弾む会話を目指すあなたにコミュニケーションのネタ帳

コミュステ

梅酒の度数は意外に高い?居酒屋で女子に人気の梅酒

      2018/06/05

梅酒の度数は意外に高い?居酒屋で女子に人気の梅酒

梅酒は甘味があり、女性にも人気のお酒ですよね。
居酒屋や飲食店でもメニューの定番です。

甘くて口当たりが良いので、お酒が苦手という方でも飲みやすい味ですが、この飲みやすさに反して、実は意外にアルコール度数が高いようです。

飲みやすいからと、ついつい飲み過ぎないように気を付けましょう。
梅酒の美味しい飲み方や、梅酒を使ったスイーツなどご紹介します。

スポンサーリンク

  この記事の関連記事

スポンサーリンク

居酒屋で女子に人気!梅酒の度数はどれくらい?

梅酒のロックは、意外とアルコール度数が高いので注意が必要かもしれません。

大き目の氷を1個入れ、梅酒をそのまま注いで飲むロックはアルコール度数が大体20~25度くらいです。お酒が弱い人はやめておきましょう。

ソーダ割り等のカクテル系であれば、アルコール度数は10~20度となります。割ってもけっこうアルコール度数は高いですね。また、市販のものより自家製梅酒の場合は20度と少し高めと覚えておくといいかもしれません。

居酒屋で出る梅酒のソーダ割りはアルコール度数が10~15度ほどのお店が多いようです。梅酒はビールやチューハイよりやや高めのアルコール度数ということがわかります。

お酒はあまり強くないけれど梅酒が好きという人におすすめなのがこの飲み方!

牛乳を6:梅酒4の割合で注ぎ、70度位のお湯で割って飲むと甘いドリンクのような仕上がりになります。

韓国のお酒のマッコリのような美味しさを味わえます。

居酒屋でも飲み過ぎ注意、意外に高い梅酒の度数

居酒屋で提供される梅酒のアルコール度数は8~15度くらいのものが多いようです。実は、日本酒やワインとあまり変わらないんですね。

梅酒をストレートで飲むのは、日本酒やワインを飲んでいるのと同じと言えそうです。しかも日本人の舌にあうのでグイグイ飲めてしまいます。

日本酒やワインより飲みすぎてしまうかもしれないので気をつけましょう。

梅酒は冬でも楽しめる魅力的なお酒です。
お湯割りは、冬にぴったりのお酒ですよね。お湯割りを作るときにはこんなコツがあるのを知っていますか?

それは注ぐ順番です。カクテルなどを作る場合は先にお酒を入れるのが基本ですが、梅酒のお湯割りを作るときには順番が逆になります。

先にお湯を注いでから梅酒を入れるといいんですよ。アルコールを揮発させずおいしく作るにはお湯の温度は70度ぐらいとなります。梅酒とお湯の比率は1:1が定番でアルコール度数は4度程度になります。

居酒屋で飲みたい!度数が意外と高い梅酒のいろいろな飲み方

梅酒はロック、ソーダ割、水割り、お湯割りといろいろな楽しみ方ができますが他にもこんな楽しみ方がありますよ。

夏におすすめなのが、クラッシュロック!

細かく砕いた氷をグラスいっぱいにゆっくりと梅酒を注ぐとさっぱりとした味わいが楽しめます。

いつもと違ったものを楽しみたいなら、ジュース割りがおすすめです。梅酒を注いだグラスに、お好みのジュースを加えましょう。アセロラやオレンジ、桃やマンゴーなども合いそうですね。100%ジュースだと濃厚な梅酒ジュース割りを楽しめそう!

さっぱりといきたい人は、梅酒のお茶割り!
割るお茶は、紅茶や緑茶などお好みのものでOK!気分によって変えるのもいいですね。

上級者は、バニラアイスに風味付けとして梅酒を少量をかけて食べるそうです。う~ん、美味しそう!

他にも梅酒とワインを5対5で混ぜるだけのお手軽梅酒カクテルや、梅酒とビールを混ぜるだけの梅酒ビアカクテルなど梅酒のレパートリーは無限に広がりそうです。

梅酒好きには手作りが絶対おすすめ!

そんな、色々楽しめる梅酒を手作りしてみたくはありませんか?火を使うのは、瓶を熱湯消毒するときだけ!

ぜひ、試してみてください。

用意するのは、青梅1~1.2kg、氷砂糖500~800g、ホワイトリカー1.8~2リットルです。

瓶に熱湯を少し注いで火傷に注意しながら全体に回しましょう。熱湯消毒をしたら、きれいなふきんで水気を拭き、瓶の口を下にして乾燥させます。アルコールで拭くのもおすすめです。水気が残っているとカビの原因となってしまいます。

梅を洗い、アク抜きしましょう。流水で丁寧に洗い、2ℓ以上の水につけてアク抜きをします。青く固い梅の場合は、1~2時間つけておきましょう。完熟している梅であれば、アク抜きなしでOKです。

梅の水気を清潔なフキン又はキッチンペーパーでふいていきます。小さな容器にホワイトリカーを少量取り出し、竹串の先をホワイトリカーにつけながら、ひとつづつ青梅のヘタを取りましょう。このヘタを取ることで、エグ味がなく爽やかな梅酒が仕上がります。

保存ビンに、青梅、氷砂糖を交互に2~3段に入れてください。最後にホワイトリカーを注ぎ仕込みの完成です。

温度差の少ない涼しい冷暗所に保存し、3ヶ月位経てば飲めますが1年くらい置くと熟成した味を楽しめますよ。

梅酒を使った簡単ひんやりスイーツ

子どもや妊婦さんも楽しめる梅酒を使った簡単ひんやりスイーツを紹介します。

材料は、

  • ゼラチン 5g(1袋)
  • 水50cc
  • 梅酒70cc
  • 水180cc
  • 砂糖大さじ3〜4

ゼラチン 5g(1袋)と水50ccを合わせておきます。

梅酒70cc、水180cc、砂糖大さじ3〜4を鍋に入れ、時々かき混ぜながら沸騰させてください。2~3分沸騰させてアルコールを飛ばしましょう。

火を止めてから、ゼラチン 5g(1袋)と水50ccを合わせておいたものを混ぜます。

器に入れ、粗熱を取りましょう。冷やして固まればできあがりです。梅の実があれば、入れてしまうのもいいかもしれません。

水ではなく、100%アップルジュースにするとまた違った味が楽しめます。

梅酒には多くのクエン酸が含まれていいるので、夏バテなどあまり食欲がないときにもおすすめです。梅酒に含まれているピクリン酸とアルコールは、胃腸の働きを活発にし便通を良くする効果もあるので、便秘解消や肝臓機能を高める効果も期待できます。

 - 生活・ライフスタイル

ページ
上部へ