、ウジ虫が発生してしまうので要注意です。

米ぬかを使うなら発酵させて使う事。ぼかし肥料にして使うのが良いでしょう。

簡単な方法は秋の暮れに、何も育てていない場所で米ぬかと土を混ぜ合わせ埋めておきます。

こうしておくだけで発酵が進み肥料として使う事が出来るようになるのです。

またぼかし肥料を作って使用する方法もあります。この方法は次でご紹介しますね!

米ぬかぼかし肥料の作り方をご紹介

材料は米ぬか、油かす、牡蠣殻石灰、発酵促進剤、水です。

割合は米ぬかが3に対して油かすと牡蠣殻石灰が1、発酵促進剤が少々、水は全ての材料の10分の1程度です。

米ぬかだけでも発酵はされますが、発酵促進剤を使う事で分解を早める事が出来ます。

また発酵促進剤の代わりに微生物を入れて発酵を促す方法もあります。

林の中で落ち葉の下にある白い菌、これは土着菌と言われぼかし肥料を作る時に入れて発酵を促す事が出来ます。

では作り方を紹介していきますね。

まずは水と発酵促進剤以外の材料を全て混ぜ、少しずつ水を加えていきます。しっかりと混ぜましょう。
水の量は調整をしながら入れていくので一気に入れないで下さいね。手で肥料を握った時に固まるけど、力を加えるとすぐにポロポロ崩れるくらいが丁度いいです。

水の量が多すぎると腐ってしまうので注意をして下さい。

水を加えた後は発酵促進剤や土着菌を入れて混ぜ合わせて下さい。後はナイロンの袋に入れて口をきつく閉じます。

空気が入ると上手く肥料が作れなくなってしまうので、袋の空気は出来るだけ抜いて口を閉じて下さいね。

後は雨や日が当たらない場所で放っておくだけでOK!秋から冬にかけて作るなら2~3ケ月程度で発酵します。

発酵した後は肥料として使う事ができます。

米ぬかは肥料以外にも美容や健康に役立ちます!

米ぬかは肥料の他にも使い道がありますよ!良く米ぬか配合化粧水なんて見かけますよね。

米ぬかは美容効果が期待できるんです。

全身をスベスベにしたいなら、米ぬかをお風呂に入れてしまいましょう。

方法はとっても簡単、米ぬかを袋に入れて浴槽に入れるだけです。

もっとスベスベを期待するなら、お風呂に入れたぬか袋で足や腕などスベスベにしたい部分をさすってみるといいですよ。

また米ぬかを料理などに少量混ぜて食べちゃうという方法もあります。食物繊維が豊富なので便秘改善に効果が期待できるのではないでしょうか♪

 - 知識・雑学

ページ
上部へ