弾む会話を目指すあなたにコミュニケーションのネタ帳

コミュステ

生クリームの賞味期限は当日中?ケーキの保存方法について

      2018/06/04

生クリームの賞味期限は当日中?ケーキの保存方法について

生クリームのケーキを買ったり、もらったりすると気になるのが賞味期限。
当日中に食べないと本当にダメなもの?賞味期限は守らないといけないもの?

また、ケーキを美味しく食べるには、どんな方法で保存すれば良いのでしょうか?

ここではケーキの保存方法や美味しく食べる方法や、その他にもケーキをできるだけ長持ちさせる方法についても、調べてみました。

スポンサーリンク

  この記事の関連記事

スポンサーリンク

市販の生クリームのケーキの賞味期限は当日中に食べないとやはりダメ?

誕生日などで市販の生クリームのホールケーキを買ったけど、食べきれずに翌日にと思う事はありませんか?

しかし賞味期限は当日中になっているので、翌日だとお腹を壊してしまうかも?と思うことがあり、やはり捨てたほうがよいと思いますよね。

ケーキの箱を見ると、賞味期限が記載されていますよね。しかし賞味期限が多少過ぎてしまっても食べる事はできます。

消費期限は安全に食べられる保証期限で、この意味合いはおいしく食べられることができる期間とされているのです。

なので捨てる必要はありませんが、自己判断になります。特に暑い夏には注意が必要となります。

賞味期限を過ぎてしまうと品質の保証はなく美味しさがなくなってしまうことがあるので、美味しく食べる為にも早く食べてくださいと言う意味なのです。

冷蔵庫で保存することがもちろんですが、生クリームがたっぷりのケーキを美味しく食べるなら当日中が好ましいです。

生クリームを使ったケーキの賞味期限と保存方法

生クリームを使ったケーキと言えば定番のショートケーキですが、賞味期限は「本日中」であることがほとんどです。

メインとされている生クリーム自体が、賞味期限が短い材料となっている為賞味期限が「本日中」とされています。
しかし本日中に食べれないことがあります。

そんな時には冬場など気温の低い時は、冷蔵庫で保存し翌日食べれば問題はありませんが、果物などが乗っているものであれば、早めに食べないと鮮度が落ちてしまいます。

数日に分けて食べるのであれば、常温などで放置はせずに買ってすぐに冷蔵庫で保存するようにしてください。

その他にもチョコレートケーキは少し賞味期限が長いイメージがあり、「翌日」となっている場合もあります。
そう考えると、生クリームのケーキよりも長く保存していかと言うとそうではありません。
やはり早めに食べる方が、美味しく食べられることは間違いありません。

ガトーショコラなどは冷蔵庫で5日程度は保存して美味しく食べられるようです。

またケーキを冷凍するという方法もありますが、生クリーム系のケーキには向きません。
冷凍して解凍すると、スポンジの食感も変わってしまい、品質の状態が悪くなってしまいます。

出来ないことはありませんが、どうしても食べきれない時には補償はできませんが、奥の手の方法として仕方ないかもしれません。

ケーキの賞味期限は生クリームやケーキの種類によって違いがある

お店などで買うケーキの賞味期限は賞味期限が表示されていますが、家庭で作ったケーキやお菓子などの賞味期限には、表示されていないことから一体どのくらいを賞味期限と考えれば良いのでしょうか?

手作りの場合は実は2日ほど持ちません。
お店との違いには、作る際にプロのように手袋をしたり、まめに消毒しながら作ることで雑菌を防ぐことができますが、家庭でつくるお菓子はそのようなことはしないので雑菌がいると考え早めに食べきるのが賢明なのです。

また冷蔵庫で保存した場合のケーキは種類によって違いがあるようですが、どのようになっているのでしょうか?

ケーキの種類による賞味期限

  • 生クリームケーキの賞味期限は、2日
  • 生のフルーツをトッピングしたケーキは鮮度が悪くなる為当日が理想
  • レアチーズケーキの賞味期限は、3日
  • デコレーションしたケーキは2日
  • ベイクドチーズケーキの賞味期限は、4日

が主に美味しく食べられる期限となっているようです。

生クリームのケーキを保存する時には保存容器があると便利!

生クリームのケーキを保存する時にケーキの箱のまま冷蔵庫に入れ取り出した時に、なんだか湿っぽい・・・と言ったことはありませんか?

ケーキは乾燥しやすく、箱は湿りやすいとされているため、そのような現象が起きると言われているのです。

もしバレンタインデーで箱入りケーキをもらった際には、箱から取り出して保存するようにしましょう。

箱から出したケーキの保存方法はタッパーなどの保存専用の容器で保存するのが好ましく、外気から湿気をシャットアウトしてくれますし、水分も外に飛びでることがないので、一番良い状態でケーキを保存しておくことができます。

ラップでも良いのですが、ケーキのデコレーション部分にくっついてしまいますから保存容器をおすすめします。

ケーキを保存するためにも、サイズを知っておこう

ケーキの保存するときは、ケーキのサイズについて知っておくととても便利ですよ♪

4号のケーキサイズは直径12cmに相当するのでこの時の保存容器は直径12cmの物だと上手に保存することができますので、ケーキが食べきれないと思う時には下記のサイズを参考にしてみ保存容器を購入するようにしてください。

ケーキのサイズと大きさについて

  • 4号サイズ(直径12cm 2~3人)
  • 5号サイズ(直径15cm 5~6人)
  • 6号サイズ(直径18cm 8~10人)

ケーキをできるだけ長持ちさせる方法と美味しく食べる方法

ここで最後にケーキをできるだけ長持ちさせる方法と美味しく食べる方法をおさらいしましょう!

ケーキを日持ちさせるためには、ケーキを持って帰ってきたらすぐに箱から取り出し保存容器にいれましょう。

常温に置きっぱなしにしてしまうと劣化が進み賞味期限も短くなってしまいスポンジの部分の水分がなくなり、パサパサになってしまいます。

ケーキは美味しく食べる為の賞味期限が決まっていますので、本来賞味期限を正しく守るのが望ましいのです。

ケーキを美味しく食べるためには、食べれる分だけの数を買うことをおすすめします。

 - 料理・グルメ

ページ
上部へ