弾む会話を目指すあなたにコミュニケーションのネタ帳

コミュステ

習い事が忙しいと感じる子供が多い…多すぎるデメリットとは

      2018/05/31

習い事が忙しいと感じる子供が多い…多すぎるデメリットとは

子供向けの習い事にはいろいろな教室があり、何か習わせるか頭を悩ませるママも多いのではないでしょうか。

親としては、いろいろなものにチャレンジして欲しいと思う反面、今は複数の習い事をしている子供が多いので、あまりに毎日忙しいのは可哀そうですよね。

では、習い事はいくつくらいまでがベストなのでしょうか。

子供の習い事が多すぎるデメリットもご紹介します。

スポンサーリンク

  この記事の関連記事

スポンサーリンク

子供の習い事、多すぎはやはり良くない?

自分が子供の時と比べると今の時代の子供達は、たくさんの習い事をしているイメージがありますよね。
なぜ、今の子供たちは習い事が多いのでしょうか?

その理由について調べてみました。

  • ここ近年の晩婚化や少子化に伴い、金銭の余裕ができた。
  • 遊べる場所の制限などで、外で遊ぶことが少なくなってしまった。
  • 体験でできる習い事が増え、子供が積極的に習いたい。
  • 両親が共働きの為、放課後を過ごす時間を習い事をする子供が増えた。
  • 習い事先での友だちと会うことが楽しみのひとつとなっている。

特に高学年になると学童から習い事にシフトする子供が多くなっているのかもしれません。本人が進んでやりたいのなら習い事がたくさんあっても良いかもしれません。

しかし、幼児期~小学校低学年にかけて習い事をさせるのであれば、複数習わせるのは好ましくないと考えます。

習い事の数は、多くても3つまでがベストで無理のない程度で習わせる事がよいです。
習い事は子供自身や親の負担にならないように、3つくらいがちょうど良いでしょう。

忙しいと感じる子供達、習い事が多すぎなのも一因?

最近の子供達を見ると、放課後に自由に遊べる時間より塾や習い事での多忙感を抱える子供が増えている傾向がみられます。

あるアンケート調査からは、放課後などの時間を「忙しい」と感じている子供が小学生は約50%、中学生は70%、高校生は85%という結果となりました。

子供達の中には、もっとゆっくり過ごしたい、疲れるといった意見もありました。
この傾向は年々、数字が高くなってきているようです。

その他にも、少子化になったことで学校が統廃合になってしまい、遠くの学校への通学時間の長時間化など、両親が共働き家庭が増加し始めたことも習い事をするきっかけとなり、疲れを感じる要因となっているようです。

習い事が多すぎな子供が多い…体への影響が出ることも

子供が進んでやりたいと思った習いごとでも、途中で嫌になってしまうことがあります。
小さな時には、いろんなことに興味をもちどんな可能性を秘めているかわからないので、親も習い事をさせてみようかという気持ちになります。

しかし、子供があれこれと習い事をして、時間や気持ちに余裕がなくなると体にも異常をきたしてしまうことがあります。

その中でも習い事に行く時間になると、お腹が痛い・・・と訴える時には無理強いをしてはいけません。また、途中で辞めたいという時には、無理に続けさせなくても良いと思います。大人でも嫌なことを無理に続ける事はとても苦しく辛いものです。

子供が親の期待応えようと頑張っても、無理な頑張りは正直続きませんし、一番心配なのは体に悪影響を及ぼしてしまう危険性です。

子供がたくさん習い事をしていて辛そうな時には、ひとつでも習い事を辞めさせる勇気や決断をするのも親の役割です。

習い事が多すぎる時には子供の様子を見ながら、辛そうなら習いごとは減らしましょう。

複数の習い事をするメリットもある

子供に複数の習い事をさせる時には、習い事を増やしても大丈夫?と感じる親御さんもいるかと思いますが、どんなメリットがあるのでしょうか?

まず習い事を増やすことで、新しい世界を知ることが出来き、視野や世界観が広がることや秘めている可能性を引き出せることがあります。

学校では習えない勉強以外のことにいろんなことを吸収することができます。

また、いくつかの習い事をすることによって、今日は○○の日で何時からと自分自信のスケジュール管理を上手できるようになるのです。

子どもにとっては学校と家庭が一番の大きい世界で、また生きている世界も大変狭いです。ですからそこにもうひとつ習い事という世界を作ってあげると、視野も広がりお友達も増えます。学校だけではなかなか学べないことを知ることができ、より様々なことを吸収できるのです。

また複数の習い事をすることにより、秘めていた才能を開花させることもあります。
そうしたことが複数の習い事うをするメリットなのです。

習い事で人気のスイミングは体力作りにも最適

子供の習い事の中で上位ランキングを占めるのはダントツにスイミングとされています。

私自身も子供が小さい頃、体を丈夫にさせたい気持ちからスイミングを習わせていました。
その他にも、学校でのプール学習の際に困らないように習わせたのもキッカケでした。

近年、お子さんとお母さんが一緒に習えるベビースイミングは親子で楽しめる習い事とも言え、小さなうちから遊び感覚で水に親しませ、水に対する恐怖心を取り除いてあげることも大きくなってから困ることがなくおすすめな習い事です。

 - 子育て・教育

ページ
上部へ