弾む会話を目指すあなたにコミュニケーションのネタ帳

コミュステ

足が細くなるマッサージとは?オススメマッサージ法をご紹介

      2018/06/05

足が細くなるマッサージとは?オススメマッサージ法をご紹介

マッサージで足が細くなる?
足をマッサージするだけでは、効果は得られません。

冷えを改善したり、適度な運動をおこなったり、足の裏を刺激して疲れを取ってあげることも必要なんです。

美しい脚線美を手に入れるためには、努力が必要!
しっかりケアして健康的ですっきりしたキレイな足を手に入れましょう!

スポンサーリンク

  この記事の関連記事

スポンサーリンク

足が細くなる?マッサージ方法をご紹介

マッサージするときには、ただ揉むということではなく使い分けて行うことでより効果が期待できるでしょう。

  • 手の平を脚にくっ付けるように揉む
  • グーに握った手で揉む
  • 親指でツボを押すように行う

マッサージをするときの基本は、ゆっくり行うのが基本となります。凝り固まった筋肉や脂肪を解きほぐすことで、血液やリンパが流れやすくなるでしょう。

脚痩せマッサージを行うときのポイントは、下から上に向かってすることです。リンパ液や血液は上から下に向かって流れやすく、下から上へは流れにくいものとなります。

下から上へとマッサージをして刺激を与えてあげることが大切です。

マッサージをするときには、お風呂あがりなどある程度体を温めてあげることが大切です。すべりをよくするために、ボディクリームなどを使うと潤い効果も期待できますね。

ちょっとした時間にマッサージをするのであれば、手だけでも温めてから行うといいですよ。

足が細くなる?リンパマッサージの方法とは?

足が太いのは、リンパの詰まりが原因かもしれません。足のむくみを改善したいのであれば、マッサージオイルやクリームを使いふくらはぎのリンパマッサージをしましょう!

まず、くるぶしの下のくぼみを、親指で押します。
ふくらはぎへ押し上げるように、リンパを流します。

すねの骨に沿って、下から上へリンパを流します。
ふくらはぎから膝関節あたりまで揉みほぐしましょう。

膝下のくぼみを、グリグリと押すのもおすすめです。力加減はお好みでどうぞ。
最期に膝小僧の形を整えるように、優しくるくるとマッサージしましょう。

ふくらはぎのリンパマッサージをしたら、次は太もものリンパマッサージ!

太ももの内側、外側を両手で挟んで太もも裏へリンパを流すようにマッサージします。
足首から太ももまで、円を描くように刺激してください。足首から膝まで、持ち上げるように行いましょう。

両手を軽く握り、第二関節の骨で、太ももの内側、外側を両手で挟んで、グリグリと上へ押し上げましょう。

効果が出るまで時間がかかるかもしれませんが、足の疲れも取れるのでぜひ試してみてください。

足が細くなるマッサージだけではダメ?冷えを解消しないと足は細くなりません

足がむくんでしまう原因は、「冷え」かもしれません。

冷え性になってしまうと、血液やリンパの流れが悪くなります。そうなると、血管の外側に余分な水分が溜まってしまいむくんでしまいます。血液やリンパには水分を回収するという役割があります。

しかし、冷えた状態だと水分の回収が上手くいきません。回収されなかった水分は溜まってしまい、むくみの原因となります。

血行不良を解消するには、「温める」ことが大切です。体を温める効果的な方法は、入浴、運動、食事となります。

お風呂に入るときには、シャワーではなく体を芯から温めることが出来る入浴をしましょう。足の冷えが気になるときには、お風呂以外に足湯をするといいでしょう。

バケツや洗面器に38度から40度程度の、くるぶしより少し上までくるぐらいのお湯に15分~20分程度浸けると血行がよくなります。

おすすめなのが、軽い運動です。足の冷えだけでなく体全体を温めてくれ血行をよくしてくれます。

食事は、温かいものを摂るようにしましょう。冷たい飲み物は体を内側から冷やしてしまいます。

どうして足が太くなるの?その原因とは?

足が太くなってしまうのは、「脂肪」と「むくみ」です。冷えや血行不良、運動不足から足が太くなると言えるでしょう。

身体は冷えると、脂肪をため込もうとします。運動不足だと、筋肉が衰え血液を全身に巡らせるためのポンプ機能が弱まってしまいます。

血行やリンパの流れが悪いと、セルライトが出来やすくなってしまうのです。セルライトが出来るとその周りに脂肪がつくため、足は太くなってしまうのです。

足元の血行をよくするマッサージを紹介します。

まずは、鎖骨のくぼみを内から外にむかって気持ち良い強さで押しましょう。仰向けに寝転がって両足を上にあげ、ブルブルと揺らしてください。

壁などに足をつけ、両足をあげた状態で3分ほどじっと待ちましょう。足裏が天井を向くように保つのがポイントです。起き上がって座り、足首まわりのマッサージをしましょう。

くるぶし→アキレス腱まわり→かかと→ふくらはぎ→足の甲の順でマッサージしてください。

足を細くしたい!足の裏も念入りにマッサージして!

足裏には、たくさんのツボがありますよね。とくに足に効くツボを紹介します。

湧泉(ゆうせん)

これは疲労回復の効果が期待できます。万能のツボとも言われています。足の5本指をグッと内側に曲げると足裏にくぼみができた場所が湧泉のツボになります。
自分の指で押すのもいですが、ゴルフボールなどに足をのせて刺激するのもおすすめです。

太谿(たいけい)

太谿は、冷えやむくみに効くのツボとなります。内側のくるぶしとアキレス腱の間にある太谿。指でなぞると少し窪んでいる箇所が太谿です。

大衝(たいしょう)

大衝はストレスに効く足の甲にあるツボです。足の親指と人差し指の骨と骨が合わさる合流点にあります。

至陰(しいん)

至陰は、冷えや膀胱炎、頻尿に効くツボです。至陰は足の小指、爪のつけ根部分の外側になります。

また、足首もしっかりマッサージしてあげましょう。足首部分は、骨同士が関節しているのでむくみや疲れがたまりやすい場所になります。丁寧にマッサージしてあげることで
むくみや疲れがとれるでしょう。

ツボを押すときには、深呼吸をして息を吐くときに押すようにイメージするといいでしょう。深く呼吸をするのを意識してみてください。強く何度も押してしまうと、揉み返しの原因となるので、ほどほどに。

 - 健康・ダイエット

ページ
上部へ